子育ての話、子どもはちゃんと説明すれば大人よりわかってくれる

原則、説明はその場でするんですが、実際、夜の疲れてるときにこんな説明すると、聞いてくれないときもあります。 ですから、その場合は、一番聞いてくれそうなときを見計らって説明しています。

記事を読む

無駄遣いしない人になるには、、、

私も自営業になる前と今ではお金に対しての価値感が全く違っています。 サラリーマンをしていたころに、給料が毎月決まった額が振り込まれるのが不思議でした。

記事を読む

奥さんが家計管理すると旦那さんの器は小さくなる

お金を貯めるには、収入を増やすか、支出を減らすしかないんですね。 で、サラリーマンや公務員をしていると、収入を増やす努力があまりできないから、できる努力としては、支出を減らすしかないんですね。

記事を読む

心配や不安を解消したいなら、まずはこれから

「頭では大丈夫だとわかっていても、心配してしまう」感じです。 私の場合、独立したときにある程度のお金を用意はしていたのですが、「まさかこのタイミングで!」というような数十万円単位でお金が飛ぶようなことが重なりまして、半年は大丈夫だろうと思っていたお金が2ヶ月で無くなって、最後はクレジットカードでキャッシングして凌ぐような状態になりましたので、私の心配というのは金銭的なことでした。

記事を読む

子どもでも理性的な態度・行動を取れる

私は上場企業で2社、ベンチャー企業で3社という感じで、37歳までサラリーマンをずーっとやって来まして、また、最初の会社がベンチャー企業に出資して、株式上場の支援をする仕事をしていまして、経営に近い所の仕事をしてきました。 その中で良い想いも、悪い想いもしてきたんですが、私の中で一番イヤだったのが、社長の主観的な判断による「鶴の一声」です。

記事を読む

気付けばブログを書き始めて6年が過ぎました

私の仕事は個人的にはスピリチュアル系でもなんでもないんですが、ブログランキングでスピリチュアルカテゴリに属しているということと、あと、世間のスピリチュアルに興味がない人からすれば、「なんだかよくわからない」ということで、スピリチュアルな仕事をしていると思われることが多いです。 何をもってスピリチュアルかという話もありますが、私はこだわりがありませんので、スピリチュアル系の仕事だと思われても嫌な気分にはなりません。

記事を読む

良い子育てをするために親がすべきこと

先日、子育てに関しての親が書いたとあるアンケートの結果を見せてもらいました。 そこに書いてることは、「子育てをどうすれば良いか?」的な正解探しのような質問ばかりでした。

記事を読む

私は精神力が弱くガラスのハートの持ち主だと言われましたが、あまり関係ないようなぁ、、、

餓鬼型人間、奴隷型人間のことを書くと、そういう方向に自分の意識が向いているからなのか、ホントに疲れます。 ただ、こうやって記事を書くことで、考察しているというか、整理されていきます。

記事を読む

人を陥れたり、騙したり、搾取していても、一部で良いことをすれば、その人は良い人と言えるのか?

そのお客さんはある人と契約を結んで、ビジネスをされてるんですね。 で、その契約内容と実態がひどかったんですね。 完全に相手が暴利を貪るような契約内容で、そして、口で「俺を使え!言ってくれればやるよ」なんて言うけど、何もせず、その契約がある以上はいつまでも収入が増えないんです。

記事を読む

餓鬼型人間を応援する人もいる

餓鬼型人間について、2つ書いたんですが、いろんな人から被害体験の話をいただきまして、ホントに皆さんご苦労なさってるんですね。 私も散々な目に遭いましたからよくわかります。 餓鬼型人間は平気で嘘をついて、困ったふりだったり、態度を改めたようなふりをするのがうまいんですよ。

記事を読む

餓鬼型人間の行動パターン

いじめっ子は餓鬼型人間である可能性が高いですよね。 ただ、いじめられっ子にも餓鬼型人間がいます。 ですので、上記の行動を誰に向けたものかを見るのも大切です。

記事を読む

ここにも餓鬼型人間がいたのかっ!!

餓鬼型人間についてをわかりやすく表現したのが、スターウォーズですね。 餓鬼型人間というのは、「他人を陥れてまで、自分が良い形になろう(自分が生き残ろう)と自ら行動する人」という感じでしょうかね。

記事を読む

自分の状態管理は大切!!基本的な管理は自力でできる方が良い!!

私たちの調子というのは、精神的なものもあれば、肉体的なものもあったり、調子と言っても、いろいろあります。 ですので、私は人の調子、状態というのは、「気力・体力・精神力」という形にわけて捉えるようにしています。

記事を読む

やりたいことを叶えようとするより、目の前の問題を解決した方が良い件

日々、いろんなお客さんが来てくださって、いろんな相談をいただきます。 ただ、その相談というのは、「お悩み」的なものは少なくて、下記のような「目の前の問題をどう解決するか」という話が多いです。

記事を読む

超能力なんていらない!「感覚」と「考え抜く力」の方が役に立つ!

先日の前進ガバイ塾と前進チカット会ということでセミナーを行ったわけですが、その感想をお客さんに聞きましたら、ガバイメンバーの感想というのは「面白かった!」とか「楽しかった!」みたいな感想が多く、チカット会は場の雰囲気や隣の人がどうだったとか、それぞれに感想の特徴があって、面白かったです。 ガバイ塾とチカット会は、RPGゲームで言えば、ガバイ塾は戦士や武闘家タイプ、チカット会は魔法使いや僧侶タイプという感じで、参加してくださる方の特性でわかれてもらってセミナーをやりました。

記事を読む

アドバイスされてるだけなのに「あなたが悪い」と言われてるような気分になってしまう人

例えば、青信号で横断歩道を歩いて渡っていたら、自動車にひかれて交通事故に遭ってしまったとします。 運転手に100%問題がある事故ということです。 この場合、歩行者の人は被害者ですよね。

記事を読む

早起きするにはどうすれば良いか的な話

私はほぼ毎日、12時ころに寝て、4時30分から5時30分頃に起きて、6時ぐらいからブログを書く毎日を送っています。 で、どうやったら早起きできるのかと相談をいただくことがあります。 ですので、早起きについて書いていきます。

記事を読む

自分の意志を決めるコツ

トップラインを決めるには「自分がどうしたいか」という意志が必要なります。 そして、ボトムラインを決めるには、最低限やらなければいけないこと、「~ねばならない」的な視点が必要になります。

記事を読む

日常を強くたくましく生きるために意識すべきこと

で、私たちの実生活で何かをするときにトップラインとボトムラインを決めて、まず最初にボトムラインを確定させることをするような癖付けをすると、スムーズに生きられるようになります。 私たちの実生活での「ボトムラインを決める」というのは弱点、弱みの克服になり、どこまで自分が妥協するのかを考えておくということです。

記事を読む

営業をするときに事前に必ず考えおくべき2つのこと

営業には大きくわけて、「原価のある商品を販売する営業」と「原価のない商品を販売する営業」にわけることができます。 原価というのは、販売する商品の材料費だったり、仕入にかかった費用で、世の中の多くが「原価のある商品を販売する営業」じゃないかと思います。

記事を読む

できる人とできない人の差は何か的な話

この世の中には、仕事だったり、日常的なことで、「できる人」と「できない人」というか、能力というのかわかりませんが、より結果を出せる人と出せない人みたいな感じで、差があります。 で、できない人の視点からできる人を見ると、才能があるように見えて、場合によっては、スーパーマンのように見え、逆に、自分には才能がない気がして、劣ってるかのように感じている人が多いように思います。

記事を読む

天使や高次の存在的な話とヒーリングや浄化的な話をしながら集団「光のデスロード」行脚

内容は思い切りスピリチュアル的な内容ですが、意図としては、「スピリチュアル系のぼったくりビジネスに騙されるなよ」ってことで、カラクリを説明した面も一部ありますが、それよりも感覚を使うというのがどういうことかを知ってもらうために、目に見えないエネルギー(波動)がどういう仕組みで発せられて、それが物質や身体にどう影響を与えるかを体験して理解してもらうための内容でした。

記事を読む

今日は前進ガバイ塾と前進チカット会!!集団で光のデスロードを歩む日です。

今回はお客さん限定のセミナーです。 私がセミナーをやるとき、参加者の方がある程度見えてから、内容を考えています。 ですから、セミナーの募集をするときは、「内容は決まっていませんが、セミナーやります!来たければ来てください」みたいな無茶苦茶な告知をしています。

記事を読む

イヤイヤ始めたほふく前進ガバイ塾も1年が経ちましたが、すげぇ治療を見ることができました。

昨日はほふく前進ガバイ塾でした。 ほふく前進ガバイ塾というのは、整体や針灸の先生に治療時に使う感覚を教えているんですが、感覚アップはもちろんですが、感覚をどう使うのかを教えています。

記事を読む

ガバイセッション・ヒューマンコンサルティングに名称を変更しようかと思案中

次は「個人レッスン」を「ガバイセッション」にして、セッションの中でやることは「前進ガバイ呼吸法のレッスンとヒューマンコンサルティング」ってことにしようかと思っています。 詳しい説明については、これから文章化しようと思うわけですが、この「ヒューマンコンサルティング」という言葉は、私が長年お世話になっているAV界の巨匠である長谷川監督(監督のインタビュー記事)が、ある早朝に突然「大造がやってることはヒューマンコンサルだろ!大造の肩書きはヒューマンコンサルタントだ!」って連絡をくれたんです。

記事を読む

非言語情報をどうやってキャッチしながら会話をするのか

私たちは何かをしゃべるときに、頭に伝えたいことが浮かんでいて、その浮かんでいることを言葉として伝えます。 例えば、おいしいお店を友人に説明するときに、頭の中に、料理に関することだけでなく、お店の雰囲気やお客さんなど、その状況が浮かんでます。

記事を読む

気を感じれるようになることにメリットはあるのか?

「気を感じる」ことについては、気功やスピリチュアルビジネス業者が、自分のビジネスのために自分だけができる特別なことのようにやってみせているから、特別なことのように思っている人がいてややこしくなってますが、実は特別でもなんでもありません。 例えば、会社の上司が出社したときに機嫌が悪そうだと感じ取ったとき、表情や態度とは別に、何らかの雰囲気から感じ取っている時があると思います。

記事を読む

やったことがないことなのに自分のやり方でやろうとするクセ

私はなぜかわかりませんが、基本的にどんなことでも素直に受け入れる方です。 ですから、父親が私たちを育てるときに、水風呂だったことや野球やらされたり、走る練習やらされたことは素直に受け入れてました。

記事を読む

時間の流れ(タイムフロー)を感覚脳でとらえられるかどうか

タイムフローという言葉自体は概念ではあるんですが、それを「時間の流れ」として、感覚でとらえるのが大切なんですよね。 感覚でタイムフローがわかるのが大切なんですよ。

記事を読む

何かを実現したいなら、時間をとらえることは絶対条件

時間と言ってしまうと、時間が「点」のように感じられてしまうので、そうではなく、時間を「流れ」でとらえた方が良いので、「時間の流れ」という意味で、「タイムフロー」という言い方にしていました。 タイムフローについては、これだけで経営コンサルから、コミュニケーションセミナーから、婚活から妊活からなんでもやれると思って、それをまとめるつもりで記事を書いて、セミナーも2~3回開いたんですが、途中で飽きちゃって、それからパッタリ触れない状態でした。

記事を読む