セミナーや講演ビジネスは狩猟民族的なやり方が多い件

D造です。

昨日の記事はたくさん笑っていただけたようで、ありがとうございました。

また、何か振り切ったことを思い付いたら書いていきます。

 

今日の記事は流れができあがっていて、本気なのか冗談なのかよくわからない混沌とした気分になります。
今日の記事は流れができあがっていて、本気なのか冗談なのかよくわからない混沌とした気分になります。
今年も何か始めたいと考えています。 で、今年はもう少しライトなキラキラしてないとついてこれない方というか、物事を突破してガンガンに前進するよりもリラックス好きな方だったりを対象にした、スピリチュアルではなく、もう少し現実的で簡単な手法を用いた何かを身につけて頂くような何かを始めたいと思っています。

 

このブログでは私が日々思うことを書いていってます。

私としては、読者の方にプラスになる情報を発信し、結果として集客に繋がれば良いなぁと思って書いています。

ただ、私の場合、個人レッスンがメインで、たくさんの方を受け入れることができず、現状はキャンセル待ちになっています。

 

私の場合、そう言った状況のため、集客は量より質を重視しています。

お客さんに対して、「質」という言い方は失礼かもしれませんが、説明のために、便宜上「質」でいかせてもらいます。

 

私で言うところの「質」というのは、能力や経験の問題じゃないです。

お客さんの「やる気」です。

「やる気」がある人の方が結果も出しやすいので、お互いがハッピーになりますので、「やる気重視」です。

 

で、できるだけ「やる気」のある人だけが集まるようにするために、サービスを紹介している前進ガバイ呼吸法のサイトはわかりにくく、デザインもおしゃれにはしていません。

 

 

そして、ブログは1記事が大体2000文字ぐらいで、これを読むだけでもそれなりの集中力が要ります。

さらにガバイサイトがわかりにくいので、しっかり読まないといけません。

しかも、レッスンを行うスタジオの雰囲気がわかる写真もないので、怪しいんですよね。

ですので、軽い気持ちだったら申込みしにくいので、しばらくブログを読むなりして、勇気を持って申込みをしないといけないんですね。

今なんて、キャンセル待ちになっていますので、さらに根気のようなものが要ります。

そんな感じで、申込みのハードルを上げて、質を上げるようにしています。

 

また、ちょっと違う視点で言えば、私の場合、長くこの仕事を続けたいので、狩猟民族のように刈り取って、獲物がいなくなったら、次の狩り場に移動するようなことはしたくないと思っています。

できれば、農耕民族のように長くやって、育てるようなことをして、実ったら刈り取りして、また種をまいていくみたいな感じが良いんですね。

 

 

目の前で天ぷらを揚げてくれる、アツアツ天ぷらをいただきました。おいしかったです!!

 

ビジネスとしては、いろんなスタンスと手法があっても良いと思うのですが、いわゆる集客マーケティングというのは、申込みのハードルを下げて、申込みがしやすい状況を作るのがやり方だったりします。

ですので、私はその逆をしていますので、以前、とあるマーケティングコンサルを受けたときは、めちゃくちゃダメ出しされました。

 

いわゆるセミナービジネスというのは、一見さんを相手にしたような「狩り取ったら終わり」みたいなアングロサクソン的な狩猟民族スタイルの商売の仕方が多いです。

スピリチュアル系や自己啓発系で言えば、伝授だったり、短期間で身につける簡単な方法を教えるような方法を取っていることが多いですよね。

商売上は売り切りにして、短期間で終わる方法の方が集客しやすいし、同じ内容のことを繰り返しやっていけば良いだけなんで、都合が良いんですよね。

 

こう言ったやり方を否定するつもりはないんですが、ただ、私も散々そんなセミナーやセッションを受けてきましたが、ホントの意味で身につけて、日常で活用できるようになるには時間がかかると思っています。

前進ガバイ呼吸法もただやるだけなら、下記に書いてることを見よう見まねで充分だと思うのですが、いろいろ身体の感覚を上げたり、気力を上げて、状態を安定させるなら、それなりの期間が必要なんですよね。

それなのに売り切り伝授系のセミナーだったり、講演会の場合、多くのお客さんが教わったことを身につけないままになってしまって、結果としてあちこちのセミナーを受けて、セミナージプシーになってしまうんですよね。

 

 

単発や短期間のセミナーやレッスンで本当に身につくなら良いのですが、身につかないのでしたら、お客さんにとっては良いやり方ではありません。

逆に単発や短期間で身につくということは大したことが無いということですよね。

ですから、市場が壊れないように、サービスを提供する供給者側としては、他の供給州側の人たち対して、もう少しまともなことをしてもらいたいと思います。

ですが、ご本人達はまともなことをしていると思ってらっしゃるんでしょうから、私の方から「おい!良い加減なことするなよ!」なんて言ってても話になりません。

ですので、世の中の人の見る目を養っていってもらうしかないのかなぁと思います。

 

そんなわけですから、私のブログ含めて、しっかり見極めてくださいね!!

 

ということで、ポチポチっとお願いします。