いろいろ

ほふく前進ガバイ塾の紹介ページを作ってみました。

さてさて、今まで作っていなかった「ほふく前進ガバイ塾」のページを作ってみました。 ほふく前進ガバイ塾は整体やマッサージの先生向けの塾ですが、新規募集もしてみたいと思っていまして、5月18日(金)の午後にプレセミナー的なものをやってみようかと思っています。
エネルギーライン(軸)

感じ取る力がなかったり、エネルギーラインが使えないと、日常でどういう感じで困るのか説明してみた件

自分で状態を立て直すにも、自分で考えて判断するにも、感じ取る力と判断の基準が必要になります。 感じ取る力というのは感覚の向上が必要で、判断の基準を作るためにはエネルギーライン(軸)が必要になります。
このブログについて

思考脳、感覚脳、餓鬼型人間、奴隷型人間などの話は私のオリジナルではありません

脳科学に基づいてはいませんが、脳のこの部分は思考脳で、この部分は感覚脳みたいな定義はあります。 でも、そのことはブログには書いていません。
脳の使い方

【お客さんからの質問】思考脳、感覚脳、パワー脳の話は脳科学に基づいてるの?

思考脳、感覚脳、パワー脳は脳科学をもとにした話ではありません!! 科学で研究されている論文やデータなどをもとにした話じゃないです。 ですが、教えていることの再現性は確認しています。
エネルギーライン(軸)

感覚脳、エネルギーライン(軸)を使って動作をするというのはどういう感じかという話

この動画で発勁まがいをやっている人は、整体などの治療の先生たち向けにやっている「ほふく前進ガバイ塾」のお客さんです。 で、この動画の一番の特徴は「お客さんがやっている」ってところですね。
ノイズ・エゴ・歪み

多くの人が「読む」、「聞く」、「話す」でも歪む件

私たちが動作をするときに脳のどの部分を使って動作をするかで、同じ動作でも波動の出方が変わります。 思考脳で動作をするとノイズが生じます。 そして、多くの動作が思考脳を使って動作をすることを身につけてしまっています。
ノイズ・エゴ・歪み

思考脳はわかりたがる!!

何かをしたとき得られる「できた」という実感は、自分がしたことに対しての「できた」という解釈です。 そして、その解釈行為は思考脳の働きです。
ノイズ・エゴ・歪み

空腹感も観念から起こり、そして、「○○を食べたい!!」って気持ちも観念から起こる

例えば、多くの人がお昼12時近くになると空腹感が出て、何か食べたくなると思います。 これでさえも実は観念で、空腹感が起こっている錯覚している場合がほとんどです。 40才越えてくると、朝ご飯を食べると12時ぐらいにはお腹は減らないです。
エネルギーライン(軸)

合気風??チョップとキックで身体調整してみた件

いろいろ撮影したのですが、今日、ご紹介する動画はエネルギーライン(軸)を使って、身体調整をする動画です。 身体調整は、「病んでいるところに作用させれば治療」という言い方になりますし、「筋肉が硬くなっているところに作用させれば、マッサージとかストレッチ」という言い方になります。
このブログについて

時々「弟子をとらないのか?」と質問をいただくので答えてみた

私は弟子はとらないです。 それはなぜかというと、「師匠」になりたくないからです。 師匠や先生扱いされるのが鬱陶しいです。
引き寄せの法則/願望実現

引き寄せの法則は量子力学などの科学によって証明されたの??

で、「量子力学によって引き寄せの法則が証明された」とか、「量子力学によってスピリチュアル系が証明されつつある」的なニュアンスで言っている人がいます。 ですので、以前、小森大先生に問合せをしてみたのですが、下記のような結果でした。
いろいろ

ワンネスとか、サムシングレートとか、全ては愛とか、そこらへんの話に関して、、、

「私たちがこの世に誕生する前は、1つの存在だった」かどうかに関しては、そうなのかもしれませんが、確認のしようがないので、よくわかりません。 そういうことを語る人に、なぜそう言い切れるのかを質問したら、「そういうものとしか言いようがない」とか、「体験したらわかる」とか、そんな返事が返ってきました。
エネルギーライン(軸)

エネルギーライン(軸)は姿勢や筋力は関係ないです

よくスポーツでは、「軸が大切だ」なんて言われたりして、そのときに姿勢や筋力によって軸が形成されるかのように言われます。 もし軸が姿勢によるものだったら、アイススケートの選手はあり得ない態勢で踊るわけですから、動作の中で軸を崩すことになります。
大先生

季節は春ですが、気分は秋です。

ここ最近、大先生にご指導いただけなくなり、物足りない日々を送っております。 最後にご指導くださったのは、大和 勇一郎大先生でしょうか。
不安・畏れ解消

「わかりません」のすすめ

学生のころ授業でテストを何度も受けたと思います。 また、その後、進学のための受験や何かの資格試験なども受け、それらの試験は大体80点ぐらい取れば良い成績として扱ってもらえたと思います。
いろいろ

スケジュール管理、タスク管理、メモなどをどうやって管理しているか説明してみた件

私は一人で仕事をしていまして、そのためiPhoneが仕事をする上で必需品となっています。 スケジュール管理などどうやっているのかをよく聞かれるので、今日はそのことを書きます。
いろいろ

できないことができるようになるには特別な才能も特別な練習もいらない。いるのは普通の練習。

「経験した」というのも、そう言ってしまえば「運が良かったか」のような響きがあるように思うのですが、私の実感としては「運が悪かった」という感じで、通常の努力ではなく、圧倒的な努力をしなきゃいけない状況に立ってしまい、「運良く」乗り越えられたと思っています。 今思えば、もっと逃げても良かったんじゃないかと思うのですが、私の場合、「逃げる」という発想が思い浮かばず、全部、正面から乗り切ってきました。
不安・畏れ解消

意識?エネルギー?の重心が高すぎると集中力が下がり、感情のコントロールも難しくなる件

身体の重心については世間でもいろいろ言われていますが、姿勢とか構えみたいな「形」の話が多いですね。 あとスピリチュアル系だったりヨガでは、グラウンディングなどという言い方をしていますよね。
気について

気、エネルギー、波動など目に見えないものを感じるのは誰でもできる件

例えば、誰かがイライラすれば、なんとなくイライラ感を雰囲気で感じたりしますし、試験会場などでしたら、「ピリピリした空気」なんて言い方をしますが、それも空気感としてとらえているということです。 そんな感じで、目には見えませんが何らかの情報を身体で受信して、身体が五感で認識できる情報に変換して、私たちは認識しています。
いろいろ

真剣にやればやるほど「できる」ことはわからず「できない」ことがわかる

ですので、「できるかどうか不安だ」、「できる自信が無い」と不安になっている人がいますが、そういう人は検証、考察をしていくクセがないんですよね。 逆に、「俺はできる!」、「俺は特別だ!」なんて言ってる人も検証、考察しない人が言います。