早起きするにはどうすれば良いか的な話

私はほぼ毎日、12時ころに寝て、4時30分から5時30分頃に起きて、6時ぐらいからブログを書く毎日を送っています。 で、どうやったら早起きできるのかと相談をいただくことがあります。 ですので、早起きについて書いていきます。

記事を読む

自分の意志を決めるコツ

トップラインを決めるには「自分がどうしたいか」という意志が必要なります。 そして、ボトムラインを決めるには、最低限やらなければいけないこと、「~ねばならない」的な視点が必要になります。

記事を読む

日常を強くたくましく生きるために意識すべきこと

で、私たちの実生活で何かをするときにトップラインとボトムラインを決めて、まず最初にボトムラインを確定させることをするような癖付けをすると、スムーズに生きられるようになります。 私たちの実生活での「ボトムラインを決める」というのは弱点、弱みの克服になり、どこまで自分が妥協するのかを考えておくということです。

記事を読む

営業をするときに事前に必ず考えおくべき2つのこと

営業には大きくわけて、「原価のある商品を販売する営業」と「原価のない商品を販売する営業」にわけることができます。 原価というのは、販売する商品の材料費だったり、仕入にかかった費用で、世の中の多くが「原価のある商品を販売する営業」じゃないかと思います。

記事を読む

できる人とできない人の差は何か的な話

この世の中には、仕事だったり、日常的なことで、「できる人」と「できない人」というか、能力というのかわかりませんが、より結果を出せる人と出せない人みたいな感じで、差があります。 で、できない人の視点からできる人を見ると、才能があるように見えて、場合によっては、スーパーマンのように見え、逆に、自分には才能がない気がして、劣ってるかのように感じている人が多いように思います。

記事を読む

天使や高次の存在的な話とヒーリングや浄化的な話をしながら集団「光のデスロード」行脚

内容は思い切りスピリチュアル的な内容ですが、意図としては、「スピリチュアル系のぼったくりビジネスに騙されるなよ」ってことで、カラクリを説明した面も一部ありますが、それよりも感覚を使うというのがどういうことかを知ってもらうために、目に見えないエネルギー(波動)がどういう仕組みで発せられて、それが物質や身体にどう影響を与えるかを体験して理解してもらうための内容でした。

記事を読む

今日は前進ガバイ塾と前進チカット会!!集団で光のデスロードを歩む日です。

今回はお客さん限定のセミナーです。 私がセミナーをやるとき、参加者の方がある程度見えてから、内容を考えています。 ですから、セミナーの募集をするときは、「内容は決まっていませんが、セミナーやります!来たければ来てください」みたいな無茶苦茶な告知をしています。

記事を読む

イヤイヤ始めたほふく前進ガバイ塾も1年が経ちましたが、すげぇ治療を見ることができました。

昨日はほふく前進ガバイ塾でした。 ほふく前進ガバイ塾というのは、整体や針灸の先生に治療時に使う感覚を教えているんですが、感覚アップはもちろんですが、感覚をどう使うのかを教えています。

記事を読む

ガバイセッション・ヒューマンコンサルティングに名称を変更しようかと思案中

次は「個人レッスン」を「ガバイセッション」にして、セッションの中でやることは「前進ガバイ呼吸法のレッスンとヒューマンコンサルティング」ってことにしようかと思っています。 詳しい説明については、これから文章化しようと思うわけですが、この「ヒューマンコンサルティング」という言葉は、私が長年お世話になっているAV界の巨匠である長谷川監督(監督のインタビュー記事)が、ある早朝に突然「大造がやってることはヒューマンコンサルだろ!大造の肩書きはヒューマンコンサルタントだ!」って連絡をくれたんです。

記事を読む

非言語情報をどうやってキャッチしながら会話をするのか

私たちは何かをしゃべるときに、頭に伝えたいことが浮かんでいて、その浮かんでいることを言葉として伝えます。 例えば、おいしいお店を友人に説明するときに、頭の中に、料理に関することだけでなく、お店の雰囲気やお客さんなど、その状況が浮かんでます。

記事を読む

気を感じれるようになることにメリットはあるのか?

「気を感じる」ことについては、気功やスピリチュアルビジネス業者が、自分のビジネスのために自分だけができる特別なことのようにやってみせているから、特別なことのように思っている人がいてややこしくなってますが、実は特別でもなんでもありません。 例えば、会社の上司が出社したときに機嫌が悪そうだと感じ取ったとき、表情や態度とは別に、何らかの雰囲気から感じ取っている時があると思います。

記事を読む

やったことがないことなのに自分のやり方でやろうとするクセ

私はなぜかわかりませんが、基本的にどんなことでも素直に受け入れる方です。 ですから、父親が私たちを育てるときに、水風呂だったことや野球やらされたり、走る練習やらされたことは素直に受け入れてました。

記事を読む

時間の流れ(タイムフロー)を感覚脳でとらえられるかどうか

タイムフローという言葉自体は概念ではあるんですが、それを「時間の流れ」として、感覚でとらえるのが大切なんですよね。 感覚でタイムフローがわかるのが大切なんですよ。

記事を読む

何かを実現したいなら、時間をとらえることは絶対条件

時間と言ってしまうと、時間が「点」のように感じられてしまうので、そうではなく、時間を「流れ」でとらえた方が良いので、「時間の流れ」という意味で、「タイムフロー」という言い方にしていました。 タイムフローについては、これだけで経営コンサルから、コミュニケーションセミナーから、婚活から妊活からなんでもやれると思って、それをまとめるつもりで記事を書いて、セミナーも2~3回開いたんですが、途中で飽きちゃって、それからパッタリ触れない状態でした。

記事を読む

不安や心配を解消するコツ「時間をとらえる」

「時間」を捉えるようにすることで、私たちの物事の捉え方は変わります。 不安を感じたり、心配したり、怖くなったときは、この「時間を捉える」ということをするのが大切です。

記事を読む

【佐賀の写真有】佐賀から帰ってきました。今日から働きます。

今回、弟の結婚式のために佐賀県の有田焼きで有名な有田の実家に帰りました。 私の実家にはインターネット回線が引かれておらず、また、山間だからかわかりませんが、SoftBankの電波状況が悪くて、高速の4G電波ではなく、低速の3G電波しか通じないので、インターネットへアクセスしにくい上に、天気が悪かったからか、ネットサーフィンはもちろんですが、LINEなども遅延が見られるなど不便でした。

記事を読む

皮膚感覚だったり、目に見えないものを感じる感度アップのための練習法的な話

この空間の中には電波だとか、人が発するエネルギーだったり、さまざまなエネルギーで埋め尽くされてます。 それを感じ取って、感じ取ったものを視覚で認識する人は「見える」と言い、聴覚で認識する人は「聞こえる」と言います。

記事を読む

気が滅入るって何か的な話

気力、体力、精神力というのは、相互に作用しあっています。 体調を崩したり(体力の低下)、失敗をして精神的なダメージを受ける(精神力の低下)と、やる気が出なくなったり(気力の低下)します。

記事を読む

自律神経(交感神経、副交感神経)が乱れてると思う人は呼吸の仕方を変えてみてください

私たちは寝てる間もずーっと私たちの意識とは関係なく、呼吸をして、心臓が動いて、消化してってことが身体で行われてます。 この自動で行われる身体の機能コントロールは神経系で行われ、それを自律神経と言います。

記事を読む

マインドセットや思い込みを変えると金持ちになるのか?

自己啓発やスピリチュアル関係で金運アップだとか、年収アップのセミナーがあって、そこでは大体が、マインドセット、つまり観念、思い込み中にお金を制限するような思い込みがあるのが原因でお金がないんだということで、そのマインドセットを変えるセミナーが行われたりしています。 私も以前、そういったセミナーに参加したことがありまして、私のマインドセットには3億円の年収がセットされてると判定を受けたことがあります。

記事を読む

苦手意識はどうやって克服するかという話

多くの人が苦手な人、嫌いなことなど、何かしらの苦手意識を持っているんじゃ無いかと思います。 そして、その苦手意識を抱く人と会社で打合せがあったりすると、打合せの前から「やだなー、やだなー」って考えてると思います。

記事を読む

「自分ができてるかどうかを実感したい」ってどういうことか的な話

「どうやったらできるんですか?」、「どうやったら良いかわからないんです」って質問をよくもらいます。 この質問を「ゾンビ型質問」とか、「正解探し」と言ってます。

記事を読む

心身の歪みとは何か的な話

歪んだ感じというのはどういう感じかというと、ホントにいろいろあります。 例えば、女性であれば、「あなた、おばさんだね」とか「あなたの顔は変だよ」なんて言われると、イラッとしたり、悲しくなったり、不快感があると思います。

記事を読む

私たちは常に判断して生活しているけど何を基準に判断するべきか

私たちは目の前で事が起こると「良い・悪い」、「好き・嫌い」、「善・悪」、「やりたい・やりたくない」などと判断をしています。 で、それらは何を基準に判断しているか考えたことがありますか?

記事を読む

なぜ搾取されるのか、そして、どうやったら搾取されずに済むのか

昨日の記事では組織のトップになる人は餓鬼型人間で、搾取が平気な人たちであるかのようなことを書きました。 言っておきたいこととしては、組織のトップに立つような人は餓鬼型人間であることが多いということであり、全てがそういう人たちということではありません。

記事を読む

この社会は搾取型社会だから、平気で搾取できる人が儲かるようになっている

この世の中は停滞した社会となっています。 停滞しているということは循環していないということですが、停滞するということは一部に偏りがあるということです。

記事を読む

感覚が上がってくると最初のうちは精神的なショックを受けてしまうことが多い

感覚脳を使えるようになって、感覚が上がるといろいろと感じるようになります。 「感じる」というのは良いも悪いも感じるんですが、この東京で言えば、良いところはほとんどないので、悪い物ばかり感じて結構疲れます。

記事を読む

観念、精神的な反作用の話「仕事がたいへんだとなぜ思ってしまうのか」

例えば、上司に仕事を頼まれたときに「たいへんだ」と思って引き受け、「たいへんだ」と思って仕事をしたとします。 そうなると、上司の命令という精神的な作用に対して、「たいへんだ」という精神的な反作用が起こって、その反作用を起こしたまま仕事をするということになります。

記事を読む

状況を変えたいけどどうやったら良いかわからない場合の足がかりの見つけ方

私は何かやろうにもどうしたら良いかわからない場合は、いろんな人のやり方を見て、自分がやってみたいと思える形を探すことにしています。 「私が世界初です!」なんて言う人がいますが、世界初だと思っても、誰かが同じようなことをどこかで考えてるんで、探せば、必ず参考となる人や物事が必ずありますよ。

記事を読む

状況を変えたいけどどうやったら良いかわからない場合は何をすれば良いか

私は大学生のときにこんな紆余曲折ある人生を歩むとは思ってもいませんでしたし、転職するときも直前までその会社に転職するなんて思ってもいませんでした。 そんな感じですから、私は自分の1年後も想像もしない形になっているんだろうと思っていますので、1年後に自分がどうなっているかなんて考えてもいません。

記事を読む