家族、会社、仲間などの組織が改善するには、まずはリーダー、大黒柱のパワーアップから!

D造です。 ドラクエ11は最後の最後のところで飽きてしまいまして、中断しています。 今はコミックのカイジを読んでます。 ...

記事を読む

現場に出ない社長を穴熊社長という。そして、穴熊社長は意外と多い。

社長というのは、その企業のエネルギーを感じ取って、適性に判断することが大切なわけですが、そのエネルギーを感じ取る力というのは、感覚脳を使うという意味での能力的な部分と「現場に触れる」ということで養われる部分があります。 だから、現場に触れない社長というのは、ドンドン感覚を失っていきます。

記事を読む

経営をするにも感覚脳が必要!!企業に流れるエネルギー量を増やして、スムーズに循環させることが経営

結局、企業経営では経営資源と呼ばれる「人・物・金」が循環している状態なわけです。 で、「人・物・金」の循環は、企業のエネルギーの循環なわけで、それを感覚的に捉えられるかどうかポイントになるんですよね。

記事を読む

親が子どもの経験を奪って、ゾンビ型人間化させる

思ったのは、事情はいろいろあると思うのですが、帰った親子を見て、親が判断するのではなく、まず子どもに遊ばせてみて、子どもに判断させれば良いのにと思いました。 親がダメだと判断するのは、親の観念として、「体が冷えると風邪をひく」という観念があるからじゃないかと思うのですが、実際、寒いだけでは風邪引かないですし、正しい判断とは言い切れないんですよね。

記事を読む

エゴが低い状態になるとエゴが高い情報に違和感を感じるようになる件

エゴが低い状態になると、エゴが高い情報には違和感を感じるようになります。 ですので、私のお客さんはスピリチュアル系ブログで書かれてるような、「いまここ」だとか、悟り体験の話だとか、「ありのままだよ」とか、「全ては愛だよ」などのスピ系キラキラ情報に違和感を感じ取って、デタラメだというのが感覚でわかるようになってる人が多いです。

記事を読む

デタラメ三昧!!量子力学の引き寄せの法則とか、出版とか、株式市場とか、、、

「儲かれば何だって良い」という状況は、スピリチュアル系や自己啓発系だけの話ではなくて、もっと大きな規模で、あちこちで起こっています。 つい最近も9月に株式上場予定の企業がいろいろとエグいようで、上場前に炎上しちゃってますし、これなんて株式市場の話です。

記事を読む

エゴが高い状態とは何か【餓鬼型人間の体験レポートの続き】

例えば、「寒い」状態になると、「服を着る」というのが一般的反応かと思います。 また、お腹が減ったら、「食べる」ということをしますね。 この「寒いと服を着る」とか「空腹になったら食べる」というのは、実はエゴです。

記事を読む

体験レポート「餓鬼型人間になってみた」

餓鬼型人間になると自分にどんな影響があるのか自分でもわかっていませんでした。 今思えば、かなりリスクの高い実験だと思いました。

記事を読む

アディデス瞑想のサイキョウのマントラの醍醐味について

D造です。 金曜日のほふく前進ガバイ塾で試験的に餓鬼化してみたら、ダメージがたいへんでした。 呼吸法しつつ、仲間にも手伝ってもら...

記事を読む

場という下駄を履かされて実力以上の結果を出すこともある

「場」というのは、「ムード」みたいなもので、建物や土地のエネルギー的なものもそうですが、その場にいる人が発するエネルギーによって、形成されるものです。 で、私たちはその場の影響を受けているんですね。

記事を読む

自分で考えて行動できるようになるまでのプロセス

スピリチュアル系だったり、自己啓発系だったり、そういう本やブログなどの情報では、執筆者が常に不安や心配がない状態であって、その上で「ありのままで良いんだ」とか、「全ては愛だ」とか、「あなたらしく」とかもっともらしいことが書かれてたりします。 でも、こういう情報は作られた表面的なものです。

記事を読む

順調なときは変化を加えると失敗しやすい。変化を加えるときは不調なときが良い。

私は個人レッスンの中でお客さんの状態を見て、必要なことがあればアドバイスをするわけですが、この状態を見るというのは、ある種の職人技というか、感覚を使ってやっているので、ちょっとしたきっかけで精度が落ちたりします。 ですから、その精度を下げないように、かなりいろんなことに気をつけています。

記事を読む

言葉によって他人を縛り付け、ひどいときには洗脳し、そして、言葉を使ってはぐらかす

私たちは思い込みに縛られています。 「道徳に反することはしてはならない」とか、「批判してはならない」とか、「無責任はダメだ」とか、そんなのが思い込みに、とにかくがんじがらめなんですね。

記事を読む

自分で感じて、自分で考えて、自分で判断して行動できる

昨日は感覚を使う練習を最初にしました。 「感覚を使う」、「感じる」というのがどういうことかがわかるワークをしました。 体の場所によって、エネルギー(気)の質が違うことまで皆さんは実感してくださったようです。

記事を読む

子育ての話、子どもはちゃんと説明すれば大人よりわかってくれる

原則、説明はその場でするんですが、実際、夜の疲れてるときにこんな説明すると、聞いてくれないときもあります。 ですから、その場合は、一番聞いてくれそうなときを見計らって説明しています。

記事を読む

無駄遣いしない人になるには、、、

私も自営業になる前と今ではお金に対しての価値感が全く違っています。 サラリーマンをしていたころに、給料が毎月決まった額が振り込まれるのが不思議でした。

記事を読む

奥さんが家計管理すると旦那さんの器は小さくなる

お金を貯めるには、収入を増やすか、支出を減らすしかないんですね。 で、サラリーマンや公務員をしていると、収入を増やす努力があまりできないから、できる努力としては、支出を減らすしかないんですね。

記事を読む

心配や不安を解消したいなら、まずはこれから

「頭では大丈夫だとわかっていても、心配してしまう」感じです。 私の場合、独立したときにある程度のお金を用意はしていたのですが、「まさかこのタイミングで!」というような数十万円単位でお金が飛ぶようなことが重なりまして、半年は大丈夫だろうと思っていたお金が2ヶ月で無くなって、最後はクレジットカードでキャッシングして凌ぐような状態になりましたので、私の心配というのは金銭的なことでした。

記事を読む

子どもでも理性的な態度・行動を取れる

私は上場企業で2社、ベンチャー企業で3社という感じで、37歳までサラリーマンをずーっとやって来まして、また、最初の会社がベンチャー企業に出資して、株式上場の支援をする仕事をしていまして、経営に近い所の仕事をしてきました。 その中で良い想いも、悪い想いもしてきたんですが、私の中で一番イヤだったのが、社長の主観的な判断による「鶴の一声」です。

記事を読む

気付けばブログを書き始めて6年が過ぎました

私の仕事は個人的にはスピリチュアル系でもなんでもないんですが、ブログランキングでスピリチュアルカテゴリに属しているということと、あと、世間のスピリチュアルに興味がない人からすれば、「なんだかよくわからない」ということで、スピリチュアルな仕事をしていると思われることが多いです。 何をもってスピリチュアルかという話もありますが、私はこだわりがありませんので、スピリチュアル系の仕事だと思われても嫌な気分にはなりません。

記事を読む

良い子育てをするために親がすべきこと

先日、子育てに関しての親が書いたとあるアンケートの結果を見せてもらいました。 そこに書いてることは、「子育てをどうすれば良いか?」的な正解探しのような質問ばかりでした。

記事を読む

私は精神力が弱くガラスのハートの持ち主だと言われましたが、あまり関係ないようなぁ、、、

餓鬼型人間、奴隷型人間のことを書くと、そういう方向に自分の意識が向いているからなのか、ホントに疲れます。 ただ、こうやって記事を書くことで、考察しているというか、整理されていきます。

記事を読む

人を陥れたり、騙したり、搾取していても、一部で良いことをすれば、その人は良い人と言えるのか?

そのお客さんはある人と契約を結んで、ビジネスをされてるんですね。 で、その契約内容と実態がひどかったんですね。 完全に相手が暴利を貪るような契約内容で、そして、口で「俺を使え!言ってくれればやるよ」なんて言うけど、何もせず、その契約がある以上はいつまでも収入が増えないんです。

記事を読む

餓鬼型人間を応援する人もいる

餓鬼型人間について、2つ書いたんですが、いろんな人から被害体験の話をいただきまして、ホントに皆さんご苦労なさってるんですね。 私も散々な目に遭いましたからよくわかります。 餓鬼型人間は平気で嘘をついて、困ったふりだったり、態度を改めたようなふりをするのがうまいんですよ。

記事を読む

餓鬼型人間の行動パターン

いじめっ子は餓鬼型人間である可能性が高いですよね。 ただ、いじめられっ子にも餓鬼型人間がいます。 ですので、上記の行動を誰に向けたものかを見るのも大切です。

記事を読む

ここにも餓鬼型人間がいたのかっ!!

餓鬼型人間についてをわかりやすく表現したのが、スターウォーズですね。 餓鬼型人間というのは、「他人を陥れてまで、自分が良い形になろう(自分が生き残ろう)と自ら行動する人」という感じでしょうかね。

記事を読む

自分の状態管理は大切!!基本的な管理は自力でできる方が良い!!

私たちの調子というのは、精神的なものもあれば、肉体的なものもあったり、調子と言っても、いろいろあります。 ですので、私は人の調子、状態というのは、「気力・体力・精神力」という形にわけて捉えるようにしています。

記事を読む

やりたいことを叶えようとするより、目の前の問題を解決した方が良い件

日々、いろんなお客さんが来てくださって、いろんな相談をいただきます。 ただ、その相談というのは、「お悩み」的なものは少なくて、下記のような「目の前の問題をどう解決するか」という話が多いです。

記事を読む

超能力なんていらない!「感覚」と「考え抜く力」の方が役に立つ!

先日の前進ガバイ塾と前進チカット会ということでセミナーを行ったわけですが、その感想をお客さんに聞きましたら、ガバイメンバーの感想というのは「面白かった!」とか「楽しかった!」みたいな感想が多く、チカット会は場の雰囲気や隣の人がどうだったとか、それぞれに感想の特徴があって、面白かったです。 ガバイ塾とチカット会は、RPGゲームで言えば、ガバイ塾は戦士や武闘家タイプ、チカット会は魔法使いや僧侶タイプという感じで、参加してくださる方の特性でわかれてもらってセミナーをやりました。

記事を読む

アドバイスされてるだけなのに「あなたが悪い」と言われてるような気分になってしまう人

例えば、青信号で横断歩道を歩いて渡っていたら、自動車にひかれて交通事故に遭ってしまったとします。 運転手に100%問題がある事故ということです。 この場合、歩行者の人は被害者ですよね。

記事を読む