2018-05

ノイズ・エゴ・歪み

働き過ぎて体調を崩すのはなぜかを考えてみた

私はほぼ毎日、朝6時に出勤して、職場を出るのが22時過ぎです。 ですので、16時間労働となります。 で、私は週休1日ですので、残業時間で考えると月間200時間になるんじゃないかと思います。
ノイズ・エゴ・歪み

人間関係のトラブルは大概が○○が原因って話

「失敗したくない」、「失敗するのはダメなことだ」という観念を持っていたり、また被害者意識が強い人は、無意識に人のせいにするクセがあって、「私は悪くない」という態度を取って、人のせいにしようとします。 2人しかいない状況の中で、「私は悪くない」と考えるというこことは、「あなたが悪い」と考えているようなものです。
不安・畏れ解消

「自信が無い」という人は○○をすれば大丈夫という話

私は自信満々で何でもやっているように見られるのですが、自信を持って何かをやることはありません。 例えば、前進ガバイ塾とか、ほふく前進ガバイ塾とか、今まで何度もやってきていますが、毎回、「今回はうまくいかないんじゃないか」、「大丈夫かなぁ」と思って挑んでいます。 「オレは大丈夫!」、「絶対にうまくいく!」なんて、確信や自信はありません。
ノイズ・エゴ・歪み

「お金を大切にする」について考える

以前、お金を切手を集めるようにアルバムに収めて、コレクションしている人を見たことがあります。 やぶれていたり、お金に文字が書かれていたり、そういうのをアルバムに収めてらっしゃいました。 その人は「お金のシワや汚れを見ていると、いろんな人の人生に触れているようで楽しい」と言っていました。
ノイズ・エゴ・歪み

日常で感覚を使った生活に切り替える作業というのはこういう感じって話

まず感覚が使えない人は日常の全ての動作が雑で、歪み波動を出しながら動作しています。 ガバイセッションの中でもときどき動作の歪みチェックをするんですが、ほぼ全ての人が立ったり座ったりなどの単純動作でも歪んでいますし、「あいうえお」の発声でも歪んでいます。
エネルギーライン(軸)

どんな能力も日常で使えなければ、能力がないのと一緒

ガバイセッション、前進ガバイ塾、ほふく前進ガバイ塾などでは、「ただ押す」の練習をよくやります。 「ただ押す」の練習は、ほふく前進ガバイ塾の場合は治療施術に直接、役に立つのですが、一般の方々が直接役に立つことはほとんどありません。
このブログについて

ブログデザインを変更しました。

ブログのトップの写真は、映画ラストサムライのロケ地になった長崎県佐世保市にある石岳展望台からの景色です。 ラストサムライで島々を眺めるようなシーンがあるのですが、それと同じ場所で撮影したものです。 その写真が壮大だったので、ちょうど良いかと思って使いました。
このブログについて

ずっと気付かなかった、、、まさかのキャッチコピー

ブログのタイトルである「人生は壮大な人体実験だと思う件」のところに、このブログのキャッチコピーが入っています。 このキャッチコピーを下記に変えました。
ノイズ・エゴ・歪み

「身体に溜まったノイズの抜き方」的な話

私たちは日常を過ごしているだけでいろんな影響を受けています。 受けている影響には良い影響も悪い影響もあるのですが、悪い影響を「ノイズ」という言い方をしています。
ノイズ・エゴ・歪み

「空間、環境の整え方」的な話

例えば、何かの勉強をしようとする場合、騒がしいところと静かなところでは集中のしやすさが違います。 また、落ちついた雰囲気のお店と忙しいお店では、料理の味の感じ方も変わってきます。
脳の使い方

感覚が使えるとどんなことでも習得スピードが格段に上がる件

感覚がある人というのは、会話が伝わりやすいです。 感覚があると言語以外にも非言語情報が伝わります。 非言語情報というのは、波動なわけですが、一般的な言い方ではニュアンスとか、行間のことですね。
いろいろ

感覚を使えるようになったら、自分で自分を整えられるようになるのか?

「感覚を使えるようになったら、自分で自分を整えられるようにならないのか?」とご質問をいただきました。 体験会では回答したのですが、ブログにも書きたいと思います。
脳の使い方

感覚脳が使える人かどうかは持ち物を見てもわかる件

ガバイセッションを受けていただく部屋というか、私の職場というか、そこはキレイにしています。 私の場合、毎日掃除しているわけではなく、気になったときに掃除しています。 ですので、1日に数回掃除することもあれば、週に1回のときもあります。
ノイズ・エゴ・歪み

「ただ押す」の先の「そうなるように押す」について

例えば、自動車を運転するときや自転車に乗るとき、ハンドルを動かしたり、アクセルを踏んだり、ペダルを漕いだりします。 そのときの動作というのは、深く考えず、無意識に近い形で、思うように走るようにアクセルを踏んだり、ハンドルを動かしたりしますよね。 そういうときの動作が「ただ押す」だったり、「ただ動かす」です。
ノイズ・エゴ・歪み

病気、不調で思考停止しないために日頃心がけた方が良いこと

病気や不調には病名が付いていることが多いです。 風邪、インフルエンザ、四十肩、ぎっくり腰などなど、、、。 病名を付けることで、固定化されるというか、「あなたはインフルエンザです」と言われると、「私はインフルエンザです」となって、他の可能性を考えなくなります。
ほふく前進ガバイ塾

病気や不調の症状を治す場合と根本から治す場合と、、、

ガバイセッションを受けるお客さん限定でやっていることなんですが、病院や整体などの治療院に行っても治らなくて困っていたり、またぎっくり腰などで緊急の場合は、ガバイセッションの中で施術しています。 大概の場合、大したことないことが多いので、すぐに症状は治まります。
不安・畏れ解消

うまくいくよりも失敗した方が経験になる件

新しいことをやってみると大小いろいろですが、大概のことでトラブルがあるものなんですよね。 ですので、よく知っている人には「そんないっぺんにやらなくて良いじゃないか」とか、問題が解決していないのに、新しい問題を起こすようなことをしなくても良いじゃないか」って言われます。
ほふく前進ガバイ塾

マニュアル施術と感覚施術、、、

「ただ押す」ができないということは、「感覚脳を使った押し方」ができない、つまり「思考脳を使った治療施術」しかできないということです。 となると、「マニュアル的な施術しかできない」ということになります。
経営

行動の選択だったり、運営方針だったり、経営的な判断はこうやっています的な話

キーワードに私のエゴが混ざっていたりするので、キーワードを変えて済むなら変えて、そうじゃない場合は、自分が考えていることにズレがあるのかもしれないので、その場合は改めて頭の中を整理しなおしたりします。 そういうのをずーっと繰り返していきます。
ノイズ・エゴ・歪み

疲れるのはホントに良くないのか?的な話

レベルの低い論外な話ですね。 「私は治療の腕が悪く、仕事する気がありません」と言っているようにしか聞こえません。 この風潮はスピリチュアル界隈でもありますね。