2018-01

不安・畏れ解消

安定しようとして、不安定になることをしてしまいがちな件

ニュースなどで、企業が業績不振となって、大幅なリストラをする話を聞くことがあります。 私も過去に自分が働いていた会社がリストラをすることになったり、また営業先がリストラをするのを見たことがあります。 逆に「経営が好調で、大量採用!!」みたいな前向きなニュースを目にすることはあまりありません。
経営

勝ちパターンを掴むには現象の変化の中にあるエネルギーの流れがわからなければ掴めない件

例えば、洗濯して、乾いた服を畳むとします。 そうするとその畳んだ服を誰かが来て、また洗濯物となるわけです。 そのときに今畳んでるものを誰かが着たときにどう感じるのかなどを想像できるかどうかなんですね。
経営

仕事の質を上げる

私はゲームが大好きで、学生のころはゲーセンによく行ってましたし、社会人になってから、会社の近くにゲーセンがあれば、昼の休憩時間は必ずゲーセンでした。 ゲーセンではピストルで敵をバンバン撃つようなゲームとパズルボブルという玉を撃って、玉の色を合わせていくゲームが得意でした。
ノイズ・エゴ・歪み

人に何かを教わるとき、教える人のクセまでも身につく件

例えば子どもに文字の書き方を教えたとしたら、子どもは文字の書き方という物理的なもの以外に、教えた人が文字を書くときに発する波動までをコピーしてしまって、子どもが文字を書こうとすると、同じような波動を出します。 そうなると教える人が、「あ」を書くときに歪むクセがあったとするなら、子どもも歪みながら「あ」を書きます。
ノイズ・エゴ・歪み

身体不調も普通に治療しただけでは再発してしまう

昨日は整体などの治療の先生たちに感覚を使った治療法を教える「ほふく前進ガバイ塾」でした。 このほふく前進ガバイ塾については、プレセミナーから入れると1年半ぐらい前にスタートしたんですが、昨日はかなり良い感じでした。
ノイズ・エゴ・歪み

どうしたら自立・自律はできるのか

「自立が物理的な独り立ち」、「自律が精神的な独り立ち」、そんな感じでしょうか。 今日の記事は自立と自律の違いを言いたいのではありませんので、自律も自立も合わせた意味で「ジリツ」とします。
ノイズ・エゴ・歪み

失敗も成功もループする。失敗ループにいると成功しないのか?

トライアングルという映画は主人公がヨットで遭難して、助かるために乗り込んだ客船に殺人鬼がいて、、、って話です。 詳しく言うとあれなんですが、主人公が殺人ループから抜け出したかと思ったら、それもループの中だった、、、みたいな、ずーっとループする話なんですが、見終わったあとに、自分もループしてるかのような変な感じになりました。
お金

お金もゴミも一緒

いつのころだったか記憶にありませんが、汗をかいて、Tシャツを脱いで、そして、それを再び着たときに「うげ!気持ち悪い!」と思って、そのTシャツが汚れ物のように感じました。 ついさっきまで着ていたのに、脱いだら汚れ物のように感じたわけです。
呼吸法

「呼吸が浅い」について

呼吸というのは、私たちが生きるために必要なことであり、寝ていてもやり続けています。 寝ていても呼吸をしているのは、自律神経の働きによって行われています。 他にも血液循環だったり、消化だったり、発汗、体温調整などが自律神経によって制御されています。
不安・畏れ解消

改善策までがセットになっていない指摘は気にしなくて良いと思う件

恐らく、そう言った人から教わってもしょうがないと思ってのことなんだとは思いますが、そうであれば、そういう人のアドバイスごと無視しても良いと思います。 無視できないんでしたら、なぜそう言い切れるのか、しっかりと確認して、理解するところまでやるべきです。 大体からして、「どうやったら改善できるか」という改善法までがセットになっていないアドバイスというのは、無責任な発言です。
いろいろ

徳島に行ってきました!癒やしの旅でした。

水曜日から2泊3日で徳島に行ってきました。 今回、徳島に行ったのは、日々溜めてるJALマイレージの有効期限が切れるので、その消化のためだったんですが、JALマイレージのサービスの中に「どこかにマイル」という行き先お任せのサービスがあり、それに申込みをしたら徳島になったんです。
ノイズ・エゴ・歪み

大人より子どもの方が遙かにできる件

子どもの凄さを見てもらおうと、デモンストレーションのような感じで、不調がある人に前に出てきてもらって、子ども達に身体の調整をやってもらったんですね。 そしたら、全てのお子さんが大人の身体の調整をやっちゃうんですね。 ただ、一部波動がヒドいお客さんがいたので、そういう人は子どもがやりたがらなくて拒否をしてました。
ノイズ・エゴ・歪み

エゴを下げるのが大切。そのためにも観念の整理が大切。

大学受験に関しては、良い大学にいけば就職に有利だからとか、いろんな想いが「合格したい」というエゴに集約されて、頑張るわけです。 エゴで何かやろうとすると心身が歪むわけですが、歪みながらも無理するわけですから、脳が壊れます。
ノイズ・エゴ・歪み

トラブルや悩みがなぜ起こるのか的な話

あなたの目の前にある今起こってることは、あなたが選択を繰り返した結果なわけです。 選択の中には、あなたが意識して選択したものと、選んだ自覚がない無意識の選択がありますが、あなたの選択は、ほとんどが選んだ自覚がない選択で、気になるところだけ意識的に選んでると思います。
ほふく前進ガバイ塾

肩こりも難病かもしれないし、難病は難病じゃないかもしれないし、、、

身体の不調というのは、原因はさまざまなわけですが、生活習慣の中で、不調の原因となるノイズ的なものを溜め込んでそれが積み重なって、病気などの症状として出るわけです。 ですから、そのノイズを取り去ってしまえば、治ってしまうと言うことに理論上はなります。
ノイズ・エゴ・歪み

感覚を使った押す練習をなぜするのか説明してみた件

日常生活で感覚押しなんて使わないので、感覚押しができるようになったからってあんまり意味が無いんですね。 ですが、感覚押しの練習をしながら、「感覚を使って動作する」感覚を身につけて欲しくてやっています。 「たかが押す、されど押す」みたいな感じで押すだけでも奥が深いんですよ。
脳の使い方

目的のすり替えにご用心!!

こんなやりとりはあなたの回りでもよく起こってると思います。 目的や話がすり替わるんですよね。 「どうやったら良いですか?」と正解を求めるような質問をする人は、ほぼ全ての人が上記のようなことをしています。
このブログについて

ノイズ≒エゴ≒ゆがみ

私たちは言語だったり、行動によって、他人に何かを伝えます。 そして、発信する側の意図と受け取る側の解釈が異なることはよくあります。 発信する側に思い込みや観念があって、そのせいで本心と認識にズレがあったり、さらには行動もズレていることがあります。
いろいろ

まさかこんなことがミスに繋がるとは、、、

昨日、夜に考察をしていたのですが、とあるFacebookの投稿を見ましたら、ノイズがひどく、それが原因で考察ができなくなり、途中でストップとなりました。 去年の暮れあたりに、感覚が変わったんですが、その効果と言いますか、感覚が上がったことで、これまで以上にノイズを拾うようになり、感覚に誤作動が出る状態になってしまっていたようです。
いろいろ

単発のセミナーや講演会はやらないことにしています。

よくブログやメルマガの読者の方からセミナーや講演会を開かないのかというお問合せをいただきます。 私は基本的には単発のセミナーなどは開かないことにしています。 それはなぜかというと、やってもあまり意味が無いからです。