2017年03月一覧

自分が何者なのか説明できない件

私はブログでお客さんを集客しているわけですが、私のブログを読んでくださった方は私が何やってるかはわかってもらえるのですが、それ以外の場で出会った方にはほとんど理解してもらえません。 以前は私も出会った方々に一生懸命に自己紹介をして、理解していただこうとやっていたのですが、最近はそんなこともしなくなりました。

記事を読む

「友達」という思考停止ワードを使うのをやめると人間関係の見え方が変わってくる件

私も友達との付き合い方についてはホントに考えてきました。 私の場合、しんどくなって悩むようなことはなかったんですが、ビックリさせられることが多かったので、その度に考えてきました。

記事を読む

ちょっとした問題に思えても根深かったりする件

自動車を安定して運転するとしたとき、自動車の車体が故障もなく走れて、そして、運転手が安全運転をすることになります。 で、事故が起こったときに、車体に故障があったのか、運転手の運転の問題で事故が起こったのかを切り分けて見ることになります。

記事を読む

ちょっとだけ新しいことに挑戦してみようかと、、、

ここ最近、なぜかわからないのですが、レッスンを終わりたいというお客さんは数人しかいなかったのに、ご予約件数が大幅に減ってます。 年度末で皆さん忙しかったりして、それが重なってるんですが、おかげで少し時間があります。

記事を読む

人によっては宝物でも、別の人にはゴミだったりする件

で、昨日、その死んだヌマエビを水槽から出して、死骸をどっかの土の中に埋めようか、それともゴミ箱に捨てようかどうしようか考えました。 そんなことを考えながら、その3匹をよく見てみたんですが、大きさも似てるし、姿を見ても違いがわからないんです.

記事を読む

行為を正しくしっかりやることがうまくいく秘訣ではない件

先日の記事で私がメダカを飼うことを書きましたが、「メダカを飼い始める」ことと、「治療で叩く」だったり、「遠隔治療をする」ということと、「重心を移動させる」ということなど、もちろんプロセス・手法は違いますが、意識の使い方は実は同じなんですね。 メダカを飼い始めるというのは、メダカを飼っていない状態から、飼っている状態に変えるということです。

記事を読む

何をやりたいかわからない人はまず何を考えるべきか、、、

今できないことが、半年後にはできるようになっているかもしれません。 これが10年経てば、今できないことが、とんでもなくできるようになっているかもしれません。 ただ、半年後に今より何ができるようになっているかはわかりませんし、これから10年後なんてさらにわかりません。

記事を読む

アクアリウムというよりメダカを飼うことにしました。

歩いて数分の場所に熱帯魚ショップがあることがわかり、昨日、最低限の水槽やら道具一式と黒メダカ10匹、ヤマトヌマエビ5匹を買いました。 追加の購入機材はアマゾンから、今日、明日届くと思います。

記事を読む

過信してる人に「自分が過信している」という自覚はない件

「自分には可能性がある」とか、「自分には実は実力がある」と期待しているからなのかわかりませんが、すぐに過信してしまう人が多いです。 この「過信」というのは、過信しようと思って過信するわけではなく、「自分はできる」とか、「俺サイコー!」みたいな強い確信が過信を生むように思います。

記事を読む

妄想じゃなくて、リアルなイメージができなければ、できるようになるまで調べまくる件

一昨日にアクアリウムを始めようかと思い付きまして、ただ、やるもやらないもアクアリウムをするというのがどういうことかわからず、判断できませんでしたので、本を3冊ぐらい読んで、またインターネットで調べまくって、知識レベルでどういったものなのか掴み、自分が飼ってる状況をイメージできるようになりました。

記事を読む

とても恥ずかしがり屋で、恥をかきたくないから根拠が無い主張はしたくない件

「良い本ですよ!」って自分の本を宣伝するのはナルシスト的というか、自画自賛してるようでもあり、また商売っ気もあってイヤなんですよ。 良く「究極のホニャララを伝授します!」とか、「常識やぶりのホニャララ」みたいなキャッチコピーでセミナーやら講演会を販売していたりする人がいますが、そういうのを見ると私は引くんですよね。

記事を読む

パワースポット行くより水族館の方が良いでしょ!

私もパワースポットと噂の場所に行ったりするんですが、そんなところより水族館やそこら辺にいる動物を見た方が良いし、高いお金を払って、瞑想するぐらいなら、水族館の水槽見てる方がよっぽど瞑想効果は高いと思います。 脳波を測定器で測ってないからわからないんですが、脳波も下がっているはずです。

記事を読む

出世したければ上司に○○を見せることも大切!「自分なり」なんて意味が無い。

お客さんと話をしていて思うのは、頑張り方、もう少し言えば、自分の頑張りの見せ方を知らない人が多いです。 頑張るときは、自分なりに頑張っても意味が無いんです。

記事を読む

迷いから救われるために読んだいろんなメッセージを読んでさらに迷う件

私をはじめ、ブログなどでいろんな人がいろんなことを発信しています。 その中に「こうすべきだ」とか、「こうすべきじゃない」とか、いろんなことが相反することを言ってて、何が正しいのか迷う人もいるんじゃないかと思います。

記事を読む

数年、本気で取り組めば大概のことは、そこらの人よりもできる状態になる件

お金をたくさん稼ぐには、①たくさんの人もしくは高いお金を出してまで欲しいという人に接触できて、②自分にしか提供できない、もしくは提供できる人が少ない物やサービスを、欲しがっている人に提供すれば良いということになります。

記事を読む

朝ご飯に軽くサンドイッチ食べたら、思ってることを文章化できない感じになってしまった

で、朝から区役所行ったり、バタバタして、そして、昨日は大して晩ご飯を食べなかったので、お腹がかなり減ってしまって、いつもは食べない朝ご飯を軽い気持ちで食べたんですよ。 そしたら、感覚がおかしくなってしまって、ブログがめっちゃくちゃ書きにくくなりました。

記事を読む

これからはゾンビ型人間についても考察をしていこうと思います

去年の夏ぐらいから餓鬼型人間の考察を重ねて来まして、かなり考察できました。 おかげで餓鬼型人間の行動パターン、性質がよくわかりました。

記事を読む

トレンドにあやかって「がばい」ではなく「ガバイ」にしてみたんですが、、、

先日、お客さんが言ってたのですが、「呼吸法を教わりたい」と奥さんに相談したら、ネーミングが「前進ガバイ呼吸法」だったので、「ふざけた名前だし、なんだ!D造って!怪しいよ!」って反対されて、押し切るのがたいへんだったそうです。 それを聞いたとき、「前進ガバイ呼吸法」なんてネーミングは、明らかに商売的にはダメだなぁって思いました。

記事を読む

自分の状態が仕事に大きく影響するので、まずは自分の状態をわかるようになるところから始めましょ!

例えば、プロスポーツ選手やプロの歌手の人は本番前に、入念な準備運動や発声練習をしますね。 本来の実力を出すために身体を慣らすことをするわけですよ。 ですが、私たちが仕事をするときに、この準備運動のようなことはしないことが多いんじゃ無いかと思います。

記事を読む

実体験に基づく話の方がわかりやすい件

私はほぼ毎日ブログを更新していまして、できるだけわかりやすく書くということを心がけています。 そのためにできるだけ、皆さんにも起こりそうな自分の実体験を例として取り上げ、それを解説するような書き方をしています。

記事を読む

多くの人が聞くや考えるができていないし、できてないことに気付いていない、、、、

人の話を聞くときに、ほぼ全員の人が話を聞きながら、自分が知ってること(過去の経験)と照会するように話を聞きます。 また、何かを考えるときに、自分が知ってることの中から合致することを検索するようなことをします。

記事を読む

身体の重心位置で何かをするときの余裕感が違う件

私は歩くときに、重心を太ももの辺りに置いて歩いています。 重心を下げて歩くと上半身が自由になり、情報を広くざっくり拾うような感じになります。 ですから、街中で芸能人や知人が歩いていたら、気付くことが多いです。

記事を読む

3年ぐらい前の過去記事にも感覚脳的な記事を書いていた件

ちょうど1ヶ月ぐらい前に、感覚脳を使ってバランスを取る練習法について記事を書きました。 これをお客さんにもやってもらっていたのですが、この1ヶ月ぐらい真面目にやり続けてくださってるお客さんもいて、そのお客さんたちも、感覚脳を使う感覚がハッキリ掴めてきたようです。

記事を読む

何をしたいかわからない、やりたいことがわからない人は「まずこれをしたらどうですか?」という話

仕事をして充実感を感じるというのは、自分が楽しいことをしているときではないと思います。 例えば、今、自宅で時間があるときには、リコ様とWii Uのゲームをしているのですが、私はゲームが好きですので楽しいんです。

記事を読む

私の集客方法、集客スタイルについて

生意気なもの言いになってしまいますが、お客さんを選んでいます。 じゃあ、どうやってお客さんを選んでいるかというと、申込みのハードルを上げることで、そのようにしています。

記事を読む

経験した人とそうでない人では同じ言葉でもニュアンスが違ってくる件

苦労をしてきた人の何気ない言葉を聞いたとき、含蓄があって重みがあるように感じることがあると思いますが、それも話をしてきた人がいろんな体験を重ねたことで、発した言葉に体験が乗っかったようになってるんですよね。 で、逆に体験がないのに、あたかも体験をしたかのように話をする人がいますが、その場合はどこからか借りてきたような話に聞こえたりします。

記事を読む