2016-12

不安・畏れ解消

視点一つで好きなこともイヤになり、イヤなことも楽しくなる

昨日は小田原の早川というところにある魚市場の市場食堂で食事をしました。 ここは小田原に住む友人のオススメで、魚がとにかくおいしいと聞いて行きました。 今、思えば、お店の外観も写真を撮っておけば良かったのですが、13時過ぎに行ったのに、1時間ぐらい待たされるほどの行列ができてました。
いろいろ

ウ○コバエらしく五反田の河川敷で腕ブンブンしてきました

昨日で私は仕事納めでした。 午前中にいろんな発酵品を作ってらっしゃる発酵おばさんとお会いして、マキ様リコ様の回復のための発酵品をゲットしまして、そのあとに仕事をして、夜にピストン高田さんとお会いしました。
不安・畏れ解消

生きたいように生きるために必要な視点

あなたにとって、「楽しめること」と、「得たい結果を得ること」はどちらが優先順位高いですか? 感情的な選択をする人は、「楽しい=感情」ですから、楽しい部分にだけ反応して判断をする傾向にあります。
引き寄せの法則/願望実現

何かを身につけるときにまず乗り越えるべきことは、、、

私は何かを始めるときに、目標とはちょっと違うんですが、理想の形を設定して、その理想にいきなり行けるわけではないので、時間をかけて、その形に近づけるように試行錯誤してやっていきます。 このブログを始めるときも、最初にどうしようか考えまして、私の場合は山本一郎氏のスタイルを目指しました。
いろいろ

私にお金を払ってくださる人はお客さんなのか、ファンなのか、仲間なのか、友達なのか、、、

私たちがお金を払うときは、何かしらの価値を得るためにお金を払っています。 ですから、お金をもらう側は価値を提供する義務があると思います。
人間関係

人間関係のトラブルを解決するには何を変えるべきか、、、

お客さんからのいろんな相談をいただくのですが、一番多い相談が「人間関係のトラブル」です。 会社の上司がどうだとか、旦那さんの態度がどうとか、そんな話が多いです。 人間関係のトラブルについては、関係が破綻しても良いということでしたら、「関わるのをやめる」というのが一番簡単な解決方法になります。
不安・畏れ解消

有って当たり前か無くて当たり前か

この世の中には「無くて当たり前という意識状態」で生きる人と「有って当たり前という意識状態」で生きる人がいます。 「有って当たり前という意識状態」で生きる人は、「有る」のが当然だと思っていますから、失う怖さを感じて、不安を抱くことになり、不安感がある人は「有って当たり前という意識状態」だと思ってもらって間違いないと思います。
思考法

人にはいろんなタイプの人がいるので「○○すれば良い」という単純な手法が全ての人に当てはまるなんてことはほぼない

人にはいろんなタイプがいます。 このタイプというのは、サッカーで言えば、前線に立って、点数を決めるフォワードタイプだったり、中盤にいて、パスをしながらチャンスを作っていくタイプだったり、自陣を守るバックスやキーパーだったり、また、それをサポートするマネージャーや監督がいて、あと、観客みたいな感じです。
いろいろ

正しいのなら全部表に出せるだろうし、やましければ隠したくなるだろうし、、、

私はなぜこうやってスピリチュアル系や自己啓発系はデタラメだ!と叫ぶかというと、個人的にはそこまで恨みのようなものはないのですが、ちょいちょいお客さんだったり、ブログ読者の方から悲痛な叫びを聞くからです。 私自身も過去にホントに不愉快な思いをさせられたことがありますが、それについては自分の成長にも繋がったと思える部分もありますし、仮にやり返したければ、ブログで書くようなまどろっこしいことをする必要がありません。
餓鬼型人間・ゾンビ型人間

渡る世間は餓鬼ばかり!サービス提供者は自分が提供するサービスの一番のユーザーであるべきでしょう

私は前進ガバイ呼吸法をお客さんに教えて生活しています。 ですので、私は自分の状態の悪化を極力呼吸法で整えるようにしています。 イヤなことがあったり、疲れたら、呼吸法をやって状態を整えたりしています。
不安・畏れ解消

運を上げたり、良いオーラを発する自然かつ簡単な方法

大物な人に会うと、「あの人はオーラがあるね」とか、「迫力あるね」なんて思うことがあると思います。 私たちがそういう時は、雰囲気からそう言ってるわけですが、その雰囲気というのは、その人が発するエネルギーを感じ取ってそう思っています。
いろいろ

パーソナルトレーニングなるものを受けたら、ストレッチは脳が楽になった!

この記事を書くために、ストレッチをネットで調べたら、ストレッチには動的ストレッチ(体を動かしながらストレッチをする)と静的ストレッチ(ストレッチしたまま数十秒静止するやつ)があって、静的ストレッチより動的ストレッチが良いみたいな検証結果があるみたいですね。 で、私が陸上部時代もそうですが、今でもジョギング前に準備運動としてやっていたのが、動的ストレッチでした。
餓鬼型人間・ゾンビ型人間

スタートは良かったけど、どっかでおかしくなくったんじゃないかと、、、

私も現金なもので、ただいまお客さんがいっぱいでお申込みを受け付けておりませんので、怖いものが無くなって、最近は書きたいことを書きまくっております。 そして、皆さんの応援と私の「努力」によって、おかげさまでランキングも上位に食い込んでおりまして、ブログランカーの方々には良い感じでうざい存在となっているかと存じます。
いろいろ

自称専門家、自称スペシャリスト、自称覚醒者、自称神様としゃべれる、、、どれもうさんくさいけど、そういう私もうさんくさい!!

私は呼吸について研究しているという意味では研究しています。 ただ、それも客観的数値を持って研究していません。 私の場合、呼吸法の効果を自分だけでなく、お客さんにも同じ事をしてもらってそうなるから、「そうなる」と言っているだけで科学的根拠はありません。
引き寄せの法則/願望実現

正しいことも発信の仕方がいい加減だとデタラメだと言われてもしょうがない件

スピリチュアルや自己啓発の世界ではこのパクリが横行しています。 有名人の名前を出して、勝手にその人の一部部分だけを引用して、そして、引用元も開示せず、都合よく自分の解釈に誘導するあくどい人が多いです。
人間関係

気をつけようとして気をつけられる?気をつけるにはどうすれば良いか、、、

仕事でちょっとした不注意でミスをして、それを注意されたときに、「次から同様のミスをしないように気をつけます」なんて言ったりすることがあると思います。 私のレッスンでも、いろいろ話をして、最終的に「意識してみます」とか、「気をつけてみます」という話で終わることがあります。
引き寄せの法則/願望実現

結果を出すために能力はあまり関係が無かったりする件

年収が全てではありませんが、わかりやすい1つの指標として年収で言えば、私の経験則で言えば、都心部の一般的なビジネスの世界で働いてて、特別な障害が無い限り、人並みの努力で、年収1000万円クラスまでは45歳ぐらいまでに行けると思います。 だけど、年収2000万円越えるには圧倒的努力が必要になると思います。
不安・畏れ解消

未来予想なんて誰でもできる!!未来予想をするときに一番大事なポイント

私の予想はかなり的中するんですよ。 お客さんに「こうなるよ」ってアドバイスすると、多くのお客さんに「ホントにそうなった!」って驚いてます。
餓鬼型人間・ゾンビ型人間

餓鬼型人間にならない、もしくは卒業するために最初に必要なこと

餓鬼型人間の人ってのは、間違いがあっても認めず謝らないし、そして、人が間違えて謝っても許さないんですよね。 だから、餓鬼型人間にならないようにするには、私も気をつけてることですが、まずは「間違いに気付いたら素直に認め、訂正やお詫びをする」ってのが大切なんですよね。
餓鬼型人間・ゾンビ型人間

餓鬼型人間はリーダー的な人に多い件

聞くところによると、私の回りには特に餓鬼型人間が多いようです。 私の回りに餓鬼型人間が多いのは、私がお節介だからな気がするんですが、「よくそんなにチューチュー吸われて倒れないね」って言われます。