2015年06月一覧

やっぱり楽しい仕事や人生は限界の向こう側にある件。限界の向こう側を覗いた結果がこれだよ!

さて、以前、「武田信玄公も言ってる知恵もやる気も出て良い感じで働くコツ」という記事を書きまして、ここに登場した跡取りのお客さん(以下、Aさん)が昨日来てくださいました。 なんと、僕のアドバイス通り、一番に出社して休まずに働いてるそうです。 しかも、先週は自分の限界を知るために、睡眠3時間で1週間過ごしたそうです!!

記事を読む

社会、会社、上司が変わるのを待てる?待つより自分が変わった方が早いよ!

厚生労働省から、男性の育児休業取得率の割合が2.30%に上がったとか、精神障害の労災申請は過去最多の1456件になったとか発表されたようですね。 ・育児休業の取得率は女性86.6%、男性2.30% ・26年度の精神障害の労災申請は過去最多の1456件

記事を読む

人の言葉を利用して自分の想いを強化する作業に要注意!!

先日、僕の読書について話をしたら、そこにいた方に驚かれました。 僕と同じように読書しているのかと思っていたのですが違ったんですね。 皆さんは何を考えて読んでるのか、気になってきました。 僕は一度読んだ本はすぐに売ってます。

記事を読む

男が占いを敬遠するようになったのは、草食男子の増加が原因?!ってか、天気予報だったり科学的予測の方が当たるからそっちを当てにしてるだけでしょ。

さて、こんな記事を発見しました。 『戦国時代は男性も占い好きだった!? 「占い」のルーツを辿り、現代人の占い事情を探る』 戦国時代は占いが戦さに使われてたようですが、歴史ドラマなんか見てると、他の国でもそうですよね。

記事を読む

ジュースばかり呑んでるとデブになるように、外の情報を鵜呑みにしてるとバカになるよ

さて、その質問の中でメルマガよりもブログで回答した方が良いだろうという質問が来たので、こちらで回答します。 ○質問内容 D造さんがおっしゃることは、スピリチュアルブログにあるような「真理」とは真反対のことをおっしゃってるように思います。

記事を読む

トラブル回避!「日頃の心がけ」のチェック法

僕は「一事が万事」という言葉をとても大切にしています。 一事を大切にすれば、万事を大切にしていることになり、一事が乱れていると、万事が乱れていると思っています。 ですから、些細な出来事でも見逃さないようにしています。 行動というのは、意識からか無意識からかは別にして、自分の心の状態から起こった事です。 ってことは、出来事というのは、自分の心の状態が反映されているということです。

記事を読む

「学ぶ=インストールする」という感覚

僕は本を読んだり、セミナーを受けたり、そういうのが好きです。 これは学ぶためにやってるというよりも、自分の認識エリアをさらに拡げたいとか、自分の使い方をさらに知りたいという欲求を満たすためにやっています。 感覚としてはインストールする感じです。

記事を読む

「自分には長所がない!」と思ってる人が持つべき視点

D造です。 昨日はりこ様のご生誕の日でした。 りこ様が食べたいものを聞いて、それが食べられるところとなると、サイゼリヤになりまし...

記事を読む

『やってない』ことをごまかすためのゴールデンフレーズが出たときは要注意!

これはお客さんの話になるので、お客さんの中で「自分のことじゃないか?」って思う人がいるかもしれませんが、特定の人を指して書いてませんので、自分のことを言われてる気がする人は、「私も当てはまるし、他の人もそうなんだ」と思って読んでください。 僕が教えてる呼吸法は難しくないです。 難しいと思う方もいるようですが、それは恐らくあなたが複雑に考えすぎているんだと思います。 なぜそう言い切れるかというと、5歳でもできますから、、、。 ホントに難しくないです。

記事を読む

わかるわからない、できるできないの間に壁があって、その壁を乗り越えてからが始まり

先日、ある上場企業でエライ立場で仕事をされてた方が独立をして、集客のためのウェブサイトを作るとのことを聞いたので、僕も以前にお世話になったこともあったので、いろいろと教えました。 僕はこのブログは自力で運用していまして、いろいろちまちまとメンテナンスもしているわけで、またそういうのが好きというのもあるので、専門家ほどではありませんが、そこそこ知ってる方です。 でも、誰かに教わって身につけたものではなく、自力で勉強してできるようになりました。 そういうエッセンスを教えたんです。

記事を読む

武田信玄公も言ってる知恵もやる気も出て良い感じで働くコツ

お客さんにある会社の跡継ぎの方(以下、Aさん)がいらっしゃいます。 (「大切なものを守るために戦うこともあるよ」の記事の人じゃありませんよ。) 後を継ごうとしてらっしゃる会社さんは同族企業で、要のポジションには、おじさん、おばさんがたくさんいらっしゃって、そこでどうやって年上でAさんよりも経験のあるおじさんおばさん認められるかが、Aさんのこれからの課題なんです。

記事を読む

最強の生き方

この世の中には、先生のような人、アニキ肌の人、リーダー的な存在、肌だけがアニキの人など、いろんなキャラクターがいます。 それぞれに人それぞれのイメージがあると思いますが、僕は自分が自分以外の人にとってどういう存在でありたいかを、かなり意識して振る舞っています。 このブログの中でもそうですし、セッションのときもそうですし、友人知人のときも意識しています。 僕は「先生」のような存在になりたいとは思っていません。

記事を読む

予定を立てると予定のために生きてしまう件

僕は予定をあまり細かく立てません。 お客さんの予約が入ってるので、そういう意味ではたくさんの予定が入ってはいるんですが、それ以外のことで予定をあまり入れません。 そのとき必要だと思った予定が、そのときが来て必要と思えるかわからないし、予定を立てると予定のために活きることになって日々がつまらなくなるからです。

記事を読む

中途半端な人たちに惑わされないようにしましょう。

各所で「ブログ大丈夫?」って心配されます。 いや、大丈夫でしょう。 僕は読者や一般の方にツッコミを入れるようなことは書きませんからね。 いや、書いてないはず、たぶん、、、。

記事を読む

仕事に追われてる人に試して欲しいちょっとした工夫

さて、僕は会社勤めしていたときに、社会人2年目ぐらいから、下記のことを絶対にやっていました。 ・上司より前に出社。 ・10分前行動。 ・上司より先回りして仕事する。 他にもあるんですが、上記は何が何でもやってました。

記事を読む

子は親の思うようには育たず、親のように育つ

何度か書いたことがありますが、僕は中学まで年中、水風呂でした。 高校からは親と風呂に入らなくなりましたので、自然と水風呂じゃ無くなりましたが、お湯のお風呂に入った記憶がありません。 もう少し言えば、夏は氷風呂、冬は水風呂でした。 その理由は、僕ら兄弟が喘息持ちで、身体を鍛えるためで、父親も一緒に入っていたので、僕らは逃げられない状態でした。

記事を読む

スピリチュアル系の意識高い系に見られる傾向

昨晩、とある方と話をしていたら、スピリチュアル系の意識高い系の話で盛り上がりました。 こんなことを書いてはよくないのかもしれませんが、僕は「野蛮!」とか「過激!」とか「愛が無い!」ってよく言われますから、気にせず書きます。 【スピリチュアル系の意識高い系に見られる傾向】 ・ブログやFacebookでやたらと自撮り写真が多い、しかもカメラ目線。 ・ひげ生やしている。 ・寒くも無いのにマフラー?ストール?を巻いてる。

記事を読む

思考パターンを変えるか、身体の状態を変えるか、現象を変えるか、どれが簡単か、、、

昔から言われるんですが、僕は「寒い」ということに対しての反応が特殊っぽいんですね。 普通は「寒い」と認識したときに服を着ますよね。 僕は「寒い」と感じたとき、我慢するんです。 僕は家では冬でもTシャツとパンツなんですが、でもやっぱり寒いときは「寒いな~」って言ってたりするんです。

記事を読む

質を追うべきか、量を追うべきか

ブログのことを書きます。 構成について【視点(1)】 このブログの構成は、 1.一言挨拶 2.本題に対しての視点(1) 3.本題に対しての視点(2) 4.まとめ こんな構成になっています。 視点(1)と視点(2)に関しては、陰陽になっていて、もう少し言えば、視点(1)で「多くの人はこう見ている」という他人の視点を書けば、視点(2)で「僕はこう見ている」という僕の視点を書いて、1つの物事に対して2つの視点を添えるようにしています。

記事を読む

日々の不安や焦り、心配から逃れる方法

僕らは空腹になったとしても、恐怖を感じることはありません。 もしそんな人がいたら、 「空腹感で恐怖を感じるなんて大げさだよ、どんだけ食いしん坊だよ!」 って思う人が多いと思います。 なぜ空腹感を感じても恐怖を感じないか考えたことがありますか?

記事を読む

仕事ができない人、まともなサービスを提供できない店に見られる共通点

例えばこんなラーメン屋さんがあったとしたら、どうしますか? 自分:店主、ラーメンぬるいんですけど 店主:すみません、これでも手間暇かけて一生懸命作ってるんですけどね 自分:そうですか、でも熱いラーメンじゃないと、おいしくないんですけど 店主:うちは他がやらないほど手間暇かけて作っているのに、そんなこと言われるなんて心外です

記事を読む

部下を自らの意志で馬車馬のように働かせる方法

前職のとき直部下は多いときで4人ぐらい、他の会社のときは一番多かったときで13人というのがありました。 部下が多いときは日中は自分の仕事がほとんどできず、朝晩と土日に自分の仕事をしていました。 前職は年商10億円、社員30人ぐらいの会社で、僕は管理部長をしていたわけですが、そのときは、僕と新入社員と2年目の社員で、管理部の仕事の全てを回していました。

記事を読む

人に強く見せるより、弱い部分を見せる方が安心される

なぜ昨日みたいなことを書いたかを書きます。 僕が、自分の悩みや迷いをときどき書いてますが、それと同じ理由です。 理由はいろいろあるんですが、大きく2つです。 <strong>・人は強い部分よりも弱い部分を見せられた方が安心するから</strong> <strong>・不完全な人間でもやればなんとかなるってことを証明したいから</strong>

記事を読む

こんなこと書いて良いのかなぁって感じのお酒の失敗談

いつも偉そうなことばかり書いてて、お客さんからのリクエストで、今日は失敗談を書きたいと思います。 で、失敗は数知れずあって、普通の失敗は笑えない話が多いので、その中で笑えたり、そんなことあったの?ってビックリするような内容を考えると、「お酒」の失敗談かなということで、酒の失敗について書きます。

記事を読む

大切なものを守るために戦うこともあるよ

昨日、ちょっと不快なことがありました。 お世話になってる方の好意から生まれたことですし、ネタとして、前向きではないので、たくさんの人が見るブログで書くのはどうかと思うのですが、でもやっぱり多くの人が、被害者にも加害者にもなる話なので、投げかけとして書きます。 昨日、お世話になってる方の紹介で、ある方とお会いし、名刺交換をしたんです。

記事を読む

引き寄せの法則や金運アップより効果のある給料アップ法

給料が低くて悩んでる方がたくさんいらっしゃいますけど、昨日も書きましたけど、給料が上がらない会社でいくら頑張っても給料は上がりません。 給料低いのに福利厚生やストックオプションが充実しているなんてクソです。 だから、給料が上がらない会社にいる人は、さっさと転職するか、自分で会社を起こした方が良いです。

記事を読む

給料を上げる簡単な方法

今日の記事は企業勤めの人に向けた記事で、経営者の人には当てはまらない記事なので、イラッとするかもしれません。 だから、経営者の人は「社員はこんなこと考えるんだね」ぐらいで読んでください。 企業勤めしてる人で、良い会社と悪い会社の定義が何かを考えたことがありますか? 僕は社会人2年目のときに「これ以外にない!」と導き出した結論があります。

記事を読む

スピリチュアルブームが終わったらどうなるの?

よそ様のことを否定するようなことになってしまうけど、単純な疑問を書きたいと思います。 僕も気をつけていることです。 で、何が疑問かというと、成功法則だとか、引き寄せの法則だとか、そういうセミナーをやってる人たちは、セミナーで儲かってると思うけど、そういうのを使って、小売り店だとか、飲食店だとか、一般的なビジネスや商売で、長期的にうまく行ってる人や普通に企業勤めしていてうまく行ってる人はいるのかなぁ、、、ってことです。

記事を読む

有利な交渉をするにも良い状態でいることがポイント

僕は前職がネット系ベンチャー企業で働いていて、社長が女性でした 僕がこの社長から一番学んだことは、相手の心の読み方です とにかく社長は相手の心の読み方が上手でした 今思えば、その心の読み方というのは、女性独特のもので、多くの女性がやってんじゃないかなぁと思ったりします

記事を読む