経営一覧

エネルギーの流れの変化のあとに現象に現れるから、経営に必要な予測能力を高めるならエネルギーの流れを感じ取ることが必要

管理部というのは、全部署と関係する部署で、さまざまなことに接するわけです。 ですが、管理部に集る情報というのは、「これからどうなるか?」という未来の情報ではなく、主に請求書や出勤簿など、終わった結果、つまり過去の情報が集る傾向にあります。

記事を読む

リーダーが人型もしくは鬼型もしくは餓鬼型もしくはゾンビ型人間だったら、、、

「オリンピックで優勝する」など、ある意味で単発的な結果を求められる場合は、鬼型人間がリーダーとなった方が結果が出やすいと思います。 ただ、企業経営の場合、継続性が求められます。

記事を読む

部下にするなら、実はゾンビ型人間が扱いやすかったりして、、、

話はそれましたが、上記の分類からすると、自発的に動く社員は人型人間、鬼型人間、餓鬼型人間のどれかとなります。 ですが、実は部下はゾンビ型人間の方が良かったりします。 ってことで、タイプ別に書いていきます。

記事を読む

家族、会社、仲間などの組織が改善するには、まずはリーダー、大黒柱のパワーアップから!

D造です。 ドラクエ11は最後の最後のところで飽きてしまいまして、中断しています。 今はコミックのカイジを読んでます。 ...

記事を読む

現場に出ない社長を穴熊社長という。そして、穴熊社長は意外と多い。

社長というのは、その企業のエネルギーを感じ取って、適性に判断することが大切なわけですが、そのエネルギーを感じ取る力というのは、感覚脳を使うという意味での能力的な部分と「現場に触れる」ということで養われる部分があります。 だから、現場に触れない社長というのは、ドンドン感覚を失っていきます。

記事を読む

経営をするにも感覚脳が必要!!企業に流れるエネルギー量を増やして、スムーズに循環させることが経営

結局、企業経営では経営資源と呼ばれる「人・物・金」が循環している状態なわけです。 で、「人・物・金」の循環は、企業のエネルギーの循環なわけで、それを感覚的に捉えられるかどうかポイントになるんですよね。

記事を読む