新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

人間関係

良い人・悪い人

人間関係がうまくいかないのは何が足りないのか

相手が質問した時点で、何を知ろうとしているのかを知る必要があって、そのためには相手がどんな人なのか、どんなことに興味を持っているのかをある程度知らないと回答ができない場合もあります。 ですので、質問に答えるにも簡単じゃないということですね。
ノイズ・エゴ・歪み

良い人・悪い人の定義と見分け方について

先週のメルマガに関連したことを書きます。 メルマガを読みたい方はメルマガ登録して「2019年6月4日配信の第201号」をご参照ください。
ノイズ・エゴ・歪み

エゴの定義について

このブログでは「エゴを下げる」について繰り返し書いています。 エゴについては、いろんな人が書いていますが、「エゴ」の言葉の定義がさまざまです。
ノイズ・エゴ・歪み

心身が歪むことは問題ではない、何が問題かというと、、、

生きている以上、「心身が歪まない」というのは、ほぼ不可能だと思います。 「心身が歪む」というのは、危険から自分を守るための防衛本能みたいなもので、生きていく上で必要な身体反応でもあります。
人間関係

「愛情と友情」、「仕事と家庭」どっちが大切?

「愛情と友情、どっちが大事?」とか、「仕事よりも家族を大切だ」などと、優劣や優先順位を付けたがる人がいます。 「仕事よりも家族を大切にすれば人生がうまくいく」と言った趣旨のセミナーなんかもありますね。
ノイズ・エゴ・歪み

イヤイヤやると「私ばかりがたいへんだ」と言いたくなる件

何でも「イヤイヤ」でやっていたら、やらされている感を持ち「私ばっかりがたいへんだ」という発想が生まれます。 やらされている感というのは、「他人がやって当然だ」と思っていて、他人がやって当然だと思っていることを自分がやることになったときに、やらされている感を持つんですよね。
ノイズ・エゴ・歪み

トラブル、事故はチャンス!!

エゴというのは上げるのは一瞬ですが、下げるのはたいへんです。 エゴはドミノみたいなもので、ドミノはコツコツ並べていきますが、1つ倒したら連鎖的に他のドミノが倒れて、大幅にやり直すことになります。
ノイズ・エゴ・歪み

「~すべき」などの「べき」が争いを生む、、、

先日、バイク用品店に行きましたら、たまたまバイカーたちのイベントみたいなものが行われていたようで、たくさんのバイカーたちがいらっしゃいました。 そしたら、皆さん、プロテクターを着けて、がっちり装備なんですよね。
ノイズ・エゴ・歪み

他人が思うようにやってくれないときどうすれば良いか的な話

会社に勤めていたときに他部署や上司のところで仕事が止まり、いくらお願いしてもやってもらえず、自分の仕事が滞ることがよくありました。 そういうときは、自分だけでなく、他部署、上司も忙しいというか、仕事が回っていないんですよね。
人間関係

「できない」、「自信がない」と思ったときはチャンス!!

私は自分が小心者だと思っていますし、失敗したくないです。 以前、とある方に「大造はガラスのハートだ」と言われたことがあるのですが、そのときは「そうだな」と思いました。 そして、今でもそう思っています。
ノイズ・エゴ・歪み

幸せになるコツは○○を失うことかもしれない件

感覚が上がったり、状態が改善していくなかで、自分の状態を認識できるようになります。 その場合、自分の状態が良い状態なら良いんですが、それまでは自分の状態を認識できなくなるほど悪い状態だったわけですから、自分の状態を認識するようになると、不安に襲われたようになるんですね。
ノイズ・エゴ・歪み

会社内で起こる問題はこうすれば改善するけど、それがなかなかできないという話

私が会社勤めをして、部署やチームの責任者をしていたときは、大体15時か16時ごろ、部下に今日の仕事で何が残っているかを確認するようにしていました。 これは日課にしていましたので、その時間に携帯電話の目覚ましをセットしていました。
ノイズ・エゴ・歪み

認識が変わるだけで、ケガで動かなかったところが動くようになることもあって、、、

先日、あるお客さんが左側の鎖骨あたりのケガを治療しても治りが遅く、左腕を自由に動かせないということでした。 聞くところによると、右側から衝撃を受けて、左側を地面に打ち付けるようにして、左側の鎖骨のあたりをケガしたということでした。
ノイズ・エゴ・歪み

失敗談:自分が歪んだら相手がたいへんなことになった

先日、とある営業を受けました。 というか、私が相談して、アドバイスをもらったというのがニュアンスとして近いです。 で、その担当者はチャキチャキのアウトドア好きな感じの女性でした。
ノイズ・エゴ・歪み

自分の都合の良いようにしか解釈ができない体験をした件

私は高校生までは佐賀にいまして、佐賀は当然ながら自動車がないと不便な地域です。 高校を卒業してから東京に住みまして、途中3年間は広島にいましたが、自動車を必要としない生活を送り続けてきましたので、自動車を所有したことがありません。
ノイズ・エゴ・歪み

問題だ!トラブルだ!と思っていることのほとんどは過剰反応だったり勘違いだったりがほとんどな件

お客さんからトラブルが起こったと緊急の連絡が入ることがあります。 その内容は、頭痛がひどいとか、ゲロゲロ吐いてしまうとか、熱が出て動けないとか、腰が痛いとか、体調的なものから、会社でトラブルを起こしてたいへんだとか、○○さんともめているとか、支払が足りないなど、人間関係や金銭的なトラブルの場合もあります。
人間関係

愚痴や不幸話をするときは面白く話す、、、

ガバイセッションや前進ガバイ塾などで、私に起こった不幸な出来事をお客さんに話をよくするんですが、これがまた冷静に聞くと、ブラックな内容だったり、毒舌な内容だったりします。 ですが、お客さんは爆笑して聞いてくださいます。
ノイズ・エゴ・歪み

エゴが高いと人の親切もイヤがらせだと勘違いしてしまうわけだけど、それがなぜか的な話

生きてきた中で、いろんな経験をして、「こうすればうまくいく」とか、「こうなると痛い目に遭う」とか、パターンとして記憶したものがエゴです。 そのときに身体も同時に反応しているんですよね。 ですので、「エゴが上がる」というのは、経験則に頼った状態になるということですね。
ノイズ・エゴ・歪み

同じ事を繰り返すのはなぜか的な話

人それぞれに、クセだったり、性格だったり、得意不得意があり、こういうのを個性というのだと思います。 あなたの個性というのは、あなたがそうなろうとしてなったものではなく、いろんな経験をして、そうなっています。 一番は親の影響が大きく、その次は学校でしょうかね。
ノイズ・エゴ・歪み

「~されたい」という想いを持っている人へ

「お前は俺をバカにするのか!!」と怒る人がいますが、これは「バカにされたくない」と思っているから、相手がバカにしたような言動をしていなくても、自分の主観で相手がそういう態度を取ったように見えたら怒り出すわけですね。 ですので、「~されたい」という想いが強い人は、被害妄想の塊で、実はめちゃくちゃな人だったりします。
タイトルとURLをコピーしました