人間関係

ノイズ・エゴ・歪み

トラブル、事故はチャンス!!

エゴというのは上げるのは一瞬ですが、下げるのはたいへんです。 エゴはドミノみたいなもので、ドミノはコツコツ並べていきますが、1つ倒したら連鎖的に他のドミノが倒れて、大幅にやり直すことになります。
ノイズ・エゴ・歪み

「~すべき」などの「べき」が争いを生む、、、

D造 D造です。 デスク用のイスとしてゲーミングチェアを使用しているのですが、自動車の室内をキレイにする洗剤でイスを拭きましたら、イスがキレイになった上に、座面のクッション性が復活しました。 最近へ...
ノイズ・エゴ・歪み

他人が思うようにやってくれないときどうすれば良いか的な話

会社に勤めていたときに他部署や上司のところで仕事が止まり、いくらお願いしてもやってもらえず、自分の仕事が滞ることがよくありました。 そういうときは、自分だけでなく、他部署、上司も忙しいというか、仕事が回っていないんですよね。
人間関係

「できない」、「自信がない」と思ったときはチャンス!!

私は自分が小心者だと思っていますし、失敗したくないです。 以前、とある方に「大造はガラスのハートだ」と言われたことがあるのですが、そのときは「そうだな」と思いました。 そして、今でもそう思っています。
ノイズ・エゴ・歪み

幸せになるコツは○○を失うことかもしれない件

感覚が上がったり、状態が改善していくなかで、自分の状態を認識できるようになります。 その場合、自分の状態が良い状態なら良いんですが、それまでは自分の状態を認識できなくなるほど悪い状態だったわけですから、自分の状態を認識するようになると、不安に襲われたようになるんですね。
ノイズ・エゴ・歪み

会社内で起こる問題はこうすれば改善するけど、それがなかなかできないという話

私が会社勤めをして、部署やチームの責任者をしていたときは、大体15時か16時ごろ、部下に今日の仕事で何が残っているかを確認するようにしていました。 これは日課にしていましたので、その時間に携帯電話の目覚ましをセットしていました。
ノイズ・エゴ・歪み

認識が変わるだけで、ケガで動かなかったところが動くようになることもあって、、、

先日、あるお客さんが左側の鎖骨あたりのケガを治療しても治りが遅く、左腕を自由に動かせないということでした。 聞くところによると、右側から衝撃を受けて、左側を地面に打ち付けるようにして、左側の鎖骨のあたりをケガしたということでした。
ノイズ・エゴ・歪み

失敗談:自分が歪んだら相手がたいへんなことになった

先日、とある営業を受けました。 というか、私が相談して、アドバイスをもらったというのがニュアンスとして近いです。 で、その担当者はチャキチャキのアウトドア好きな感じの女性でした。
ノイズ・エゴ・歪み

自分の都合の良いようにしか解釈ができない体験をした件

私は高校生までは佐賀にいまして、佐賀は当然ながら自動車がないと不便な地域です。 高校を卒業してから東京に住みまして、途中3年間は広島にいましたが、自動車を必要としない生活を送り続けてきましたので、自動車を所有したことがありません。
ノイズ・エゴ・歪み

問題だ!トラブルだ!と思っていることのほとんどは過剰反応だったり勘違いだったりがほとんどな件

お客さんからトラブルが起こったと緊急の連絡が入ることがあります。 その内容は、頭痛がひどいとか、ゲロゲロ吐いてしまうとか、熱が出て動けないとか、腰が痛いとか、体調的なものから、会社でトラブルを起こしてたいへんだとか、○○さんともめているとか、支払が足りないなど、人間関係や金銭的なトラブルの場合もあります。
人間関係

愚痴や不幸話をするときは面白く話す、、、

ガバイセッションや前進ガバイ塾などで、私に起こった不幸な出来事をお客さんに話をよくするんですが、これがまた冷静に聞くと、ブラックな内容だったり、毒舌な内容だったりします。 ですが、お客さんは爆笑して聞いてくださいます。
ノイズ・エゴ・歪み

エゴが高いと人の親切もイヤがらせだと勘違いしてしまうわけだけど、それがなぜか的な話

生きてきた中で、いろんな経験をして、「こうすればうまくいく」とか、「こうなると痛い目に遭う」とか、パターンとして記憶したものがエゴです。 そのときに身体も同時に反応しているんですよね。 ですので、「エゴが上がる」というのは、経験則に頼った状態になるということですね。
ノイズ・エゴ・歪み

同じ事を繰り返すのはなぜか的な話

人それぞれに、クセだったり、性格だったり、得意不得意があり、こういうのを個性というのだと思います。 あなたの個性というのは、あなたがそうなろうとしてなったものではなく、いろんな経験をして、そうなっています。 一番は親の影響が大きく、その次は学校でしょうかね。
ノイズ・エゴ・歪み

「~されたい」という想いを持っている人へ

「お前は俺をバカにするのか!!」と怒る人がいますが、これは「バカにされたくない」と思っているから、相手がバカにしたような言動をしていなくても、自分の主観で相手がそういう態度を取ったように見えたら怒り出すわけですね。 ですので、「~されたい」という想いが強い人は、被害妄想の塊で、実はめちゃくちゃな人だったりします。
ノイズ・エゴ・歪み

おじぎで歪む人が多い&挨拶や礼儀を重んじる人は餓鬼型人間な件

今回、単純動作と呼吸の練習をしようと思って、おじぎするように頭を動かしながら、呼吸をするというのをやろうとしたんです。 別に「おじぎ」をしたかったわけではなく、頭を前後に倒したり起こしたりしながら呼吸をしてもらおうとしたら、結果としておじぎのような動作になったのですが、おじぎの動作で歪むんですよね。
人間関係

3タイプの働く姿勢、、、どの傾向が強い?

お客さんの話を聞いていると、一生懸命に働いている人がほとんどです。 「正確には一生懸命に働いていると思っている人」が正しいかもです。 なお、私は一生懸命に働いているのか聞かれると一生懸命に働いているという自覚はありません。
人間関係

ちょっとしたことの問題解決をするにも生活スタイルごと見直した方が良い場合が多い件

個人事業主として、今の仕事を始めてからは、全てを自分でやる必要があり、自分がうっかり忘れてしまうと誰にもフォローしてもらえず、そのまま漏れてしまう状況になっています。 私はスケジュール管理、やるべきこと管理はしっかりやっていた方だと思っていましたが、個人事業主として仕事を始めたときに、仕事の漏れ、スケジュールミスが多発しました。
ノイズ・エゴ・歪み

エゴの数だけ他人ともめる原因がある。

エゴというのは、その人が「生きてきた中でできあがった経験則」みたいなものです。 例えば、寒いときに服を着れば寒さを防げる経験をした人は、「寒い場合には服を着れば寒さを防げる」という観念ができあがります。 そしたら、寒さを感じたら、服を着ようとします。
ノイズ・エゴ・歪み

イヤなことがあったら、まずは落ち着く、、、です。

私は小さいころ、ジェットコースターが大嫌いでした。 で、中学3年生だったと思うのですが、年上の3姉妹の従姉妹と遊園地に遊びに行くことになり、ジェットコースターに乗ることになりました。 とにかくイヤだったんですが、かっこつけたかったというのと、女性3人にイヤと言わせないテンションで誘われて仕方なく乗りました。
ノイズ・エゴ・歪み

うまくいく人はどんどんうまくいき、そうじゃない人は何やってもうまくいかない

常に良い波動をまき散らしている人(以下、良い人)と常に悪い波動をまき散らしらしている人(以下、悪い人)がいたとします。 良い人は生活しているだけで、その人の周りというのは、波動が整うことになります。 逆に悪い人は生活しているだけで、その人の周りというのは、荒れていくわけです。