人間関係一覧

悩んだり、迷ったら、とりあえず感覚脳!!

感覚脳を使えるようになってくると、感覚が上がって、外の影響を受けやすくなり、歪みやすくなる、つまり不安定なので、こまめに連絡をしてもらうようにしています。 ですから、一部の方にはある段階から細かく連絡をいただくことにしています。

記事を読む

自分の環境に不平不満を持ってる人は自分で環境を悪化させている件

私の以前の部下たちがどう捉えてたかはわかりませんが、私は基本的に部下がミスをしても怒ったり責めるようなことはしませんでした。 部下がミスしたときは、ミスの処理は上司である私か、一緒にやるようにしていました。

記事を読む

安心できない人は「安心する」という経験がないから安心できなかったりする件

最近思うことなんですが、どうも「安心する」とか、「リラックスする」ということ自体がどういうことなのかわかってない人が多いような気がします。 最近もお客さんととあることをしていたら、「くつろぐってこういうことか」、「安心するって初めてかも」など、そういうことを言った人がいました。

記事を読む

ホントに解決を求める質問と不安や心配から来る質問

毎日のようにいろんな方から質問をいただくのですが、「ホントに困ったり、わからないことが有って答えを探している質問」と「不安や心配から来るから質問」があります。 困ったり、わからないことの解決のための質問というのは、質問が具体的で答えやすいです。

記事を読む

起こった問題を第三者のせいにすると問題が繰り返し起こる件

花火というのは、いろんな色を出す(炎色反応)火薬があって、それに火をつけることで、綺麗な色を出して燃えます。 火の色を決めるのは、火ではなく、火薬の方です。 また、火薬が無ければ、そもそも燃えません。

記事を読む

悩みの原因は記念日だったり、季節イベントだったりする件

誕生日というのは、その日を境に年齢が増えるということです。 女性に対して、「老けてるね」なんて言っちゃったら、失礼になります。

記事を読む

現行一致させることが自由に生きるコツでもあったりなかったり、、、

「言行一致」させるということは、自分が言ったことの通りにするということですし、自分の発言に責任を持つということです。 ですから、言行一致させるからには、言う前に、実行できるのか、実行する気があるのか、また実行しないのか、決めてからでないと発言できなくなります。

記事を読む

「決める」ことができないのはなぜか的な話

「やんなきゃいけないとわかってるけどできない」みたいな感じで、頭でわかってんだけど、行動に起こせない場合とか、逆にやんない方が良いとわかってるのに思わずやってしまったり、そういうことが多い人がいると思います。 たぶん、このブログの読者の方はほぼ全員が、「あるある」って思うんじゃないかと思います。

記事を読む

人に好かれたり気に入ってもらうには何をすれば良いか

よく「人に嫌われたくない」とか、「人に好かれたい」とか、また、好きな人がいて、その人に「気に入られたい」と悩んでいる人がいます。 人に好かれるのは実は簡単です。 どうすれば良いか、、、。

記事を読む

場にはエネルギーの流れがあって、その流れの方向を感じ取ることが大切

目には見えないものですが、全ての人が何らかのエネルギーを発しています。 そして、職場をはじめ、家庭、友人関係など、人が集る場には、場のエネルギーの流れみたいなものができあがります。 例えば、テニスをするために集っているグループでしたら、テニスをするためのエネルギーみたいなものが生まれるということです。

記事を読む

良い影響だけ受けるというのはあり得ない。良いも悪いも影響受ける。

能力が上がったり、感覚が上がると、かえって負担がたいへんになります。 能力が上がると、いろんなことをわかって、感じるようになるわけですが、その分、影響を受けやすくなるんですね。

記事を読む

心配や不安を解消したいなら、まずはこれから

「頭では大丈夫だとわかっていても、心配してしまう」感じです。 私の場合、独立したときにある程度のお金を用意はしていたのですが、「まさかこのタイミングで!」というような数十万円単位でお金が飛ぶようなことが重なりまして、半年は大丈夫だろうと思っていたお金が2ヶ月で無くなって、最後はクレジットカードでキャッシングして凌ぐような状態になりましたので、私の心配というのは金銭的なことでした。

記事を読む

やりたいことを叶えようとするより、目の前の問題を解決した方が良い件

日々、いろんなお客さんが来てくださって、いろんな相談をいただきます。 ただ、その相談というのは、「お悩み」的なものは少なくて、下記のような「目の前の問題をどう解決するか」という話が多いです。

記事を読む

非言語情報をどうやってキャッチしながら会話をするのか

私たちは何かをしゃべるときに、頭に伝えたいことが浮かんでいて、その浮かんでいることを言葉として伝えます。 例えば、おいしいお店を友人に説明するときに、頭の中に、料理に関することだけでなく、お店の雰囲気やお客さんなど、その状況が浮かんでます。

記事を読む

時間の流れ(タイムフロー)を感覚脳でとらえられるかどうか

タイムフローという言葉自体は概念ではあるんですが、それを「時間の流れ」として、感覚でとらえるのが大切なんですよね。 感覚でタイムフローがわかるのが大切なんですよ。

記事を読む

なぜ搾取されるのか、そして、どうやったら搾取されずに済むのか

昨日の記事では組織のトップになる人は餓鬼型人間で、搾取が平気な人たちであるかのようなことを書きました。 言っておきたいこととしては、組織のトップに立つような人は餓鬼型人間であることが多いということであり、全てがそういう人たちということではありません。

記事を読む

この社会は搾取型社会だから、平気で搾取できる人が儲かるようになっている

この世の中は停滞した社会となっています。 停滞しているということは循環していないということですが、停滞するということは一部に偏りがあるということです。

記事を読む

感覚が上がってくると最初のうちは精神的なショックを受けてしまうことが多い

感覚脳を使えるようになって、感覚が上がるといろいろと感じるようになります。 「感じる」というのは良いも悪いも感じるんですが、この東京で言えば、良いところはほとんどないので、悪い物ばかり感じて結構疲れます。

記事を読む

私たちは影響を受けて生きている

どんな日人でもそれぞれに影響を受けて生活しています。 影響を受けていないつもりでも、大なり小なり影響を受けます。 そのときに影響力の強い人がいて、そういう人と関わるともろに影響を受けます。

記事を読む

部下がミスしたときは良い関係作りのチャンスですばい!!

基本的に部下は「仕事をやらされている」と思っています。 そして、やらされていると思っているから、ミスをしたときに「あなたが無茶ぶりするから」みたいな感じで、会社や上司のせいにして自分は悪くないと思いたがり、場合によってはミスをごまかします。

記事を読む

忙しくても暇でも今できる仕事は常に1つ(昨日の続き)

私たちは忙しくても、暇でも、自分ができることは常に1つです。 で、「忙しい」と「暇」の違いは何かというと、これからやらないといけないことが「たくさんあるという気分」か、「少ないという気分」かの違いだけです。 ですから、忙しくても暇でも実は大して変わらなくて、認識の問題で感じ方が変わるだけなんですよね。

記事を読む

上司と部下と作業的な仕事と考える仕事と、、、

強く命令するだけだったり、怒鳴ったりすると、次の命令も同じようにそうすることになり、その部下に対してはそういう関係ができあがってしまうんですね。 ですから、怒鳴ってもダメだってわかってて、きつく言う必要がないとわかってるのに、言ってしまって、自分でもそういう性格なのかと思ってしまいました。

記事を読む

人間関係のトラブルについて

世の中にいろんな人がいます。 ですが、悲しいことに世の中には、あなたの思う通りに動いてくれる人なんて1人もいません。 なぜ理想通りの人がいないかというと、そもそもあなたが持つ欲求が常に変化して、その変化に対応できる人なんていないからです。

記事を読む

音や匂いが人の印象を上書きさせることもある件

私は大学時代にいろんな人に告白してもフラれまくってました。 大学時代の友人に久しぶりに会うと、性格が円くなったと言われますし、また、大学生の自分の写真を見ると顔つきが怖いので、たぶん、告白された人は怖かったんだろうなぁと思います。

記事を読む

できない人ほど教えたがるし、教える能力がない人ほど怒鳴って教える

私も20代のときは後輩や部下に怒鳴ってばかりいました。 振り返ってみると、「トラウマになってんだろうなぁ」って申し訳なく思います。 Facebookでその後輩に友達申請して、お詫びに食事にでもと思ったんですが、承認はしてくれましたがメッセージの返事はくれませんでした。

記事を読む

自力で自分の思い込みに気付いて解放することはできるのか?

思い込みだったと気付けるような経験をすれば、気付くのは間違いないと思います。 ただ、思い込みがあるときは、何が思い込みで、何が思い込みではないのかさえ気付いていないので、「よしこれをすれば思い込みに気付けるぞ!」なんてことはないので、何を経験すれば、思い込みに気付けるのかそもそもわかりません。

記事を読む

物事は自分と○○の要因で起こっているので、あなただけが悪いんじゃない

人間関係だったり、職場の問題だったり、いろんな相談をいただくんですが、多くの人が「他人は変えられない」と思って、自分を変えようとして、結果として自分を責めたようになっている人がいます。 自分を変えれば相手が変わることがありますが、実際そうとは言い切れなかったりもします。

記事を読む

「友達」という思考停止ワードを使うのをやめると人間関係の見え方が変わってくる件

私も友達との付き合い方についてはホントに考えてきました。 私の場合、しんどくなって悩むようなことはなかったんですが、ビックリさせられることが多かったので、その度に考えてきました。

記事を読む

人の意見に左右されやすい人はどうすべきかという話

私も人の意見に左右されてしまいそうになることはあるんですが、私の場合、一度受け入れて考えてみて、自分で良しとしたら、言われたとおりにして、違うと思ったらスルーします。 ですので、私は何でも自分で決めて、自分で行動しているように見られ、意志が強い人に見られるようです。

記事を読む

ミスした人を責めると反省よりも隠蔽するようになったりもする件

私たちはミスをしようと思ってミスをするのではなく、うっかり忘れていたり、思いもよらないことが起こって対応できなかったり、不注意でミスをすることがほとんどだと思います。 ミスが発生したあとに、あのときに「あぁすれば良かった」って思ったりしますが、実際は「あぁすれば良かった」と思うようなことはできなくて、ミスは避けられないんじゃないかと思います。

記事を読む