餓鬼型人間・ゾンビ型人間一覧

餓鬼行為を受けて、いちいちブレないためには、、、

餓鬼型人間というのは、相手を弱体化するようなことをして、事を推し進めようとします。 逆に鬼型人間というのは、自分を強くして、事を推し進めようとします。 どちらにしても、優位な状況になって、力で事を推し進めようとするわけで、餓鬼型人間と鬼型人間の見分けが難しいところがあります。

記事を読む

SNSに自分の写真をいつも載せたがる人は老婆心ながら心配になる件

現実逃避に関しては、スピリチュアル系、自己啓発系のセミナーなんてひどいですよね。 私もいろんなセミナー、講演会に行きました。

記事を読む

挨拶や礼儀を重んじることが、他人支配に繋がっている場合がある件

私は中学生の部活は陸上部で、高校生は帰宅部、大学生のときはテニスサークルに入ってました。 中学生までの陸上競技というのは、学年で身体差があるからかわかりませんが、競技が学年ごとに分かれて行われることが多かったため、1年生でも選手として大会に出れました。

記事を読む

リーダーが人型もしくは鬼型もしくは餓鬼型もしくはゾンビ型人間だったら、、、

「オリンピックで優勝する」など、ある意味で単発的な結果を求められる場合は、鬼型人間がリーダーとなった方が結果が出やすいと思います。 ただ、企業経営の場合、継続性が求められます。

記事を読む

部下にするなら、実はゾンビ型人間が扱いやすかったりして、、、

話はそれましたが、上記の分類からすると、自発的に動く社員は人型人間、鬼型人間、餓鬼型人間のどれかとなります。 ですが、実は部下はゾンビ型人間の方が良かったりします。 ってことで、タイプ別に書いていきます。

記事を読む

家族、会社、仲間などの組織が改善するには、まずはリーダー、大黒柱のパワーアップから!

D造です。 ドラクエ11は最後の最後のところで飽きてしまいまして、中断しています。 今はコミックのカイジを読んでます。 ...

記事を読む

親が子どもの経験を奪って、ゾンビ型人間化させる

思ったのは、事情はいろいろあると思うのですが、帰った親子を見て、親が判断するのではなく、まず子どもに遊ばせてみて、子どもに判断させれば良いのにと思いました。 親がダメだと判断するのは、親の観念として、「体が冷えると風邪をひく」という観念があるからじゃないかと思うのですが、実際、寒いだけでは風邪引かないですし、正しい判断とは言い切れないんですよね。

記事を読む

エゴが低い状態になるとエゴが高い情報に違和感を感じるようになる件

エゴが低い状態になると、エゴが高い情報には違和感を感じるようになります。 ですので、私のお客さんはスピリチュアル系ブログで書かれてるような、「いまここ」だとか、悟り体験の話だとか、「ありのままだよ」とか、「全ては愛だよ」などのスピ系キラキラ情報に違和感を感じ取って、デタラメだというのが感覚でわかるようになってる人が多いです。

記事を読む

エゴが高い状態とは何か【餓鬼型人間の体験レポートの続き】

例えば、「寒い」状態になると、「服を着る」というのが一般的反応かと思います。 また、お腹が減ったら、「食べる」ということをしますね。 この「寒いと服を着る」とか「空腹になったら食べる」というのは、実はエゴです。

記事を読む

体験レポート「餓鬼型人間になってみた」

餓鬼型人間になると自分にどんな影響があるのか自分でもわかっていませんでした。 今思えば、かなりリスクの高い実験だと思いました。

記事を読む

人を陥れたり、騙したり、搾取していても、一部で良いことをすれば、その人は良い人と言えるのか?

そのお客さんはある人と契約を結んで、ビジネスをされてるんですね。 で、その契約内容と実態がひどかったんですね。 完全に相手が暴利を貪るような契約内容で、そして、口で「俺を使え!言ってくれればやるよ」なんて言うけど、何もせず、その契約がある以上はいつまでも収入が増えないんです。

記事を読む

餓鬼型人間を応援する人もいる

餓鬼型人間について、2つ書いたんですが、いろんな人から被害体験の話をいただきまして、ホントに皆さんご苦労なさってるんですね。 私も散々な目に遭いましたからよくわかります。 餓鬼型人間は平気で嘘をついて、困ったふりだったり、態度を改めたようなふりをするのがうまいんですよ。

記事を読む

餓鬼型人間の行動パターン

いじめっ子は餓鬼型人間である可能性が高いですよね。 ただ、いじめられっ子にも餓鬼型人間がいます。 ですので、上記の行動を誰に向けたものかを見るのも大切です。

記事を読む

ここにも餓鬼型人間がいたのかっ!!

餓鬼型人間についてをわかりやすく表現したのが、スターウォーズですね。 餓鬼型人間というのは、「他人を陥れてまで、自分が良い形になろう(自分が生き残ろう)と自ら行動する人」という感じでしょうかね。

記事を読む

「自分ができてるかどうかを実感したい」ってどういうことか的な話

「どうやったらできるんですか?」、「どうやったら良いかわからないんです」って質問をよくもらいます。 この質問を「ゾンビ型質問」とか、「正解探し」と言ってます。

記事を読む

なぜ搾取されるのか、そして、どうやったら搾取されずに済むのか

昨日の記事では組織のトップになる人は餓鬼型人間で、搾取が平気な人たちであるかのようなことを書きました。 言っておきたいこととしては、組織のトップに立つような人は餓鬼型人間であることが多いということであり、全てがそういう人たちということではありません。

記事を読む

この社会は搾取型社会だから、平気で搾取できる人が儲かるようになっている

この世の中は停滞した社会となっています。 停滞しているということは循環していないということですが、停滞するということは一部に偏りがあるということです。

記事を読む

感覚が上がってくると最初のうちは精神的なショックを受けてしまうことが多い

感覚脳を使えるようになって、感覚が上がるといろいろと感じるようになります。 「感じる」というのは良いも悪いも感じるんですが、この東京で言えば、良いところはほとんどないので、悪い物ばかり感じて結構疲れます。

記事を読む

子は親の思うように育たず、親のように育つ

世界平和貢献活動の一環で、いろんな公園でリコ様を遊ばせることが多いのですが、地域によって雰囲気がホントに違います。 昨日の公園は子どもが遊ぶ公園としては遊具が充実してて、ホントに良かったんですが、雰囲気がめちゃくちゃ重かったです。

記事を読む

ゾンビ型人間的なやりとり、、、

不安や恐怖などのネガティブ感情に一度囚われてしまうと、その感情から離れられなくなる人が多いです。 ネガティブ感情に囚われてしまうと、全ての人が思考力が極端に下がり、優しく手を差し伸べていたとしても、それが攻撃に見えてしまったり、まともな判断ができなくなります。

記事を読む

鬼から人に切り替え中につき、、、

鬼型人間から人型人間へ切り替えるというのは、パワー重視の行動を極力やめて、思考力を使った行動をするということです。 言葉で言ってしまえば、とても簡単なんですが、実際にやるとなるとたいへんです。 右利きの人が、利き手を変えて、左手を使って生活するようなものです。

記事を読む

ゾンビ型人間の考察記事を書いてはいけないように思えてきた件

3月に入ってから、ゾンビ型人間の考察を日々やっていまして、事例を含めて蓄積ができつつあり、記事に書けそうな感じにはなっているのですが、書こうにも書けないということがわかってきました。 これまで書いていた餓鬼型人間については、私のお客さんの中には多少の傾向がある程度で、ど真ん中のお客さんはいないのですが、ゾンビ型人間は世の中の多くの人がそうで、当然ながら、お客さんの中にはど真ん中の方も多くいます。

記事を読む

「いまここ」という都合の良い言葉を信じて現実逃避する

趣味レベルで何かをするなら形になるまでそんなに時間をかける必要はありませんが、仕事だったり、婚活だったり、人生に関わることは形になるのに時間がかかる傾向があります。 転職にしても、婚活にしても35歳を過ぎると急に難易度が上がります。

記事を読む

餓鬼型人間の考察しているときは自分の肉体も影響受けてたみたい

ホント餓鬼型人間考察をしていたときは、不思議なもので餓鬼型人間がわんさか近寄ってきました。 最近はゾンビ型人間の考察をしようと思ってから、これまでに接触してこなかったようなゾンビ型人間の人との接触が増えてきました。 これも引き寄せの法則が働いたということなんでしょうかね。

記事を読む

行為を正しくしっかりやることがうまくいく秘訣ではない件

先日の記事で私がメダカを飼うことを書きましたが、「メダカを飼い始める」ことと、「治療で叩く」だったり、「遠隔治療をする」ということと、「重心を移動させる」ということなど、もちろんプロセス・手法は違いますが、意識の使い方は実は同じなんですね。 メダカを飼い始めるというのは、メダカを飼っていない状態から、飼っている状態に変えるということです。

記事を読む

トレンドにあやかって「がばい」ではなく「ガバイ」にしてみたんですが、、、

先日、お客さんが言ってたのですが、「呼吸法を教わりたい」と奥さんに相談したら、ネーミングが「前進ガバイ呼吸法」だったので、「ふざけた名前だし、なんだ!D造って!怪しいよ!」って反対されて、押し切るのがたいへんだったそうです。 それを聞いたとき、「前進ガバイ呼吸法」なんてネーミングは、明らかに商売的にはダメだなぁって思いました。

記事を読む

実体験に基づく話の方がわかりやすい件

私はほぼ毎日ブログを更新していまして、できるだけわかりやすく書くということを心がけています。 そのためにできるだけ、皆さんにも起こりそうな自分の実体験を例として取り上げ、それを解説するような書き方をしています。

記事を読む

重心を吊り上げられると感覚脳が使いにくくなる

重心の高さも人それぞれのクセがあって、「地に足がついてない」などと感じる人は、ノドやアゴ辺りに重心があります。 で、重心が胸より上にあると、急に感覚脳が使いにくくなり、思考脳ベースになります。

記事を読む

完璧に餓鬼型人間化してしまったら終了フラグが立ちます

餓鬼型人間を目の敵にしてるようですが、実はそれよりも「完璧な餓鬼型人間になってしまったら終わり」というのを心配して書いています。 恐らく、餓鬼型人間の餓鬼要素が治まるには、資産を失って路頭に迷うような状態になったり、重病になったり、生死を彷徨うような事故に遭ったり、そういうのが無ければ、無理だと思います。

記事を読む

餓鬼型人間がリーダーの組織は焼き畑農業的になりがちで、永続的な組織活動をするなら人型人間がリーダーである方が良い

分類すると、人型人間や鬼型人間が良いかのように思えてきますが、経済的に成功している人は餓鬼型人間であることが多く、人型人間だったり、鬼型人間は経済的に成功しているように見えなかったりします。 ですから、成功者になるというのは、餓鬼型人間になると言っても良いぐらいです。

記事を読む