脳の使い方

脳の使い方

家族、会社、仲間などの組織が改善するには、まずはリーダー、大黒柱のパワーアップから!

D造です。 ドラクエ11は最後の最後のところで飽きてしまいまして、中断しています。 今はコミックのカイジを読んでます。 ※レッスンの名称、説明文をリニューアルいたしました。 当たり前のことです...
脳の使い方

気が滅入るって何か的な話

気力、体力、精神力というのは、相互に作用しあっています。 体調を崩したり(体力の低下)、失敗をして精神的なダメージを受ける(精神力の低下)と、やる気が出なくなったり(気力の低下)します。
脳の使い方

苦手意識はどうやって克服するかという話

多くの人が苦手な人、嫌いなことなど、何かしらの苦手意識を持っているんじゃ無いかと思います。 そして、その苦手意識を抱く人と会社で打合せがあったりすると、打合せの前から「やだなー、やだなー」って考えてると思います。
脳の使い方

この社会は搾取型社会だから、平気で搾取できる人が儲かるようになっている

この世の中は停滞した社会となっています。 停滞しているということは循環していないということですが、停滞するということは一部に偏りがあるということです。
脳の使い方

感覚が上がってくると最初のうちは精神的なショックを受けてしまうことが多い

感覚脳を使えるようになって、感覚が上がるといろいろと感じるようになります。 「感じる」というのは良いも悪いも感じるんですが、この東京で言えば、良いところはほとんどないので、悪い物ばかり感じて結構疲れます。
脳の使い方

不安や心配の対処法を実践するための対処法がないと対処できなくて、対処法の対処法を実践するため対処法が・・・

感覚脳を使えるようになると、自分が思考でグルグル考えてる状態を俯瞰して見ることができるようになってくるというか、不安だったり心配を感じたときに、その感情にいつまでも囚われた状態ではなく、離れることができるんですね。 離れてしまえば、あとは気分転換に散歩したりすれば、気持ちが切り替わるんです。
脳の使い方

言語的な理解はできるんだけど、なんだかわからないってのは何か的な話

私たちは言語のやりとりをしているようで、実は無意識に言語化されてない情報もやりとりしています。 それは五感から得る、視覚情報だったりももちろんあります。
脳の使い方

脳の活性化トレーニングが始められるようになるだけでもかなりの期間がかかるのはなぜかという話

脳の活性化について書くとお問合せがちょいちょい来ます。 脳の活性化のトレーニングについてはレッスンで教えてはいるのですが、ある一定期間を経過しなければ、そもそものトレーニングができませんので、しばらく前進ガバイ呼吸法をやってもらってもらって、やれそうになってきたら教えていってます。
脳の使い方

脳について書き始めて、まだ1年しか経ってないのね、、、

脳については、私の活動仲間の集まりである「ガバイヨカサー」に研究している人がいて、その人に脳活性化トレーニング的なことを私も教わってたので、「教わったことをまとめる感じで、私なりの見解を書いてみましょうか」ってことで書いたんですね。 ニュアンスとしては、「脳の話なんてつまんないだろうし、ゴールデンウィークはアクセス少ないから、ちょうどいいや」と思って、記事を書いたのが最初なんです。
脳の使い方

ブログを書こうとする意志は弱くなったけど、その分、スピードがかなり上がった件

最近、書きたいことが思い浮かびません。 いや、思い浮かばないというか、思い浮かぶんですが、思い浮かんだことを書こうとする意志が弱いという感じが近いかもしれません。 以前はすぐに浮かんで、「ガッ!」と書いていたんですが、今は思い浮かぶんですが、「ガッ!」ってのがなく、書こうとする意志が弱い感じで、ただ書いてる感じです。
脳の使い方

身体の重心位置で何かをするときの余裕感が違う件

私は歩くときに、重心を太ももの辺りに置いて歩いています。 重心を下げて歩くと上半身が自由になり、情報を広くざっくり拾うような感じになります。 ですから、街中で芸能人や知人が歩いていたら、気付くことが多いです。
脳の使い方

3年ぐらい前の過去記事にも感覚脳的な記事を書いていた件

ちょうど1ヶ月ぐらい前に、感覚脳を使ってバランスを取る練習法について記事を書きました。 これをお客さんにもやってもらっていたのですが、この1ヶ月ぐらい真面目にやり続けてくださってるお客さんもいて、そのお客さんたちも、感覚脳を使う感覚がハッキリ掴めてきたようです。
脳の使い方

感覚脳ベースの状態になれば、一喜一憂しにくい生き方ができる

突然、脇腹をくすぐられたら、思わず、体に力が入って丸まったようになるんじゃないかと思います。 この体の丸まりは、条件反射というか、無意識でそうなると思います。
脳の使い方

感覚脳を使ってバランスを取る練習を教えてたら足痛くなってしまった件

ここ最近、感覚脳を使った状態をキープするための練習法を発見しまして、それをお客さんにもやってもらってます。 これも文字で説明すればなんてことない練習法で、片足で立って、片方の足を振ったりするだけなんです。
脳の使い方

成功した!目標達成した!と思った瞬間に使う脳が変わって、それによって餓鬼型人間化する件

これまでの記事の中で、思考脳、感覚脳、パワー脳などという言い方で脳の話をしていますが、実際は思考脳が大脳のことで、パワー脳は脳幹でなどいった感じで、実際に脳のどの部位のことを言ってるかってのはあるんですが、それをイチイチ書いたところで難しくなるだけですので、わかりやすく理解してもらうために、代名詞的にそのように置き換えて説明しています。
脳の使い方

感覚が急激に上がると、、、

「感覚が上がる」ということ自体は本来の状態に戻るということですから、良い事だと思います。 ただ、これまでの社会生活というのは、感覚ではなく、思考、観念をベースとした生活ですので、感覚ベースの生活に変わってしまうと、それまでの生活に違和感を感じてしまい、感覚の変化が激しければそれだけ違和感が大きくなります。
脳の使い方

感覚脳が使えるようになっても弱点を取られると一瞬で使えなくなる件

感覚脳を使えるようになっても、弱点を取られると感覚脳が一瞬で使えなくなります。 私もつい最近、それを体験しました。
脳の使い方

脳が活性化するというのは良いことなんだろうけど、劇的に活性化したらかなりたいへんな件

脳の活性化トレーニングを初めて1年ぐらいになります。 脳が活性化するというのは、感覚がアップするということでもあり、良いことではあるんですが、いろんな反動が来ます。
脳の使い方

成功した後にそれまでと同じ事をしてるのに同じような結果が出なくなるのはなぜか

先日、知人と「人は成功したら、そのあとに同じ事をしてるのに、なぜうまくいかなくなるのか」という話になりました。 私は以前、ベンチャー企業の社長と会うのが仕事で、上場したあとも上昇していく方と上場して転ぶ社長とを見てきました。
脳の使い方

感覚脳を使えるようになるには観念の整理が必要

最近、感覚脳を鍛えるというか、直接的に刺激を加えるというか、スイッチを入れるというか、そのような呼吸法を発見しました。 これについては、文字で説明ができない部分がありまして、ブログでは公開できないのですが、今、順次、お客さんに教えていってます。