脳の使い方

脳の使い方

感覚脳が使えなくなる可能性の高い職業

思考脳を使って日々を生活している人が感覚脳を使う生活に切り替えるというのは、利き目を変えるようなもので、なかなか難しいんです。 利き手なら、自分がどっちの腕を使っているかというのはわかると思いますが、目に関しては、自分がどっちの目をメインに使っているかというのはなかなかわからないと思います。
脳の使い方

望んだモノが得られそうになると不安が襲う症候群

金銭的に余裕がないと感じていたり、職場環境のストレスが大きかったり、人間関係で悩んでいたり、何かしらの不満や心配があったとして、それらを解消したいと思っていたとします。 で、それらの問題を解消するということは、それらの問題を感じている自分から、問題を感じていない自分に変わるということになります。
脳の使い方

身体の不調も観念に原因があることがある

25歳ぐらいのとき、あるお店でカレーライスを食べていたら、背中から槍が刺されたんじゃないかと思えるぐらい、突然激痛が走り、お店の休憩室で寝かしてもらったことがあります。 そして、お店の人に心配されながら、少し休憩させてもらってたら、気にしなければ痛くないことに気付いたんですね。
脳の使い方

子どもと何時間も楽しみながら同じ遊びをするには、、、

一昨日、世界平和貢献活動は、公園3時間、Wii Uを7時間という、ホントにたいへんな活動だったのですが、さすがのリコ様も疲れたようで、昨日はずいぶん昼寝したようです。 で、「パパしつこいから、リコちゃん疲れちゃったよ」と笑顔で言われ、歪みそうになりました(笑)。
脳の使い方

悩んだり、迷ったら、とりあえず感覚脳!!

感覚脳を使えるようになってくると、感覚が上がって、外の影響を受けやすくなり、歪みやすくなる、つまり不安定なので、こまめに連絡をしてもらうようにしています。 ですから、一部の方にはある段階から細かく連絡をいただくことにしています。
脳の使い方

感覚が上がり、やっとそれに慣れたかと思ったら、また感覚が上がって、、、

木曜日に身体のノイズを取る施術を受けまして、そしたら、それから身体の感覚が変わってます。 この施術は私も必要に応じてお客さんにやることもあるんですが、今回は施術がかなり効いたようで、おかげで身体がスムーズで、頭がクリアです。
脳の使い方

思考脳ベースの人が自力で感覚脳を使えるようにはなるのはほぼ不可能な件

まず前提として、思考脳ばかり使っている人が自力で感覚脳を使えるようになるのは不可能です。 感覚脳を使える人に教わる以外に使えるようにはなりません。 スポーツなどを本格的にやってる人は感覚脳を使えていたりするので、そういう人は自力練習はれきるかもしれません。
脳の使い方

私もアディデス瞑想の感謝祭をやろうかな

昨日、ちょっとだけ時間があったので、ネットサーフィンをしていましたら、とあるヒーラー系のブログを見ました。 そしたら、感謝祭とやらで、希望者を募って、集団に対して一斉に遠隔ヒーリングをするような無料イベントやってらっしゃって、その希望者が90人ぐらい集ってて、すごいなぁと思いました。
脳の使い方

家族、会社、仲間などの組織が改善するには、まずはリーダー、大黒柱のパワーアップから!

D造です。 ドラクエ11は最後の最後のところで飽きてしまいまして、中断しています。 今はコミックのカイジを読んでます。 ※レッスンの名称、説明文をリニューアルいたしました。 当たり前のことです...
脳の使い方

気が滅入るって何か的な話

気力、体力、精神力というのは、相互に作用しあっています。 体調を崩したり(体力の低下)、失敗をして精神的なダメージを受ける(精神力の低下)と、やる気が出なくなったり(気力の低下)します。
脳の使い方

苦手意識はどうやって克服するかという話

多くの人が苦手な人、嫌いなことなど、何かしらの苦手意識を持っているんじゃ無いかと思います。 そして、その苦手意識を抱く人と会社で打合せがあったりすると、打合せの前から「やだなー、やだなー」って考えてると思います。
脳の使い方

この社会は搾取型社会だから、平気で搾取できる人が儲かるようになっている

この世の中は停滞した社会となっています。 停滞しているということは循環していないということですが、停滞するということは一部に偏りがあるということです。
脳の使い方

感覚が上がってくると最初のうちは精神的なショックを受けてしまうことが多い

感覚脳を使えるようになって、感覚が上がるといろいろと感じるようになります。 「感じる」というのは良いも悪いも感じるんですが、この東京で言えば、良いところはほとんどないので、悪い物ばかり感じて結構疲れます。
脳の使い方

不安や心配の対処法を実践するための対処法がないと対処できなくて、対処法の対処法を実践するため対処法が・・・

感覚脳を使えるようになると、自分が思考でグルグル考えてる状態を俯瞰して見ることができるようになってくるというか、不安だったり心配を感じたときに、その感情にいつまでも囚われた状態ではなく、離れることができるんですね。 離れてしまえば、あとは気分転換に散歩したりすれば、気持ちが切り替わるんです。
脳の使い方

言語的な理解はできるんだけど、なんだかわからないってのは何か的な話

私たちは言語のやりとりをしているようで、実は無意識に言語化されてない情報もやりとりしています。 それは五感から得る、視覚情報だったりももちろんあります。
脳の使い方

脳の活性化トレーニングが始められるようになるだけでもかなりの期間がかかるのはなぜかという話

脳の活性化について書くとお問合せがちょいちょい来ます。 脳の活性化のトレーニングについてはレッスンで教えてはいるのですが、ある一定期間を経過しなければ、そもそものトレーニングができませんので、しばらく前進ガバイ呼吸法をやってもらってもらって、やれそうになってきたら教えていってます。
脳の使い方

脳について書き始めて、まだ1年しか経ってないのね、、、

脳については、私の活動仲間の集まりである「ガバイヨカサー」に研究している人がいて、その人に脳活性化トレーニング的なことを私も教わってたので、「教わったことをまとめる感じで、私なりの見解を書いてみましょうか」ってことで書いたんですね。 ニュアンスとしては、「脳の話なんてつまんないだろうし、ゴールデンウィークはアクセス少ないから、ちょうどいいや」と思って、記事を書いたのが最初なんです。
脳の使い方

ブログを書こうとする意志は弱くなったけど、その分、スピードがかなり上がった件

最近、書きたいことが思い浮かびません。 いや、思い浮かばないというか、思い浮かぶんですが、思い浮かんだことを書こうとする意志が弱いという感じが近いかもしれません。 以前はすぐに浮かんで、「ガッ!」と書いていたんですが、今は思い浮かぶんですが、「ガッ!」ってのがなく、書こうとする意志が弱い感じで、ただ書いてる感じです。
脳の使い方

身体の重心位置で何かをするときの余裕感が違う件

私は歩くときに、重心を太ももの辺りに置いて歩いています。 重心を下げて歩くと上半身が自由になり、情報を広くざっくり拾うような感じになります。 ですから、街中で芸能人や知人が歩いていたら、気付くことが多いです。
脳の使い方

3年ぐらい前の過去記事にも感覚脳的な記事を書いていた件

ちょうど1ヶ月ぐらい前に、感覚脳を使ってバランスを取る練習法について記事を書きました。 これをお客さんにもやってもらっていたのですが、この1ヶ月ぐらい真面目にやり続けてくださってるお客さんもいて、そのお客さんたちも、感覚脳を使う感覚がハッキリ掴めてきたようです。