脳の使い方一覧

感覚脳を使う練習の流れについて説明してみた件

感覚脳を使いやすい状態ができたら、今度は意図的に感覚脳を使う練習をします。 練習法として、感覚脳を使った状態での腕回しと片足立ちの練習です。 腕回しの練習というのは、脱力した状態でも腕を回されないようにする練習なんですが、通常は、腕を捕まれて腕を回されたとしたら、腕に力を入れて、回されないようにします。

記事を読む

エゴを下げるのが大切。そのためにも観念の整理が大切。

大学受験に関しては、良い大学にいけば就職に有利だからとか、いろんな想いが「合格したい」というエゴに集約されて、頑張るわけです。 エゴで何かやろうとすると心身が歪むわけですが、歪みながらも無理するわけですから、脳が壊れます。

記事を読む

感覚を使った押す練習をなぜするのか説明してみた件

日常生活で感覚押しなんて使わないので、感覚押しができるようになったからってあんまり意味が無いんですね。 ですが、感覚押しの練習をしながら、「感覚を使って動作する」感覚を身につけて欲しくてやっています。 「たかが押す、されど押す」みたいな感じで押すだけでも奥が深いんですよ。

記事を読む

目的のすり替えにご用心!!

こんなやりとりはあなたの回りでもよく起こってると思います。 目的や話がすり替わるんですよね。 「どうやったら良いですか?」と正解を求めるような質問をする人は、ほぼ全ての人が上記のようなことをしています。

記事を読む

ノイズ≒エゴ≒ゆがみ

私たちは言語だったり、行動によって、他人に何かを伝えます。 そして、発信する側の意図と受け取る側の解釈が異なることはよくあります。 発信する側に思い込みや観念があって、そのせいで本心と認識にズレがあったり、さらには行動もズレていることがあります。

記事を読む

エネルギーラインを使って行動できれば身体だけでなくメンタルも安定する

このエネルギーラインは、身体的な言い方をすれば「軸」とか「体幹」という言い方もできるんですが、1本、2本、3本と人それぞれに違います。 私は基本的に3本が当たり前の状態ですが、多くの人がエネルギーラインが全くない状態か、エネルギーラインがあるとしても1本の人が多いように思います。

記事を読む

心身の歪みを戻すには

歪みを戻す」については、「歪んだらとりあえず状態を戻す」という側面と、上記の「歪まないように根本から原因を解決する」という2つがあります。 昨日の記事では、主に後者の「歪まないように根本から原因を解決する」について、身体と思考の歪みグセを改善していかなければ、解決できないと書きました。

記事を読む

感覚脳が使えなくなる可能性の高い職業

思考脳を使って日々を生活している人が感覚脳を使う生活に切り替えるというのは、利き目を変えるようなもので、なかなか難しいんです。 利き手なら、自分がどっちの腕を使っているかというのはわかると思いますが、目に関しては、自分がどっちの目をメインに使っているかというのはなかなかわからないと思います。

記事を読む

望んだモノが得られそうになると不安が襲う症候群

金銭的に余裕がないと感じていたり、職場環境のストレスが大きかったり、人間関係で悩んでいたり、何かしらの不満や心配があったとして、それらを解消したいと思っていたとします。 で、それらの問題を解消するということは、それらの問題を感じている自分から、問題を感じていない自分に変わるということになります。

記事を読む

身体の不調も観念に原因があることがある

25歳ぐらいのとき、あるお店でカレーライスを食べていたら、背中から槍が刺されたんじゃないかと思えるぐらい、突然激痛が走り、お店の休憩室で寝かしてもらったことがあります。 そして、お店の人に心配されながら、少し休憩させてもらってたら、気にしなければ痛くないことに気付いたんですね。

記事を読む

子どもと何時間も楽しみながら同じ遊びをするには、、、

一昨日、世界平和貢献活動は、公園3時間、Wii Uを7時間という、ホントにたいへんな活動だったのですが、さすがのリコ様も疲れたようで、昨日はずいぶん昼寝したようです。 で、「パパしつこいから、リコちゃん疲れちゃったよ」と笑顔で言われ、歪みそうになりました(笑)。

記事を読む

悩んだり、迷ったら、とりあえず感覚脳!!

感覚脳を使えるようになってくると、感覚が上がって、外の影響を受けやすくなり、歪みやすくなる、つまり不安定なので、こまめに連絡をしてもらうようにしています。 ですから、一部の方にはある段階から細かく連絡をいただくことにしています。

記事を読む

感覚が上がり、やっとそれに慣れたかと思ったら、また感覚が上がって、、、

木曜日に身体のノイズを取る施術を受けまして、そしたら、それから身体の感覚が変わってます。 この施術は私も必要に応じてお客さんにやることもあるんですが、今回は施術がかなり効いたようで、おかげで身体がスムーズで、頭がクリアです。

記事を読む

思考脳ベースの人が自力で感覚脳を使えるようにはなるのはほぼ不可能な件

まず前提として、思考脳ばかり使っている人が自力で感覚脳を使えるようになるのは不可能です。 感覚脳を使える人に教わる以外に使えるようにはなりません。 スポーツなどを本格的にやってる人は感覚脳を使えていたりするので、そういう人は自力練習はれきるかもしれません。

記事を読む

私もアディデス瞑想の感謝祭をやろうかな

昨日、ちょっとだけ時間があったので、ネットサーフィンをしていましたら、とあるヒーラー系のブログを見ました。 そしたら、感謝祭とやらで、希望者を募って、集団に対して一斉に遠隔ヒーリングをするような無料イベントやってらっしゃって、その希望者が90人ぐらい集ってて、すごいなぁと思いました。

記事を読む

家族、会社、仲間などの組織が改善するには、まずはリーダー、大黒柱のパワーアップから!

D造です。 ドラクエ11は最後の最後のところで飽きてしまいまして、中断しています。 今はコミックのカイジを読んでます。 ...

記事を読む

気が滅入るって何か的な話

気力、体力、精神力というのは、相互に作用しあっています。 体調を崩したり(体力の低下)、失敗をして精神的なダメージを受ける(精神力の低下)と、やる気が出なくなったり(気力の低下)します。

記事を読む

苦手意識はどうやって克服するかという話

多くの人が苦手な人、嫌いなことなど、何かしらの苦手意識を持っているんじゃ無いかと思います。 そして、その苦手意識を抱く人と会社で打合せがあったりすると、打合せの前から「やだなー、やだなー」って考えてると思います。

記事を読む

この社会は搾取型社会だから、平気で搾取できる人が儲かるようになっている

この世の中は停滞した社会となっています。 停滞しているということは循環していないということですが、停滞するということは一部に偏りがあるということです。

記事を読む

感覚が上がってくると最初のうちは精神的なショックを受けてしまうことが多い

感覚脳を使えるようになって、感覚が上がるといろいろと感じるようになります。 「感じる」というのは良いも悪いも感じるんですが、この東京で言えば、良いところはほとんどないので、悪い物ばかり感じて結構疲れます。

記事を読む