【お知らせ】6月16日(土)に「ただ押す」体験会を開きます。
エネルギーライン(軸)

どんな能力も日常で使えなければ、能力がないのと一緒

ガバイセッション、前進ガバイ塾、ほふく前進ガバイ塾などでは、「ただ押す」の練習をよくやります。 「ただ押す」の練習は、ほふく前進ガバイ塾の場合は治療施術に直接、役に立つのですが、一般の方々が直接役に立つことはほとんどありません。
脳の使い方

感覚が使えるとどんなことでも習得スピードが格段に上がる件

感覚がある人というのは、会話が伝わりやすいです。 感覚があると言語以外にも非言語情報が伝わります。 非言語情報というのは、波動なわけですが、一般的な言い方ではニュアンスとか、行間のことですね。
脳の使い方

感覚脳が使える人かどうかは持ち物を見てもわかる件

ガバイセッションを受けていただく部屋というか、私の職場というか、そこはキレイにしています。 私の場合、毎日掃除しているわけではなく、気になったときに掃除しています。 ですので、1日に数回掃除することもあれば、週に1回のときもあります。
ノイズ・エゴ・歪み

「ただ押す」の先の「そうなるように押す」について

例えば、自動車を運転するときや自転車に乗るとき、ハンドルを動かしたり、アクセルを踏んだり、ペダルを漕いだりします。 そのときの動作というのは、深く考えず、無意識に近い形で、思うように走るようにアクセルを踏んだり、ハンドルを動かしたりしますよね。 そういうときの動作が「ただ押す」だったり、「ただ動かす」です。
ノイズ・エゴ・歪み

「感覚が良い」というのは良いことなの?

感覚が使えると、自分の歪みやノイズがわかるようになります。 ですので、感覚が使える人は、このブログに書いている歪みやノイズ(以下、歪みとまとめます)についての記事を読めば、何を言っているのかわかると思います。
ノイズ・エゴ・歪み

感覚とは何か的な話

感覚とは、有形無形問わず何らかの情報をキャッチして、そのキャッチした情報を適正に処理して認識する能力のことを言っています。 ですので、「感覚が良い」とは、「情報をキャッチする能力(感度)」と、その情報を「正しく処理して認識する情報処理力」の2つの能力が機能しているということです。
ノイズ・エゴ・歪み

心身が歪むとどうなるか的な話

心身が歪むと心身が不調になるわけですが、いろんなマイナス影響が出ます。 筋力、集中力、思考力、判断力、忍耐力、内臓機能など、様々な能力が大幅に下がります。
エネルギーライン(軸)

感じ取る力がなかったり、エネルギーラインが使えないと、日常でどういう感じで困るのか説明してみた件

自分で状態を立て直すにも、自分で考えて判断するにも、感じ取る力と判断の基準が必要になります。 感じ取る力というのは感覚の向上が必要で、判断の基準を作るためにはエネルギーライン(軸)が必要になります。
このブログについて

思考脳、感覚脳、餓鬼型人間、奴隷型人間などの話は私のオリジナルではありません

脳科学に基づいてはいませんが、脳のこの部分は思考脳で、この部分は感覚脳みたいな定義はあります。 でも、そのことはブログには書いていません。
脳の使い方

【お客さんからの質問】思考脳、感覚脳、パワー脳の話は脳科学に基づいてるの?

思考脳、感覚脳、パワー脳は脳科学をもとにした話ではありません!! 科学で研究されている論文やデータなどをもとにした話じゃないです。 ですが、教えていることの再現性は確認しています。
エネルギーライン(軸)

感覚脳、エネルギーライン(軸)を使って動作をするというのはどういう感じかという話

この動画で発勁まがいをやっている人は、整体などの治療の先生たち向けにやっている「ほふく前進ガバイ塾」のお客さんです。 で、この動画の一番の特徴は「お客さんがやっている」ってところですね。
ノイズ・エゴ・歪み

多くの人が「読む」、「聞く」、「話す」でも歪む件

私たちが動作をするときに脳のどの部分を使って動作をするかで、同じ動作でも波動の出方が変わります。 思考脳で動作をするとノイズが生じます。 そして、多くの動作が思考脳を使って動作をすることを身につけてしまっています。
ノイズ・エゴ・歪み

思考脳はわかりたがる!!

何かをしたとき得られる「できた」という実感は、自分がしたことに対しての「できた」という解釈です。 そして、その解釈行為は思考脳の働きです。
脳の使い方

思い込みが強かったり、思考がグルグルするのはなぜかという話

この世の中には1つの視点でしか物事をとらえられない人(以後、1つの視点人)と複数の視点でとらえられる人(以後、複数の視点人)がいます。 やんなきゃいけいないとわかっているけど、どうして良いかわからなくて行動できない人は1つの視点でしか物事をとらえることができないからです。
ノイズ・エゴ・歪み

循環する集まりと停滞する集まりと、、、

循環にもレベルがあって、物質レベルの循環と波動(エネルギー)レベルの循環があります。 「循環」というととても難しく感じるかもしれませんが、「その場が盛り上がるように行動する」とか、「その場にいる人や物、場がスムーズになるように行動をする」という感じです。
脳の使い方

感覚脳を使う練習の流れについて説明してみた件

感覚脳を使いやすい状態ができたら、今度は意図的に感覚脳を使う練習をします。 練習法として、感覚脳を使った状態での腕回しと片足立ちの練習です。 腕回しの練習というのは、脱力した状態でも腕を回されないようにする練習なんですが、通常は、腕を捕まれて腕を回されたとしたら、腕に力を入れて、回されないようにします。
ノイズ・エゴ・歪み

エゴを下げるのが大切。そのためにも観念の整理が大切。

大学受験に関しては、良い大学にいけば就職に有利だからとか、いろんな想いが「合格したい」というエゴに集約されて、頑張るわけです。 エゴで何かやろうとすると心身が歪むわけですが、歪みながらも無理するわけですから、脳が壊れます。
ノイズ・エゴ・歪み

感覚を使った押す練習をなぜするのか説明してみた件

日常生活で感覚押しなんて使わないので、感覚押しができるようになったからってあんまり意味が無いんですね。 ですが、感覚押しの練習をしながら、「感覚を使って動作する」感覚を身につけて欲しくてやっています。 「たかが押す、されど押す」みたいな感じで押すだけでも奥が深いんですよ。
脳の使い方

目的のすり替えにご用心!!

こんなやりとりはあなたの回りでもよく起こってると思います。 目的や話がすり替わるんですよね。 「どうやったら良いですか?」と正解を求めるような質問をする人は、ほぼ全ての人が上記のようなことをしています。
このブログについて

ノイズ≒エゴ≒ゆがみ

私たちは言語だったり、行動によって、他人に何かを伝えます。 そして、発信する側の意図と受け取る側の解釈が異なることはよくあります。 発信する側に思い込みや観念があって、そのせいで本心と認識にズレがあったり、さらには行動もズレていることがあります。