思い込み一覧

身体の不調も観念に原因があることがある

25歳ぐらいのとき、あるお店でカレーライスを食べていたら、背中から槍が刺されたんじゃないかと思えるぐらい、突然激痛が走り、お店の休憩室で寝かしてもらったことがあります。 そして、お店の人に心配されながら、少し休憩させてもらってたら、気にしなければ痛くないことに気付いたんですね。

記事を読む

誉めれば良い、瞑想すれば良い、これを摂取すれば良いと決めつけると歪む件

歪みというのはホントに人それぞれです。 例えば、世間では誉めることが良いように言われてますが、これも誉められると歪んでしまう人がいますから、誉めることが良いとは限らないんですよ。 「良いじゃないですか!」とか、「調子良さそうですね」って言うだけで、歪んで調子を崩す人もいます。

記事を読む

選挙ムードたいへん!!ムードの影響を受けた人がムードをさらに作る件

強く影響を受けてしまった人は、その影響に縛られた行動をしてしまいます。 ディズニーランドに行って、強く影響を受ける人、つまり興奮したようになる人は、買い物をしてしまったり、お金を使ってしまい、選挙のガーガームードに影響を受ける人はFacebookでやたらとそういった発言をしてしまったりするわけです。

記事を読む

迷わず、強く生きるには、、、

「他人の影響を受けるのがイヤだ」とか、「思うように生きられない」と言ったことで悩む人が多いと思います。 また、「他人の目が気になる」というのも、同じようなものかもしれません。

記事を読む

高学歴、エリートなど社会的にできる人ほど自分の枠を出れない件

どんな人でも自分の枠みたいなものを持っています。 この枠というのは、自分の知識、経験、能力などによって自分が認識している範囲みたいなものです。

記事を読む

「人の話を聞く」というのはどういうことかを説明してみた

私たちは会話をしながら相手と意思疎通をしています。 話す側は頭の中に言いたいことのビジュアルだとか、イメージがあります。 話をするときに、そのイメージを相手にそのまま見せられると良いのですが、それができないためにイメージを何とか言語化して伝えることをしています。

記事を読む

エゴが低い状態になるとエゴが高い情報に違和感を感じるようになる件

エゴが低い状態になると、エゴが高い情報には違和感を感じるようになります。 ですので、私のお客さんはスピリチュアル系ブログで書かれてるような、「いまここ」だとか、悟り体験の話だとか、「ありのままだよ」とか、「全ては愛だよ」などのスピ系キラキラ情報に違和感を感じ取って、デタラメだというのが感覚でわかるようになってる人が多いです。

記事を読む

エゴが高い状態とは何か【餓鬼型人間の体験レポートの続き】

例えば、「寒い」状態になると、「服を着る」というのが一般的反応かと思います。 また、お腹が減ったら、「食べる」ということをしますね。 この「寒いと服を着る」とか「空腹になったら食べる」というのは、実はエゴです。

記事を読む

できる人とできない人の差は何か的な話

この世の中には、仕事だったり、日常的なことで、「できる人」と「できない人」というか、能力というのかわかりませんが、より結果を出せる人と出せない人みたいな感じで、差があります。 で、できない人の視点からできる人を見ると、才能があるように見えて、場合によっては、スーパーマンのように見え、逆に、自分には才能がない気がして、劣ってるかのように感じている人が多いように思います。

記事を読む

やったことがないことなのに自分のやり方でやろうとするクセ

私はなぜかわかりませんが、基本的にどんなことでも素直に受け入れる方です。 ですから、父親が私たちを育てるときに、水風呂だったことや野球やらされたり、走る練習やらされたことは素直に受け入れてました。

記事を読む

マインドセットや思い込みを変えると金持ちになるのか?

自己啓発やスピリチュアル関係で金運アップだとか、年収アップのセミナーがあって、そこでは大体が、マインドセット、つまり観念、思い込み中にお金を制限するような思い込みがあるのが原因でお金がないんだということで、そのマインドセットを変えるセミナーが行われたりしています。 私も以前、そういったセミナーに参加したことがありまして、私のマインドセットには3億円の年収がセットされてると判定を受けたことがあります。

記事を読む

「自分ができてるかどうかを実感したい」ってどういうことか的な話

「どうやったらできるんですか?」、「どうやったら良いかわからないんです」って質問をよくもらいます。 この質問を「ゾンビ型質問」とか、「正解探し」と言ってます。

記事を読む

心身の歪みとは何か的な話

歪んだ感じというのはどういう感じかというと、ホントにいろいろあります。 例えば、女性であれば、「あなた、おばさんだね」とか「あなたの顔は変だよ」なんて言われると、イラッとしたり、悲しくなったり、不快感があると思います。

記事を読む

会社に対する不平不満や愚痴はこうすれば大概解決するって話

自分だけが一生懸命働いていて、他人は働いていないと思ってたり、自分だけが苦労して、他は苦労していないと思ってる人が多いです。 それはパワーハラスメントなど、そういったストレスをあなただけが受けているという例は別にして、自分が仕事をしんどく感じていて、そのしんどさを感じている目から他人を見ると、楽そうに仕事をしているように見えて、勘違いしているだけだったりします。

記事を読む

弁慶の泣き所を叩けば弁慶はもちろんだけど誰だって泣くよ!的な話

よく勘違いされるんですが、私がどんなことも強気にガンガン推し進めて、精神的に落ち込まないように取られるんですけど、しょっちゅう落ち込んだり、ぼやきたくなったり、途方に暮れてますよ。 確かに、普通の人が凹むようなことでは凹まないし、凹んでる時間も短いんですが、その分、ドカンとでかいことをしてしまうから、辛いときは辛いんです。

記事を読む

肉体的反応の束縛について(スピ的な悟りとは何か的な話の続き)

私は独立する前に、開業後、収入がなくても6ヶ月ぐらいは生活できるぐらいのお金を用意して辞めました。 というか、前職の会社の株式だったり、他にも知人の会社に出資していたので、それらの会社の株式を買い取ってもらうことも当てにしての話でした。

記事を読む

スピリチュアル界隈で言われるところの悟りとは何か的な話

「常識」という言い方が良いかわかりませんが、私たちは無意識のうちに常識的な「こうあるべき」みたいなものに縛られて生きています。 この世の中はお金がないと生活できませんから、そういう観点から見て、お金に縛られて生きています。

記事を読む

どう答えたら良いか答え方に困る質問

私のレッスンを受けに来る方というのは、何か問題を抱えてる方がいらっしゃるわけです。 何も問題が無ければ、ブログを読もうともしませんからね。 ですから、どこかに必ず不調があるわけで、不調なところ、悪いところがあって当然なんですよね。

記事を読む

自力で自分の思い込みに気付いて解放することはできるのか?

思い込みだったと気付けるような経験をすれば、気付くのは間違いないと思います。 ただ、思い込みがあるときは、何が思い込みで、何が思い込みではないのかさえ気付いていないので、「よしこれをすれば思い込みに気付けるぞ!」なんてことはないので、何を経験すれば、思い込みに気付けるのかそもそもわかりません。

記事を読む

過信してる人に「自分が過信している」という自覚はない件

「自分には可能性がある」とか、「自分には実は実力がある」と期待しているからなのかわかりませんが、すぐに過信してしまう人が多いです。 この「過信」というのは、過信しようと思って過信するわけではなく、「自分はできる」とか、「俺サイコー!」みたいな強い確信が過信を生むように思います。

記事を読む

多くの人が聞くや考えるができていないし、できてないことに気付いていない、、、、

人の話を聞くときに、ほぼ全員の人が話を聞きながら、自分が知ってること(過去の経験)と照会するように話を聞きます。 また、何かを考えるときに、自分が知ってることの中から合致することを検索するようなことをします。

記事を読む

年配者には敬意ではなくホニャララを!!

私たちは生きていくことで、いろんな体験をしますが、そのときに物事の事実と真実を見る目と理解するための思考力がなければ、自分の思い込みで物事を解釈することになります。 自分の思い込みで解釈をして、それが曲がった観念となって積み上がります。

記事を読む

イメージしたり、意図的に意識したりするのは、どういう時に有効か

よく成功の法則系だったり、ヒーリングなどで、「○○をイメージしてください」って言ったりします。 体験したことがないことをイメージしたとしても、結局、上記の「ごどうふを食べる」のと一緒で、イメージしているそれが正しいかどうかわからないですから、イメージできないんですよ。

記事を読む

お金のメンタルブロックを外しても収入が増えるわけではないとハッキリと思う件

企業勤めの場合、歩合制なら別ですが、一生懸命働いても、それがダイレクトに反映されて、給料が減ったり増えたりするわけではありません。 ですから、自分が働くことと収入が結びつきにくく、「収入を得る」というのがどういうことなのか、その実感が湧きにくいです。

記事を読む

自分の長所を見つけるにはどうすれば良いか

自分には「長所が無くて、短所が多い」と思っている人がいますが、それは他人にできてないことを指摘されて、傷ついたり、ショックを受けて、「短所」だと思い込み、また、誉められたときには、「なんでこんな当たり前のことで誉められるんだろう」と思ってるだけで、それは私が上記で書いた「人にそう言われることが多いので、そう思っている」というのを、都合が悪い指摘を受けた部分だけをそう思っているだけです。

記事を読む

軸がない状態で横揺れエネルギーを浴びると感情に呑込まれてしまいがちな件

「素敵な友人とホニャララ」とか、「大好き○○ちゃんとホニャララ」みたいな感情的な表現でFacebookに投稿している人がいますが、そういうのを見ると、キラキラしている感じがしませんか? そのキラキラ感が横揺れのエネルギーで、感情を使うと生まれやすいエネルギーです。

記事を読む

視点一つで好きなこともイヤになり、イヤなことも楽しくなる

昨日は小田原の早川というところにある魚市場の市場食堂で食事をしました。 ここは小田原に住む友人のオススメで、魚がとにかくおいしいと聞いて行きました。 今、思えば、お店の外観も写真を撮っておけば良かったのですが、13時過ぎに行ったのに、1時間ぐらい待たされるほどの行列ができてました。

記事を読む

有って当たり前か無くて当たり前か

この世の中には「無くて当たり前という意識状態」で生きる人と「有って当たり前という意識状態」で生きる人がいます。 「有って当たり前という意識状態」で生きる人は、「有る」のが当然だと思っていますから、失う怖さを感じて、不安を抱くことになり、不安感がある人は「有って当たり前という意識状態」だと思ってもらって間違いないと思います。

記事を読む

気をつけようとして気をつけられる?気をつけるにはどうすれば良いか、、、

仕事でちょっとした不注意でミスをして、それを注意されたときに、「次から同様のミスをしないように気をつけます」なんて言ったりすることがあると思います。 私のレッスンでも、いろいろ話をして、最終的に「意識してみます」とか、「気をつけてみます」という話で終わることがあります。

記事を読む

楽しいことをすることが本当に正しいのか??

楽しいことをすることは良いことだと思います。 だけど、楽しいかどうかは感じた人の好みによって決まるものだし、体調が良いときと、最悪のときで感じ方は変わるわけですし、やる前は楽しくなかったのに、やってみたら意外と楽しかったり、また、その逆もあったりします。

記事を読む