思い込み一覧

思考脳はわかりたがる!!

何かをしたとき得られる「できた」という実感は、自分がしたことに対しての「できた」という解釈です。 そして、その解釈行為は思考脳の働きです。

記事を読む

「自分を変える」ということは、、、

例えば、何かの問題を抱えていて、その問題を解決したいとします。 で、現状というのは、過去の自分が取ってきた行動の積み重ねの結果です。 となると、「問題を抱えている」ということは、それが自分以外に問題があるように感じていたとしても、自分の過去の行動の積み重ねによって起こったということになります。

記事を読む

意識そのものがズレてると、、、

「胸を意識する」とか、「肺に空気が入ることを意識して息を吸う」とか、「意識する」という言葉を使うことがありますが、「意識する」って何かを考えたことがありますか? 「胸を意識する」って言うと、多くの人が目で胸を見るようにするんじゃないかと思います。

記事を読む

思い込みが強かったり、思考がグルグルするのはなぜかという話

この世の中には1つの視点でしか物事をとらえられない人(以後、1つの視点人)と複数の視点でとらえられる人(以後、複数の視点人)がいます。 やんなきゃいけいないとわかっているけど、どうして良いかわからなくて行動できない人は1つの視点でしか物事をとらえることができないからです。

記事を読む

「批判は良くない!!」ってホント??

ブログだけでなく、ガバイセッションでもかなり口が悪いです。 記事にも書きましたが、私の口の悪さはずっと昔からです。 一部の人に人気の大先生シリーズなんてゲスの極みみたいなものですね。

記事を読む

何も責められてないのに責められてるような気分になって「私は悪くない」と言いたくなってしまう件

過去にイジメを経験したり、親に怒鳴られて育ったような人は被害者意識が強くなり、その被害者意識から何か問題が起こると自分が責められると思って、「私は悪くない」と言いたがります。 被害者意識が強い状態になると、相手は責めていなくても責められているような気分になります。

記事を読む

食べ物は好き嫌いなく食べたり、残さず食べるべきなのかどうか

そもそも「好き嫌い無く食べる」とか、「残さず食べる」というのは、なぜそうしないといけないんでしょうか。 子育てをする上で、ずいぶん考えたことがあるのですが、よくわからないんですね。

記事を読む

改善策までがセットになっていない指摘は気にしなくて良いと思う件

恐らく、そう言った人から教わってもしょうがないと思ってのことなんだとは思いますが、そうであれば、そういう人のアドバイスごと無視しても良いと思います。 無視できないんでしたら、なぜそう言い切れるのか、しっかりと確認して、理解するところまでやるべきです。 大体からして、「どうやったら改善できるか」という改善法までがセットになっていないアドバイスというのは、無責任な発言です。

記事を読む

目的のすり替えにご用心!!

こんなやりとりはあなたの回りでもよく起こってると思います。 目的や話がすり替わるんですよね。 「どうやったら良いですか?」と正解を求めるような質問をする人は、ほぼ全ての人が上記のようなことをしています。

記事を読む

ノイズ≒エゴ≒ゆがみ

私たちは言語だったり、行動によって、他人に何かを伝えます。 そして、発信する側の意図と受け取る側の解釈が異なることはよくあります。 発信する側に思い込みや観念があって、そのせいで本心と認識にズレがあったり、さらには行動もズレていることがあります。

記事を読む

日頃のクセは考え方を変えるだけで無く、身体のクセも抜かないとなかなか変えられない

お客さんの話を聞いただけでは、ごちゃごちゃしてたり、抽象的だったりで、どんな状況なのかよくわからないときがあります。 例えば、「上司に声をかけられると不快感を感じるんだけど、どうしたら良いか?」という相談だった場合、「不快感を感じる」にもいろんな不快感があって、言葉だけではどういう不快感なのかわからなかったりします。

記事を読む

ポジティブシンキングなど精神的なテクニックばかりやってるとかえって危険なんじゃないかと、、、

この心身の歪みというのは、私たちの過去の経験が原因で起こります。 例えば、小さい頃に親に「これを食べなかったら、明日からご飯を作ってあげないからね」と脅されたとします。 そうすると恐怖を感じて、緊張してしまい、繰り返し経験すると緊張がクセとなります。

記事を読む

自分が発した思わぬ一言で相手がキレられたりする原因は、、、

人と会話をしていると、ちょっとした一言で相手が歪んでしまう場合がいます。 以前にもブログでは書いていますが、歪んでしまうと、身体能力や思考力が極端に下がり、そして、エゴも上がるため、ひどい場合は一瞬にして冷静さを失い、混乱したようになる場合があります。

記事を読む

身体の不調も観念に原因があることがある

25歳ぐらいのとき、あるお店でカレーライスを食べていたら、背中から槍が刺されたんじゃないかと思えるぐらい、突然激痛が走り、お店の休憩室で寝かしてもらったことがあります。 そして、お店の人に心配されながら、少し休憩させてもらってたら、気にしなければ痛くないことに気付いたんですね。

記事を読む

誉めれば良い、瞑想すれば良い、これを摂取すれば良いと決めつけると歪む件

歪みというのはホントに人それぞれです。 例えば、世間では誉めることが良いように言われてますが、これも誉められると歪んでしまう人がいますから、誉めることが良いとは限らないんですよ。 「良いじゃないですか!」とか、「調子良さそうですね」って言うだけで、歪んで調子を崩す人もいます。

記事を読む

選挙ムードたいへん!!ムードの影響を受けた人がムードをさらに作る件

強く影響を受けてしまった人は、その影響に縛られた行動をしてしまいます。 ディズニーランドに行って、強く影響を受ける人、つまり興奮したようになる人は、買い物をしてしまったり、お金を使ってしまい、選挙のガーガームードに影響を受ける人はFacebookでやたらとそういった発言をしてしまったりするわけです。

記事を読む

迷わず、強く生きるには、、、

「他人の影響を受けるのがイヤだ」とか、「思うように生きられない」と言ったことで悩む人が多いと思います。 また、「他人の目が気になる」というのも、同じようなものかもしれません。

記事を読む

高学歴、エリートなど社会的にできる人ほど自分の枠を出れない件

どんな人でも自分の枠みたいなものを持っています。 この枠というのは、自分の知識、経験、能力などによって自分が認識している範囲みたいなものです。

記事を読む

「人の話を聞く」というのはどういうことかを説明してみた

私たちは会話をしながら相手と意思疎通をしています。 話す側は頭の中に言いたいことのビジュアルだとか、イメージがあります。 話をするときに、そのイメージを相手にそのまま見せられると良いのですが、それができないためにイメージを何とか言語化して伝えることをしています。

記事を読む

エゴが低い状態になるとエゴが高い情報に違和感を感じるようになる件

エゴが低い状態になると、エゴが高い情報には違和感を感じるようになります。 ですので、私のお客さんはスピリチュアル系ブログで書かれてるような、「いまここ」だとか、悟り体験の話だとか、「ありのままだよ」とか、「全ては愛だよ」などのスピ系キラキラ情報に違和感を感じ取って、デタラメだというのが感覚でわかるようになってる人が多いです。

記事を読む