ノイズ・エゴ・歪み

ノイズ・エゴ・歪み

問題や悩みを抱えている人は、まずはこれから、、、

心身が歪んだ状態で言動を行うと、歪んだ行動をすることになります。 また、心身が歪むとエネルギーライン(軸)のキープが難しくなります。 この歪んだ行動をエゴのある行動とも言えます。
ノイズ・エゴ・歪み

同じようなミス、間違いを繰り返してしまう人とそうじゃない人について

エゴが高い人の特徴は、「自分はできている」、「自分は正しい」、「自分はかわいそう」などと思う傾向があります。 かと言って、「自分はダメなヤツだ」、「自分は間違いが多い」みたいな感じで、自己否定している人もエゴが高いです。 何より、こういうことを書くと、「あー、そういう人いるよね」って、自分ではなく、他人のことを振り返る人もエゴが高いです。
ノイズ・エゴ・歪み

気力を上げるとか、意志力を上げるとか、精神を鍛えるとか、そういうことをしてもあまり意味が無いと思う件

例えば、お金に関しては、いろんな観念があります。 「お金は大切にしなければいけない」とか、「お金は一生懸命稼がなければ手に入らない」とか、「金儲けは汚いことだ」とか、あと「お金が無ければ生活できなくなる」というのが一番ではないでしょうか。
ノイズ・エゴ・歪み

「自分の状態を整える」について

「自分の状態を戻す」というのは結構難しいです。 例えば、「オーガニック食品とマクドナルドのハンバーガーとどっちが身体に良いか?」と質問すると、大概の人が「オーガニック食品」と回答しますよね。
ノイズ・エゴ・歪み

後悔しない選択をするには、、、

私たちは五感によって何かの刺激を感じて、そして、その感じた刺激を解釈しています。 例えば、何かを食べれば「おいしかった」とか、「まずかった」と解釈し、水を触れば「冷たい」とか「気持ち良い」と解釈しています。
ノイズ・エゴ・歪み

「油断大敵」と言うけれど、なぜ油断してしまうのか的な話

自動車の運転で、事故を起こしにくい人というのは、「事故を起こすかもしれない」と思って気をつけて運転する人です。 「俺は事故をしない」とか、「俺は運転がうまい」なんて言っている人は油断して、気をつけなくなり、不注意で事故を起こしたりします。
ノイズ・エゴ・歪み

「目が悪いのは良くない」という観念から開放されると楽な件

現在、私はメガネを2つ使い分けています。 1つは主にPC用で、もう1つがそれ以外という形にしています。 で、必要が無いときは、メガネをかけず、裸眼でいます。
ノイズ・エゴ・歪み

ちょっとしたことでも自分を変えることができないのはなぜか的な話

「○○するにはどうすれば良いですか?」とか、「××すると良いですか?」的な質問を良く頂きます。 実はこれは答えようがないです。 他の例に置き換えてみるとわかりやすいのですが、「料理の腕」に置き換えてみます。
ノイズ・エゴ・歪み

「自分を知る」とは何か的な話

私は「態度がでかい」と言われますが、自分の何がそう見せているのかがわかりません。 ただ、一つハッキリしているのは、目上だろうが、子どもだろうが、態度は変えないということです。
ノイズ・エゴ・歪み

時々、いろんなことに詳しい人がいるけど、どうやったらそうなるか的な話

私は自分で言うのもなんですが、結構、いろんなことを知っています。 ですので、お客さんのどんな話も大概ついていけますし、私の方が詳しいことも多いです。 もちろん全く知らないこともあります、、、。
ノイズ・エゴ・歪み

働き過ぎて体調を崩すのはなぜかを考えてみた

私はほぼ毎日、朝6時に出勤して、職場を出るのが22時過ぎです。 ですので、16時間労働となります。 で、私は週休1日ですので、残業時間で考えると月間200時間になるんじゃないかと思います。
ノイズ・エゴ・歪み

人間関係のトラブルは大概が○○が原因って話

「失敗したくない」、「失敗するのはダメなことだ」という観念を持っていたり、また被害者意識が強い人は、無意識に人のせいにするクセがあって、「私は悪くない」という態度を取って、人のせいにしようとします。 2人しかいない状況の中で、「私は悪くない」と考えるというこことは、「あなたが悪い」と考えているようなものです。
ノイズ・エゴ・歪み

「お金を大切にする」について考える

以前、お金を切手を集めるようにアルバムに収めて、コレクションしている人を見たことがあります。 やぶれていたり、お金に文字が書かれていたり、そういうのをアルバムに収めてらっしゃいました。 その人は「お金のシワや汚れを見ていると、いろんな人の人生に触れているようで楽しい」と言っていました。
ノイズ・エゴ・歪み

日常で感覚を使った生活に切り替える作業というのはこういう感じって話

まず感覚が使えない人は日常の全ての動作が雑で、歪み波動を出しながら動作しています。 ガバイセッションの中でもときどき動作の歪みチェックをするんですが、ほぼ全ての人が立ったり座ったりなどの単純動作でも歪んでいますし、「あいうえお」の発声でも歪んでいます。
ノイズ・エゴ・歪み

「身体に溜まったノイズの抜き方」的な話

私たちは日常を過ごしているだけでいろんな影響を受けています。 受けている影響には良い影響も悪い影響もあるのですが、悪い影響を「ノイズ」という言い方をしています。
ノイズ・エゴ・歪み

「空間、環境の整え方」的な話

例えば、何かの勉強をしようとする場合、騒がしいところと静かなところでは集中のしやすさが違います。 また、落ちついた雰囲気のお店と忙しいお店では、料理の味の感じ方も変わってきます。
ノイズ・エゴ・歪み

「ただ押す」の先の「そうなるように押す」について

例えば、自動車を運転するときや自転車に乗るとき、ハンドルを動かしたり、アクセルを踏んだり、ペダルを漕いだりします。 そのときの動作というのは、深く考えず、無意識に近い形で、思うように走るようにアクセルを踏んだり、ハンドルを動かしたりしますよね。 そういうときの動作が「ただ押す」だったり、「ただ動かす」です。
ノイズ・エゴ・歪み

病気、不調で思考停止しないために日頃心がけた方が良いこと

病気や不調には病名が付いていることが多いです。 風邪、インフルエンザ、四十肩、ぎっくり腰などなど、、、。 病名を付けることで、固定化されるというか、「あなたはインフルエンザです」と言われると、「私はインフルエンザです」となって、他の可能性を考えなくなります。
ノイズ・エゴ・歪み

疲れるのはホントに良くないのか?的な話

レベルの低い論外な話ですね。 「私は治療の腕が悪く、仕事する気がありません」と言っているようにしか聞こえません。 この風潮はスピリチュアル界隈でもありますね。
ノイズ・エゴ・歪み

コミュニケーションがスムーズにいかないのはなぜか的な話

例えば、腰が痛い人の状態をコピーすると、自分の腰が痛くなったり重くなったりします。 で、そのときに腰の痛みが肩から来ていたら、コピーした瞬間に、肩からズドーンと重くなったりします。