丹田が身体に与える影響がわかるテストのやり方を書いてみた

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

東京は雨ですね。

これで桜が散ってしまうかもしれませんね。

今年はほとんど桜を見ませんでした、、、。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

丹田が身体に与える影響がわかるテストのやり方 

へそ下5cmぐらいのところに丹田というのがあります。

この丹田というのは、気功の言葉でして、正式には下丹田、臍下丹田と呼ばれているんですが、日本では丹田と言えば、へそ下の場所にある下丹田のことをそう言っています。

この丹田というのは、人のパワー、エネルギー、胆力のようなものを生み出すもので、エンジンみたいなものです。

ですので、物事を成し遂げる人、活躍するスポーツ選手などは、この丹田が強く、逆に、メンタルが弱ってる人、体調が悪い人は、丹田が弱くなっています。

これからは「丹田からハートの時代に変わる!」なんてことを言っている人がいますが、私はそうは思いません。

これからは「バレンタインデーの時代が終わってハロウィーンの時代だ!」なんてことを言う感じで、キャッチーで、そっちの方が商業的に良いから言ってるんじゃ無いかと私は思います。

100歩引いて考えれば、「パワーで押し切るような勝ち負けの時代が終わって、愛だとか和を重んじるような調和の時代に変わる!」というのを、キャッチーな言い方をするために、「丹田からハートの時代に変わる」と言ってるんだろうとは思います。

丹田と性格や思考は関係ありませんからね。

私には「胃から肺の時代に変わる!」なんてことを言ってるようにしか聞こえませんので、意味が分かりません。

ということで今日は丹田がいかに大切か、ちょっとだけわかるテスト法を書きます。

残念ながら、2人でやっていただくテストになります。

2人をAとBという書き方で説明していきます。

そのうち今日のテストは動画でやろうと思っていたます。

準備

  • Aさんは肩幅に足を開いて直立する
  • BさんはAさんの右側に立つ

練習テスト

  1. BさんがAさんの肩を手で押す。
  2. Aさんは倒れないように力んで踏ん張る。

この時点で踏ん張れない場合、恐らく「踏ん張るということが何なのかわからない」という感じで、踏ん張れないと思います。

その場合、Aさんは丹田が弱っていて、自律神経がおかしくなっている可能性があります。

もし踏ん張れないんでしたら、前進ガバイ呼吸法をやってみてください。

前進ガバイ呼吸法をやっても踏ん張れない場合は、ストレスにさらされるような生活を送ってらっしゃるんだと思いますので、仕事の仕方などを見直されることをオススメします。

ということで、本テストです。

テスト1

  1. Aさんが心の中で「イヤだ、イヤだ」と唱え続けてください。
  2. BさんがAさんの肩を手で押す。このとき、Aさんは「イヤだ」を唱え続けてください。
  3. Aさんは倒れないように力んで踏ん張る。

テスト2

  1. Aさんが心の中で「大丈夫、大丈夫」と唱え続けてください。
  2. BさんがAさんの肩を手で押す。このとき、Aさんは「大丈夫」を唱え続けてください。
  3. Aさんは倒れないように力んで踏ん張る。

テスト3

  1. Aさんが左手でへそ下5cmぐらいの場所(丹田のある場所)を左の手の平で覆うように軽く押さえてください。
  2. BさんがAさんの肩を手で押す。このとき、Aさんは左手でへそ下を軽く押さえ続けて続けてください。
  3. Aさんは倒れないように力んで踏ん張る。

ホタルイカ丼とそばのセット!ホタルイカの醤油漬なんですが、激うまでした!これで800円ぐらいなんでお得ですよね。

ホタルイカ丼とそばのセット!ホタルイカの醤油漬なんですが、激うまでした!これで800円ぐらいなんでお得ですよね。

このテストでわかること

テスト1と3では、力が入らないと思います。

上記にも書きましたが、力が入らないというか、「踏ん張り方」がわからない感じで踏ん張れないと思います。

テスト2では、力が入りやすいと思います。

テスト1と2では、精神、言葉が身体に与える影響がわかります。

「イヤだ」と思っていなくても、そう唱えるだけで、踏ん張れなくなります。

テスト3では丹田を押さえることで丹田を使いにくい状態を作っていまして、これで丹田が使えないと踏ん張れないというのがわかると思います。

ちなみに、男性の着物の帯はちょうど丹田の位置に絞めることになっています。

それはハチマキと一緒で、男として力強くあるためにその位置なんでしょうね。

結局、テスト1と3の状態になると踏ん張れないんですから、つまり、

「イヤだ」と思う⇒丹田を使えない状態と同じ

丹田が使えてない状態になる⇒「イヤだ」と思っている状態と同じ

ということです。

どんなときでも丹田は大切

丹田が使えてない状態だと、踏ん張ろうとしても踏ん張れないんです。

上記のテストでそれがわかったと思います。

どんな時代になっても、丹田が弱いと踏ん張れないんです。

私が「タンデンタンデン」と言ってるのは考え方が古いからじゃ無いんです。

踏ん張れない状態で仕事頑張ろうとしても頑張れないし、朝起きるのだってできない感じになります。

これを長期間続けていれば、そりゃしんどいですよ。

ちなみに、「イヤだ」とネガティブなことばかり考えて生活している人は、身体に力が入りませんから、何かしようとしても、何だか頑張れないんです。

ポジティブな言葉(アファメーション)が大切だと言われるのはこういうことからでしょうね。

ただ、ポジティブな言葉を唱えながら、頭を使う難しい仕事はできません。

ですから、日頃の会話をポジティブな言葉を使うようにオススメしているんでしょうけど、そういう意味ではポジティブな言葉は唱えないよりは唱えた方が良いんでしょうね。

だけど、どこまでもポジティブな言葉を唱えているその瞬間だけが有効で、唱えるのをやめた瞬間に元に戻りますから、あんまり意味がない気もします。

ということであれば、「丹田を強くしておけばいいじゃん!」ってことになります。

丹田が強ければ、ポジティブな言葉を連呼してる状態と同じ踏ん張れる状態を作れるわけで、イチイチと「ポジティブな言葉を使おう!」なんて思って生活しなくて良いわけです。

そういった理由から、私は丹田を強くする前進ガバイ呼吸法をオススメしています。

ちなみに、前進ガバイ呼吸法には、ハートを強くする呼吸法もありますが、それは丹田が安定していることがまずは大切ですので、サイトには書いていません。

そんなわけで、丹田が強いからと言って、勝敗にこだわるようになってしまったり、性格に影響するわけではありませんし、「丹田からハートの時代に変わる」という丹田が時代遅れな誤解を生む表現はどうかと思います。

いずれにしても、状態を整えましょう!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!