ひさしぶりにチャクラ、丹田について説明してみた

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

月曜日公開予定の動画の編集を終えたんですが、良い感じになりませんでした。

撮影やり直しですね。

最近わかったことは、話がうまくできたときは、編集も楽だし、テロップも入れやすいですが、そうじゃないときはいろいろ頭をひねらないといけなかったり、労力がたいへんですね。

今日も明日も時間が無いんですが、間に合うかなぁ、、、。

今日はひさしぶりに丹田・チャクラ的な話を書きます。

今日書く内容は自分の体験、検証結果から書きますので、諸説いろいろありますが、よその話とは違う部分もあるかと思いますが、「そういうものなんだ、へー」ぐらいのざっくりと捉える感じでお願いします。

丹田とチャクラは一緒

丹田というのは、実は、へそ下、胸、おでこの身体に3か所あると言われていて、日本ではへそ下の下丹田を丹田と言ってます。

丹田とチャクラというのは一緒で、ターメリックかウコンかの違いで、国が違うので呼び名が違うんだけで同じものだと思われます。

ただ、定義の仕方、概念が違うので、別物だと捉える人もいるのですが、それは考え方の話で、人間の身体が中国とインドで違うわけがないし、専門家に言わせれば違うのかもしれませんが、一般人には、その違いは重要な要素ではないので、一緒だと捉えて問題ないと思います。

こういった物は誰がどう定義するかで違ってきますから、インドではチャクラは7つと一般的に言われてますが、だけど、最近は何十個もあるという人もいます。

それは例えて言うなら、あきたこまち、コシヒカリなど、米の種類がいろいろありますが、それを別物と捉えるか、「米は米だろ!」と捉えるかの違いのようなものだと私は思います。

丹田・チャクラは私たちの身体にいろんな影響を与えている

私たちの身体は、気(エネルギー)が常に出入りしていて、特にそのチャクラ(丹田)と呼ばれる場所から気が出ることで、私たちの身体にパワーだったり、直感力だったり、いろいろとそういう能力を生み出すようになっています。

例えば、これはセッションでよくやることで、そのうち動画でもやろうと思っていますが、下丹田(第2チャクラ)を一時的に使いにくくすると、身体に力が入りません。

また、上丹田(第6チャクラ)をふさぐと、集中しにくくなる感じで、物事を考えにくくなります。

丹田・チャクラは向いの相手から見て時計回りに回っている

この丹田・チャクラから出る気は向いの相手の人から見て時計回りに回転しながら気が出ています。

へそ下のあたりで、身体から5センチぐらい離れた場所で、向いの人から見て反時計回りに、指でクルクルと回転させると気持ち悪い感じがして、身体が一時的にチャクラ・丹田をふさがれたときみたいに身体に力が入れにくくなります。

逆に時計回りに回すと、力が入るようになります。

これによって、丹田・チャクラは相手から見て時計回りに回ってると言えると私は思っています。

これは難しい事ではないので、興味がある人は試してみていただければ、そうなるはずです。

レッスン内でこれはやってみせることで、全ての人がそうなるので、もしそうならない人は、やり方が違うんだと思います。

チャクラ・丹田を使う、活性化する、回すは同じ意味

丹田・チャクラという場所から気を出すと、回転しながら出て、それが私たちの身体に影響を与えるので、私はそれを「チャクラを回す」という言い方をしています。

「チャクラから気を出す」、「チャクラを活性化させる」、「チャクラを使う」というのは、意味的にほぼ同義だと思って良いです。

自動車の「ハンドルを回す」、「ハンドルを切る」、「ハンドルを使う」と同じようなものです。

前進ガバイ呼吸法では、チャクラごとに呼吸法の仕方が違っていて、サイトに掲載しているのは、第2チャクラ・下丹田の呼吸法です。

ですから、サイトに掲載している前進ガバイ呼吸法の「気を出す呼吸法」をやっていただくと、それは「丹田・第2チャクラを回す」、「丹田・第2チャクラを使う」、「丹田・第2チャクラを活性化する」ということになります。

slproImg_201603260754020.jpg

よくチャクラ・丹田の効能についていろいろ書いてありますが、これもある意味、テキトーだと思います。

例えば、自動車のハンドルの用途を書くとしたら、「自動車の方向を変える」、「車線変更する」などがあがると思いますが、捉えようによっては「事故回避」、「暴走運転」などとあげる事もできます。

そして、そうなると人によっては、「いやいや、事故回避はブレーキの用途として書くべきでしょう」と言う人もいるかもしれませんが、チャクラ・丹田の効能の話もそんな感じです。

第2チャクラを「情熱のチャクラ」と説明し、第2チャクラを活性させれば、情熱がメラメラと湧くように書いてたりしますが、そりゃそうだけど、そうじゃないです。

それは私は言い過ぎだと思います。

これも自動車で例えるなら、たまたま自動車のハンドルの用途を見たら、「事故回避」と書いてあって、それを見た人が「ハンドルさばきがうまくなれば、事故に遭わなくなる」と言うのと一緒です。

事故に遭わないためにはハンドルさばきもそうだけど、目視だったり、ブレーキだったりいろいろ気をつけるべきことがあるわけです。

ですから、情熱が湧くのは、その人の想いや信念やパワーだったりが必要だと思いますので、第2チャクラを活性化することが情熱が湧く事に関係すると言えばするし、だけど、それだけではちょっと違う気もします。

そんなわけで、、、

私が説明していることは、なかなか証明ができないことです。

ただ、私が説明していることは自分の実感とお客さんの様子から書いてます。

ですから、明確な根拠は示せないけど、そうとしか言いようが無いという感じです。

身も蓋もないことを言いますが、今日の説明は興味がある人には面白い話なのかもしれませんが、実際には知ったところで何ともならないどうでも良い説明です。

ハンドルとは何かを説明したところで、自動車の運転能力が上がるわけではないのと一緒です。

「運転能力を上げたければ、ハンドルとは何かを知るより、運転の練習をしようよ!」となりますが、そんなわけで、前進ガバイ呼吸法をやってください!!

最近、「サイトにやり方でやってたら調子が良くなった」というメールでいただいています。

簡単ですからぜひどうぞ!!

ちゃんと教わりたいという方はレッスンを申し込んでください!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!