過去のイヤな記憶から解放されましょう!!

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

今日は朝少しゆっくりしました。

といっても、7時30分には五反田入りしてます、、、。

今朝、遅めに家を出たために、途中、保育園に向かう子どもたちをたくさん見かけました。

実は私は保育園に楽しそうに通う子どもの後ろ姿を見ると気分が重くなるんです。

というのは、私が住む品川区が待機児童が多く、4月からリコ様が保育園に行けるか心配だから、ではなく、私が保育園のときのトラウマなんです。

なぜかわかりませんが、私は保育園が大嫌いで、ずーっと泣いてました。

そのときのイヤさの余韻みたいなものが、園児の後ろ姿でよみがえってきてるんだと思います。

記憶というのは、感情の余韻ですからね。

私は小学校の先生が授業で何を言っていたか覚えてませんが、楽しかった事、辛かった事は覚えています。

ということは、そのときに感じた感情の余韻が身体や脳に残っていて、記憶を思い返すときに、その余韻を私たちは都度都度解釈していて、それを記憶として覚えているかのように感じているんじゃないかと私は思っています。

カレーのニオイを嗅いだら、自動的に「カレーのにおいだ!」って頭に浮かぶのと一緒の原理です。

ですから、私の場合、園児の後ろ姿が恐らく私が猛烈に拒否して通園していたときの光景と重なっていて、いつもみぞおちの辺りが重くなって、胃酸の量が増えるような感触を味わいます。

保育園に通ったときに、みぞおち辺りがそうなっていたんでしょうね。

「あの人がイヤだ」とか、「私はこれが苦手だ」とか、そういったことも過去の経験があって、それが自分の判断基準になって判断しているだけです。

私なんて、園児の後ろ姿見ただけで嫌な気分になるんですからね。

どんだけだよ!って思います。

違う言い方をすれば、私はこんなことに縛られて生きているということです。

五反田の城南信金の裏手にカフェを見つけまして、そこでハンバーガーを食べました。シナモンっぽいクセのある味がして、好き嫌いの分かれる味だと思いました。

五反田の城南信金の裏手にカフェを見つけまして、そこでハンバーガーを食べました。シナモンっぽいクセのある味がして、好き嫌いの分かれる味だと思いました。

寒ければ当然のこととして服を着たり、防寒しますが、それも実は思い込みです。

それが自然なことだったら、小さい子どもは寒かったら服を着たり、着れないにしても何らかの防寒はするわけはずですがしませんからね。

私たち大人に「寒さを感じたら防寒する」という思い込みができあがっているから、マフラーをしたりするだけです。

私は「寒くなったら防寒する」という観念がかなり薄いので、寒くても服を着ないまま我慢してることがあって、「マキ様にそんなに寒ければ着れば良いじゃん!」と指摘されて、服を着ることに気付いたりします。

私たちがこういう風になるのは、私たちが生きるための危機回避として、身体の機能として備わっていると言う事ですね。

この機能によって、私たちは生きていけてますが、逆に言えば、この機能によって制限されているということも知っとかないとですね。

感情は実際に肉体に溜め込んでいると思います。

なぜそう思うかというと、お客さんのある部分を軽く押したら激痛で悶絶されたんですが、そしたら、小学校のときのイジメを思い出して、オイオイ泣き出した方がいたり、またある方は母親に言われた強烈な一言を思い出して怒りが込み上げてくる方もいたり、そういう方を何人も見てきたからです。

何人かに試したことがあるのですが、その溜まったものを取ると皆さん気分が相当スッキリするとおっしゃいます。

ただ、寝込んじゃったりする方も出てきて、やり方に確信が持てなくて、滅多にやってません。

それ以後、人生が変わったとおっしゃるので、それはそれで良いんでしょうけどね。

とにかく記憶は感情の余韻を私たちがどう解釈するようにインプットされてるかの話ですから、イヤな記憶も解釈の仕方さえ変えてしまえば問題ではなくなるということです。

ですから、いきなり本丸は無理でも、変えられるところから変えていくのが良いと思います。

変えるのは難しい事のようですが、難しい面もあれば、そうじゃない面もあります。

例えば、私は牡蠣が大嫌いでして、においを嗅いだだけで嘔吐(えず)いてしまう状態でした。

これも牡蠣のトラウマなんです。

ところが、とあるお店で生牡蠣が出て、みんなが臭みが無くて美味しいというから、食べてみたんです。

そしたら、美味しいとは思いませんでしたが、普通に食べることができました。

恐らく、あと1回ぐらいおいしい生牡蠣を食べれば、においで嘔吐くことはなくなると思います。

そのまま拒否していたら、トラウマを解消することはなかったと思います。

そんな感じで、些細なことからで良いと思うので、苦手だと思うことでも、克服する事を挑戦してみることが大切です。

まずは嫌いな食べ物からでも試してみてください。

嫌いな物がおいしいと言われてるお店で食べてみると良いですよ。

克服する感じがわかってくると、人間関係の苦手な事でも応用できます。

そこまでのことができなかったとしても、自分がそういう感情の余韻に反応してイヤだと思っているんだということに気付くだけでも違うと思います。

拒否したままだとその問題は残ったままで、続きますからね。

そんなわけで、イヤでも挑戦してみましょう!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. ピストン高田 より:

    ハンバーガー美味しそうですね。
    監督が命名した通称『D造ストリート』には、本当に美味しそうなお店が目白押しだと思います。
    まさにD造さんの為に全てのお店が用意されていると言わんばかりのラインナップですよ。

    次、五反田へ行く機会がありましたら、バンバーガーを食べれるカフェに寄ってみます。

    • D造 より:

      ピストン高田さん

      コメントありがとうございます。
      D造ストリートですか!
      いろんなこと言いますね 笑
      五反田はおいしい店はたくさんありますよ。
      一緒に行きましょう!