給料・収入が増えるには日頃どうすれば良いかという話

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

【お金をはじめ、目の前にあるものは全て自分以外の人が提供してくれている】

D造です。

iPhoneでブログ更新を試みていましたが、細かい操作のところで勝手が違うところがあり、更新が時間内に終わらず、焦ってしまいますね。

ですので、今日はPCで更新します。

ちなみに「SLPRO X」というiPhoneアプリで写真を投稿すると写真にクレジットを入れられるみたいで、これは便利ですね。

私の写真は他で使われるような良い写真ではないので、無問題なんですけどね。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

私は一度目黒で呼吸法の先生と共同で場所を借りて、それから先生と別れて、ちょうど2年前に五反田に引っ越してきました。

2年前の引越をしたころはホントにギリギリの生活で、やばかったです。

ですが、ギリギリのところで、偶然にも救いの手があって、なんとか生きてくることができました。

そのときに「私は私以外に生かされている」とつくづく実感しました。

そういった中で考えてきた給料・収入を増やすことについて書きます。

実はお金は必ず自分以外の人から与えられているという事実

お金って、いきなり財布に入るわけではありません。

必ずお金は自分以外の他人が与えてくれているんですよ。

会社に勤めているときは現在ほど実感しなかったのですが、開業してしばらく食えなかったときにお客さんにお金をいただくたびに、「今日もなんとか生活できそうだ」という実感を得ました。

私がブログで発信して、それをお客さんが見て申込みしてくださって、私が提供したセッションにお金を払ってくださっています。

そこを見ると、私がブログを書いたからとか、セッションを提供したからお金を払ってくださっているようにも感じ、自分のおかげのようですが、ただどうであれ、お客さんが払ってくださっているわけです。

こんなことは、当たり前のことのようで、何言葉ではわかってる人が多いのですが、ほとんどの人が何を言わんとしているのか、わかってる人は少ないです。

私も未だにこのことに気付かされる日々です。

頭ではわかってるんです。

ですが、ちょいちょい忘れてて、「そうだよな」って思わされます。

お金以外のものも人から与えてもらっているという事実

例えば、先日の雪の日にタクシーが捕まらずにひさしぶりに朝の通勤で電車に乗ったら、遅れてはいましたが、電車が走っていました。

そのときに運転手や鉄道会社の人たちは恐らく泊まり込みでがんばって対応してくださったから、電車に乗れてるんだろうなと思いました。

そのおかげで私は電車に乗って通勤ができたんです。

そう考えると、今私が使っているPCをはじめ、デスクなど目の前にあるもの全てが誰かが作ってくれたりしてくれてるから存在しているわけです。

つまり、人からもらったお金を使って、また人から物をいただているわけです。

だけど「いやいや、私ががんばって働いているからお金をもらえてるんだ」と思いたくなりますね。

お金(収入)をたくさんもらいたければ、お金を払う人がたくさん払いたくなるようにするしかない

会社からもらう給料は、給与規程などがあって、そういったルールから額がきまっている場合がほとんどです。

規程は社長が一人一人の給料のことまで考えられないから、ルールが設けられ、社長の代わりに上司だったり、人事の人が決めたりしていますが、実際は社長が払っているようなものです。

ですから、給料を増やしたければ、大きな意味で、社長が払いたくなるようにする以外に方法はありません。

ブラック企業で自分の懐を増やす事ばかり考えている社長がいたとしたら、そこで働くなら、そういう社長が払いたくなるような社員になるしかありません。

ひさしぶりにカツ類を食べました。

ちなみに、このことに気付いたのは28歳ぐらいのときです。

3社目の会社が社員の給料に関してオープンな会社で、他人の給料の額を知る事ができたんです。

そのときにトップセールスマンの結果を出している人より社長に好かれている人が給料が多いことに気付いたんです。

この事実は私にとって衝撃でした。

売上から給料が払われるのですから、お客さんがお金を払ってくださる人かと思ったのですが、実は社長だったんだと気付きました。

これは経営的に良い悪いは別にして、そういう会社にいるんだから、結果を出すことも大切だけど、社長が払いたくなることをしないと給料が上がらないってことに気付いたんです。

で、私がその当時働いていた会社は、そこそこの結果を出して、だけど、労働時間が長く、社長に飲みに誘われたら朝までの飲み、休みの日に遊びに誘われたら、ついて行く社員のことが好きだったんですよ。

ですから、私もそうしてみたら給料が1年ちょっと2倍近くになりました。

お金を払う人がたくさん払いたくなるようにするのが良いんだけど、それを自分も喜んでそうしたくなると幸せ

上記の会社で給料が2倍になる体験があったので、それからの転職は、どういう人が給料が上がるのかを徹底的に調べました。

そして、各会社ごとにある、傾向を掴んで、そうなるように働きました。

ただ、私は上記の会社で給料が2倍になったけど、2年ぐらいで過労とストレスで、歩くと土踏まずのところに釘が刺さったような激痛が走るようになり、身体がおかしくなりました。

また、前職では結果に加えて、社長もそうだけど、社長一族に気に入られることが大切でしたので、社長のお母さんや娘さんにも好かれる努力をしました。

そう頑張って、役員にまでなり、高い給料をもらっていましたが、それも究極のところで耐えられなくなりました。

そして、現在は、、、

私はお客さんからお金をいただいて生活させてもらっています。

ですから、誤解を招くような言い方になってしまいますが、私はお客さんがお金を払いたくなるようにしています。

払いたくなる要因は、お客さんの要求はそれぞれことなりますから、一人一人をしっかり見ないといけないんです。

そして、お客さんが欲しい結果が何かを察知して、結果をもたらすことができれば、お金をいただけるわけです。

単純に喜ばせたからだけでは、払いたくなるわけではありませんからね。

ですから、どうやってるかをテクニック的に言えば、お客さんのニーズを聞いてどうとかってのはありますが、それらをトータルして一言で言えば、

お客さんが欲しい結果が出るように、持ってる物を全てを総導引して尽くす

です。

ラッキーなことに私のお客さんは私が応援したくなるお客さんばかりです。

ですから、喜んで全力で尽くせるのでありがたいことです。

そのおかげかわかりませんが、グループレッスンの体験に来てくださった方が全員が継続してくださっています。

私は説得しないことにしているんで、この結果はホントにうれしいですね。

自分も喜んでそうしたくなるようにするにはどうすれば良いか

私の周りに成功していたり、満足して企業勤めしている人が何人もいらっしゃるのですが、皆さん、会社の社長をリスペクトしていたり、お客さんのことが好きで、会社の社長や上司、お客さんの喜ぶ顔を見ることに喜びを感じている方がほとんどです。

で、そうなるには、試行錯誤を繰り返すしかありません。

これは頭で考えてわかるような理屈の世界じゃないんです。

私は28歳から試行錯誤して、10年かかって、ここ最近やっとです。

私もこれからも追求していかないといけないです。

そうは言っても、今この瞬間からできることとして

まずは日々の中で、お金や身の回りのものが自分以外の誰かが提供してくれていることを実感しましょう。

そうしていくと、いろいろありがたいことに気付きます。

そこからだと思います。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!