【お知らせ】6月16日(土)に「ただ押す」体験会を開きます。
DAIZOくん
DAIZOくん
【お知らせ】(2018/05/24更新)
ガバイセッションはお客さんがいっぱいになりましたので、ガバイのポテンシャルをお持ちの方のみ新規受付けをしています。
「我こそはガバイのポテンシャルを持ち主だ!」という方で、受講をご希望の方は、お手数ですが、お申込みフォームに受講動機をご記入の上お申し込みください。
ガバイセッションのお申込み→コチラ

このご時世を生き抜くための思考法として、「デザイン思考」というのが注目されてるらしい

【「やりながら考える」という思考法を「デザイン思考」というのか?】

 

D造です。

世の中は3連休なんですね。

フリーで働き始めると、祝日が全く関係なくなりますね。

 

それから、今日はメルマガ配信ですが、ボツになった本の原稿が終わってしまったので、これからはブログに掲載した食べ物の写真などをメルマガで紹介していきます。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

【終了しました】体験レッスンを受けてみませんか?
初めての方限定で、月謝10,000円のレッスンを1回のみ3,000円で体験できます。体験レッスンは水曜日、土曜日、日曜日などに行われる「初心者レッスン」の前に45分程度の事前説明を受けて頂きます。そして、そのまま初心者レッスンにご参加頂きます。

 

ゴールが見えないけど、ゴールを目指さないといけないときに役立つデザイン思考?

先日、動画編集をするまでのプロセスについて書きましたが、この思考プロセスは「デザイン思考」と呼ばれるものと一緒だそうで、この何年かで注目されている思考法と同じなんだそうです。(お客さんが教えてくださったのですが、、、)

 

猛烈に拒否していたことが面白くなるまでの経緯を説明してみた件
以前からちょいちょい話をしている動画配信のことについて書きます。 昨日も編集をしてまして、なんだか面白くなってきました。 ですので、アレルギー状態から面白くなるまでのこれまでの経緯を書きたいと思います。

 

猛烈に拒否していたことが面白くなるまでの経緯を説明してみた件の続き
考えるにあたって、「収入アップに繋げたい」という想いがあるから、ちょっと考えては、動画制作ではなく、「DVDの売り方」などについて考えてしまったり、「編集している時間があるのか」とか、「お金をかけたくない」とか、ふと頭に湧いてきて、なかなか頭が整理できませんでした。 ですので、上記が出てくるまで2日間ぐらい空いた時間は、ずーっとそのことばかり考えていました。

 

私の場合、何にもないところから結果を導き出すためには、こうやっていくしかなくて、そうなったんですよね。

私もまだデザイン思考についてはちょっとだけネットで見たり、教えてくださったお客さんからちょっとだけ聞いたレベルなんですが、どんなことなのか書きます。

 

インターネットの普及でデザイン思考が必要とされるようになかった?

インターネットがなかった時代は、例えば、ファミコン、プレステなどのテレビゲームは販売してしまったら、そのあとにバージョンアップができませんでした。

ですから、開発するときは、完成形が何かをしっかり定義して、完成形を作り上げることをしていました。

ところがインターネットが出てから、インターネットによって開発元と購入者が繋がることができるようになったために、あとからアップデートできるようになりました。

ですので、スマホのゲームなんてまさにですが、テレビゲームも販売してから、購入者の声や評判を聞いて、それをふまえて後からステージを追加したり、アップデートすることが前提となったために、開発段階での完成形というものが無くなりました。

スマホのゲームなんてエンドレスですから、「完成」というものが存在しませんよね。

完成形がないということは「ゴールが設定できない」ということですから、「何をすれば良いか」というのがわかりにくく、これまでの完成形を定義しての開発のやり方では開発ができないということです。

 

デザイン思考はもともとデザイン系の仕事をする人たちがとっていた思考プロセス?

「デザイン」の仕事なんかがそうで、完成形がなく、依頼者からの希望を聞いて、それを形にしないといけないわけですから、何が正解か、ゴールかがわからない中で形を作っていく事になります。

ゴールがわからないから、何から手をつけたら良いかわからないわけです。

ですから、いくつか仮説的にデザインを起こして、そのデザインを依頼者に見せて、そこから意見を聞いたりしながら、デザイン修正を加えていき、完成させるわけですが、実際は完成という形があるわけではなく、提出期限だったり、関係者が納得したところが完成みたいな感じなわけです。

ですから、デザイン関係の仕事をしている人が、デザインするときの思考プロセスをデザイン思考と呼んでるみたいです。(ニワカ知識で書いてますので違ってたらすみません)

 

そんなわけで、デザイン思考がインターネットのせいで注目されるようになったかはわからないですが、現在は社会の先行きが見えませんし、どんなこともゴールが設定できない時代、正解がわからない時代ですので、デザイン思考が注目されるようになったんでしょうね。

 

私の場合は「やりながら考える」だけど、暗中模索の人生を送る中で身につけきた思考法

私の場合、ずーっと暗中模索の人生を歩んでおりまして、その中で身について思考法だと思います。

私は例えば、新卒の就活のときにひょんなことから、大勢の同級生と1社だけしか面接受けずに、1社内定取ることを約束してしまったので、そういう就活をすることになったり、社会人になってからは、「資本金」と「借入金」の違いもわからないのに、社長に会って、「御社は儲かってますか~?上場しませんか~?」って営業したり、パチンコパチスロなんてやったことがないのに、そういう業界で営業することになったり、ネット通販をある日突然やることになってしまったり、そんなことばっかりだったので、動きながら考えるしかありませんでした。

 

だから、私は「やればなんとかなるでしょ」って感じで、動いてみて、動いて得た結果を見てからまたそこで考えて、次の行動を起こして、そしてそれから出た結果を見て考えて、、、の繰り返しです。

私は取り返しがつかないほどのダメな結果が出ないようにだけしておけば、いくらでも修正できますから、動くときにできればうまく行って欲しいけど、ダメでも良いと思って動いてます。

ですから、結果が○でも×でも良いから、結果を早く知りたいと思っています。

そういうところから、デザイン思考的な発想になってしまったんだと思います。

 

img_7286

今日も寝坊しちゃいました。最近、寝坊しないと朝日が見れなくなってきました。

 

動画に関して言えば、私はできれば出たくないんです。

でも、動画はいろんな人にオススメされるし、またたくさんの読者の方にやって欲しいと言われるし、私もそうした方がお客さんやブログ・メルマガ読者の方にとって良いと思いますから、私の個人的な好き嫌いを言ってる場合じゃないと思いました。

ですが、やっぱりカメラの前に座った瞬間に猛烈な拒絶反応が起こり、それを押し殺してやることになるわけで、そんな状態ではうまくやれる気がしないし、ゴールが見えないんです。

ですから、最初は恥をさらす事になるかもしれませんが、何でも良いからスタートして、走りながら、数年かけて磨いていくことを覚悟してやるしかありません。

ただ、そのときに「内容も悪い、画像も音も悪い」では話にならないので、良い機材を使えばなんとかなるんなら、そこだけはちゃんとしとこうと思っています。

 

1つ幸いなのは、いざとなったら、私はイヤな気持ちを横に置いておけるんですよね。

これは前進ガバイ呼吸法の効果だと思います。

お腹いっぱいのときにイヤな事を感じにくいのと似た感じです。

 

先が見えないけど進むしかない時代

今、社会が変わっているところで、多くの人が先が見えないんじゃないかと思います。

でも、そういうときこそ動きながら考える(デザイン思考?)しかありません。

動く事がしんどい人は、前進ガバイ呼吸法を継続的にやるとかなり楽になるのでお試しください!

 

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに横隔膜を上げ(お腹が凹む)、息を吐くときに横隔膜を下げる(お腹が膨らむ)逆腹式呼吸がベースとなっています。 ですので、3つの基本となる呼吸法の息の吸い方はどれも同じで、横隔膜を上に上げなら息を吸います。

 

デザイン思考についてよくわかってないので、見出しが「?」付きになってしまいました。

コメント