習い事だったり、上司や先輩から教わるときの心の持ち方

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

昨日、ボイトレのセミナーだったので、遅れそうだったので、走っていたら、消防車が止まってまして、どこか火事なのか目で探しながら、ホースを飛び越えた瞬間に放水が始まったようで、ホースがいきなり膨らみ、ビックリして、足の着地を失敗し軽くねんざしたようになりました。

足首はほとんど痛くないのですが、体勢立て直そうと思いっきり力んだ衝撃が身体に来ちゃったんでしょうね。

腰に張りが出てしまいました。

野口先生に治療して頂いた翌日には再び張りが・・・。

こういうときは意識のズレがある場合がありますから、気をつけて過ごします。

——
いつもありがとうございます。

今日も応援ポチお願いします!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

メルマガサンプル
メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

前進ガバイ呼吸法を教えていると、「しっかり横隔膜を上げられてない気がして呼吸法ができないんです」とか、「やってみてもしっかりできていない気がする」とおっしゃる方がよくいらっしゃいです。

こういう方の場合、前進ガバイ呼吸法できているかどうかよりも、物事の考え方がちょっと違っています。

まずは何を根拠にそう思っているか?

できているかどうかについては、必ずできているかどうかの判定基準があって、その判定基準に照らして、できているかどうかが判定結果になります。

ですから、「呼吸法ができていない気がする」という方に、なぜそう思うのか聞いてみると、多くの場合が、

「なんとなくそんな感じがする」

という回答がほとんどです。

根拠があるわけではなく、ただそう思っているだけ、そういう印象だけ、なんですね。

「できない」、「わからない」に対しての恐怖心

根拠なく「できていない気がする」と思う方はその人の思考グセがそうで、「できない」、「わからない」に対しての恐怖心を持ってらっしゃることが原因で、実際、ガバイ呼吸法ができているかどうかではなく、そういう恐怖心からそう思ってらっしゃるだけです。

ですから、そういう方は、ガバイ呼吸法のレッスンに限った話では無く、どんなことでもそう考えてしまうんだと思います。

そもそもどんなことも最初からできないし、できないから教わるわけですし、できなくて当たり前なんです。

そして、できないときは、できているかどうかさえも、自分ではわからないんです。

だから、焦らずにただ言われたことをやるしかなく、そして、次回教わるときにまた教わるしかないんです。

教わったばかりで「できない」、「わからない」と焦るのは、ピアノを初めて教わり、ピアノが弾けないと落ち込むような話です。

「そんなのできるわけないじゃん!」って話ですね。

それは良いとして、教わるときは、一旦、「できない」、「わからない」の恐怖心は横に置いておいて、最初のうちはできなくても良いので、言われたとおりやってみるしかないです。

結果を見る以外に判定しようが無い

例えば、野球の選手がいて、バッティングフォームがキレイだったとします。

これは良いバッターでしょうか?悪いバッターでしょうか?

多くの方が良いバッターだと思いがちじゃないでしょうか。

良いか悪いかはバッティングフォームだけではわかりません。

バッターというのは打ってなんぼですから、バッティングフォームがキレイかどうかよりも、打てるかどうかが大切なんです。

ですから、打席に立ってもらって、打率などの成績を見るしかありません。

いくらフォームがキレイでも打てなければダメバッターです。

ちなみに、私は素人なのに、テニスのインストラクターのアルバイトをしてたことがありまして、フォームをマニュアル通りに教えたりしていたので、テニスのフォームはキレイだと言われますが、超絶下手くそです。

そんな感じで、できてるかどうかの判断は、結果を見るようにする以外にありません。

恵比寿でカレーつけ麺というのを食べました。カレーポタージュのつけ麺な感じでした。味はまぁまぁですね。

恵比寿でカレーつけ麺というのを食べました。カレーポタージュのつけ麺な感じでした。味はまぁまぁですね。

最初は結果さえも認識できないから、ただやってみるしかない

ただ、最初はその結果さえも判定できません。

ガバイ呼吸法ができているかどうかは、ガバイ呼吸法をやったあとに、気分がよくなかったかどうかが最終的な判定ポイントなんですが、その手前にもいくつかチェックポイントがあります。(それは文字じゃ説明ができない)

そのチェックポイントがOKな状態であれば、ほとんどの場合、やり終わったときに、気分が良くなります。

ですから、ガバイ呼吸法をしっかりやるには、そのチェックポイントを押さえていくしかありません。

ただ、そのチェックの仕方はほとんどの人が、ちょっと教えれば、すぐにわかる人はわかるんですけど、「できない」、「わからない」に対しての恐怖心を持ってる方は、「それがチェックポイントでそこがOKならOKなんだ!」と教えても、「できてない気がする」とおっしゃいます。

結論

そんなわけで、何が言いたいかと言うと、

  • 教わるときはとりあえず言われたままにやってみて、教わり続けるしかない
  • そして、プロセスよりも結果が何なのかを意識して教わるようにしましょう

ってことですね。

そして、このことは会社で上司や先輩に教わる時も一緒です。

——
ランキング応援ポチお願いします!!

応援ありがとうございます!!
皆さんがクリックしてくださるとランキングが上がって読者が増えます!!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

※ランキングの事が良く分からない方は過去記事「ブログランキングについて説明してみた件」(⇒コチラ)をご参照ください。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!