集中力上げても、気合い入れても、仕事のスピードも質も大して上がらない

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

最近、Apple Musicのレコメンド機能が楽しいです。

レコメンド機能は日頃聞いてる曲の傾向から、オススメ曲を紹介してくれる機能ですが、新しいアーティストを知ることができ、音楽を聴く機会が増えそうです。

——
いつも応援ありがとうございます。

今日も応援ポチを下記2つお願いします!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

お客さんの悩みの中に、「仕事が遅い」とか「注意不足によるミスが多い」という悩みを持つ方が多いです。

そういう方は決まって、「改善しようという気持ちはあるけど、なかなか改善しない」とおっしゃいます。

ですので、それらのことについて書きます。

人がする作業的な仕事というのは、一般的には質と量は反比例の関係になります。

質を上げると、仕事の量が減り、量を増やすと質は下がるということです。

ただ、デザイナーの方など、アーティスト的な仕事をする方は、量をこなした方が質の高いアイデアが出るということもあります。

ですから、ミスを減らすすなわち質を上げようとすると、量が減る、すなわち仕事スピードが落ちますし、仕事スピードを上げようとすると、ミスが増えたり、質が下がります。

お客さんの話を詳しく聞くと、「仕事が遅い」とか、「注意不足のミスが多い」というのは、その人の思い込みの場合が多く、何と比較して遅いのか、何と比較してミスが多いのか具体的なものはなく、「上司にいつも注意されるから」とか、「隣の人よりもどうも遅い」とか、そういった定性的、感情的な話が多いです。

ですから、具体的に何がどう遅いのか、ミスが多いのか、聞いてもよくわからないことが多いです。

それは良いとして、仕事の「スピードを上げる」とか、「ミスを減らす」ために、多くの方が気合いや根性だったり、集中力を上げてなんとかしようとする方がいますが、はっきり言いますが、そんなことしても、

1367560000

です。

気合いや根性、集中力を上げることで、一時的に量や質を上げることができる場合があるんですが、継続することが難しかったりします。

仕事スピードの向上について

仕事のやる気が無くて、いつもダラダラ仕事をしている場合は、しっかり仕事をすることで、仕事スピードを上げることはできます。

でも、これまでもそれなりに頑張ってきたのに、それ以上に仕事スピードを上げようとしても、ほとんどあがりません。

100m全力疾走して、15秒で走る人が、体調を整えたり、気合いと根性を入れて、走ったところで1秒ぐらい短縮できるような話と一緒です。

もし仕事スピードが劇的に上がるとしたら、単純作業を繰り返して、その仕事に対して職人的に熟練者になること以外ありません。

老舗のたこ焼き屋さんが、もの凄い勢いでたこ焼きをひっくり返すあれみたいなものです。

でも、これはさっきの100m走で言えば、体調や集中力の向上ではなく、日頃走り込みをして、12秒になったような話です。

注意不足によるミスを減らすことについて

どんなに注意してもミスは発生します。

うっかりミスを減らそうと注意しても、うっかりするときは気付かずにうっかりしちゃうから、実際は注意のしようがありません。

あとでふりかえれば、わかりきったことでもそのときには気付けないものです。

ですから、ミスを減らさないように集中力をあげることができたとしてもミスは起こります。

最近、日の出時間が遅くなってきたので良い朝日が見られるようになってきました。

最近、日の出時間が遅くなってきたので良い朝日が見られるようになってきました。

仕事スピード向上やミスの軽減に精神論は役に立たない

それらの改善は個人能力で改善できることは知れてる

じゃあ、どうするかということになるんですが、これは特別な改善策はありません。

・時間をかけて繰り返し作業をして熟練度を上げる

・そもそものやり方を見直す

100m走で言えば、走り込みをして鍛えるか、走るんじゃなくて自転車に乗ることをするような話です。

これしかありません。

ちなみに私は前職は管理部の仕事をしていたのですが、経理業務をするときに、ミスが絶対に発見できるような仕組みでやっていました。

ですから、「ミスってはいけない」という緊張は極端にスピード下げますから、部下に対してはたくさんミスって良いから、スピード重視でやるように言ってました。

そうすることで、少人数でも仕事を回せるようにしていました。

仕事の改善というのは、個人能力でなんとかしようとしても結果は知れてます。

高い集中力で仕事ができたとしても、それは長期化すれば、体調崩したり、いつかは集中力が途切れることが必ずあります。

ですから、そういう人の能力に頼って仕事をするのはあてになりません。

とりあえず、なんとかしようとするのを諦めて、楽になろう!

で、今日の記事で言いたいことは、「こうすれば仕事スピードが上がるよ!ミスが減るよ!」と言ったことではなく、そういう頑張りはムダだから諦めて、頑張ればなんとかなる幻想を追い求めるのをやめて、少し楽になって欲しいと思って書いています。

また、部下を持つ人に対しては、部下にそういう無駄なことを強要するのをやめて欲しいと思います。

繰り返しますが、そういうことを追い求めるのは、

1367560000

です。

仕事のミスを減らしたいとか仕事スピードを上げたい人へ

自分ができる範囲のことで、そもそものやり方を改善できる人が何かないかを考えて欲しいと思います。

どう考えても改善しようが無ければ、短期的な改善を求めるのをやめて、とりあえず一生懸命やって熟練者になるか、上司に話をして、やり方を抜本的に変えることを一緒に考えてもらいましょう。

もし上司が「仕事が遅い!」と詰めてくるようでしたら、自分の仕事の仕方をチェックしてもらって、どうやったら早くなるか指導してもらいましょう。

そういうこともせずに、ただ注意だけするような上司ならば、それは無能上司ですので、運が悪かったと我慢するか、我慢できないようであれば転職しましょう。

部下の仕事が遅かったりミスが多く悩む管理職の方へ

まずは業務のやり方(マニュアル)がまずいのではないかとそちらを疑いましょう。

マニュアルに問題がないようでしたら、部下の仕事の仕方を見て、具体的な改善指導をしましょう。

メモの取り方からチェックしたり、引き出しの整理の仕方から教えてあげないといけない場合もありますよ。

私はできない部下には、机の上にどこに何を置くか、こちらが指示をするときには、メモを取るように促し、そのメモを見忘れないように、メモを置く場所まで指定していました。

ということで、気合い、根性、集中力を追い求めるのをやめましょう!

まとめ

  1. 仕事が遅い、ミスが多いと思ったときは、何がどう遅い(もしくはミスが多い)のか、具体的に捉えましょう
  2. 仕事が遅い(ミスが多い)ことに関して具体的な事象がある場合、自分ができる範囲でやり方を変えて、改善できることがないか見直しましょう
  3. それでも改善しない場合は、上司に相談して、改善策を考えてもらうか、自分の仕事の仕方を見てもらいましょう
  4. さらにそれでも改善しない場合、諦めて、そのままミスしたりしながら仕事をしていきましょう
  5. ミスしたり、仕事が遅いことにどうやっても耐えられない人は転職しましょう

——
ランキング応援ポチお願いします!!

いつも応援ありがとうございます!!

ポチしてくださる方は下記2つともお願いします!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

※ランキングの事が良く分からない方は過去記事「ブログランキングについて説明してみた件」(⇒コチラ)をご参照ください。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!