言いたいことを言っちゃうと人に嫌われて自分の周りから人がいなくなる件

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

D造です。

明日はとある理由で仕事休みです。

ということは、明日はブログを書いてはならない日となります。

ですので、明日はブログ更新しません。

——
本日もポチお願いします!

ありがとうございます。

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

私は言いたいことを言っているように思われるのですが、言いたいことを言うことは意外と少ないです。

例えば、ブログで書いてる内容は自分が言いたいことではなくて、伝えた方が良さそうなことという視点で書いています。

ですから、わかってもらいたいという想いがほとんどありませんし、「言いたいこと」かどうかよくわかりません。

また、人と話をしていて、そのときに相手にとって、押しつけになっちゃってるかもしれませんが、相手にとってメリットがあるだろうと思ってのことを言っていますから、言いたいことではありません。

私が個人的なことで言いたいことを言いたいときというのは、不平不満があるときで、その不平不満を吐き出す行為として、相手に何かを伝えるときが多いように思います。

ただ、最近、不平不満がないので、そういう意味では言いたいことがありません。

そもそも言いたいことを言うというのはどういうことなんでしょうね。

言われた側が迷惑になることや楽しいと思えないことを言うと人にうざったがられますが、そういうことでも言いたいことを言うということでしょうか。

それとも他人を論破したいということでしょうか。

いずれにしても、私は「言いたいことが言えてない」と考えたことがないように思うので、「言いたいことを言いたい」という衝動というか、観念が私には存在しないように思います。

若い頃は「論破して相手を打ち負かそう!」と思った時期もありますが、それは打ち負かすことが面白くてやってましたので、それは「自分が言いたいことを言っている」というわけではありませんでした。

「言いたいことが言えてない」という想いは、恐らく、相手に論破されたりして、やりこめられ、そのときに「私は打ち負かされた」という被害者意識を持ってしまい、その被害者意識の反動で、「言いたいことが言いたい」という想いが湧くんじゃないかと思います。

私は誰かに対して、押すように言うときがあるんですが、そのときはその相手に対して、「そこは気付いた方が良いよ」って思うときと、私が説明していることを何度説明しても相手がわからないときに、押すように言います。

そのときに感情的に言葉を受け取る人は、私が「俺が言ってることが正しい!」と主張されてるように受け取るようです。

IMG_6702

近所のお好み焼き屋のお好み焼き。おいしかったですが、マヨネーズが多過ぎて、最後はきつかったです。

私は明らかに自分が非が無い状況で、私が非があるように誤解されたとしても、それによって自分にデメリットが発生しないようであれば、非が無いことを証明することもしません。

デメリットが生じないときに、非が無いことを証明したところで、誰も得にならないことが多く、そういうときに証明すると大概ややこしいことになるので、お詫びをして終わらせます。

お客さんの話を聞いていると、言いたいことを言いたくなるときというのは、恐らく、自分が納得いかない条件などを飲まされそうになったときや押しつけられた感じたときに、それを跳ね返すようなことを言いたいということが多いように思います。

で、この納得いくかどうか基準というのは、具体的にデメリットが発生するようなことじゃなく、感情的に「面白くない」とか「イヤ」という類いのものが多いです。

ですから、「それによって何のデメリットが発生するの?」って聞き返すと、「私がたいへんになるじゃないですか」みたいな、具体的に何がどうたいへんになるか聞いても答えられないような話ばかりです。

感情的に納得いかないことをどうにかしようとしても、そこには具体性がないから、結果として相手を感情的に打ち負かすだけになり、それは力でねじ伏せるだけになるので、相手との関係にゆがみを生みます。

ですから、「言いたいことを言えるようになる」より、「言いたいことが言えるようになりたい」という思い捨てる方が良くて、そのためには、イチイチと「感情に振り回されない」ようになって、どうでも良いことに反応しないようにした方が良いと思います。

そうなるためには、まずは日頃「いかに自分がどうでも良いことに反応しているか」ということを認識する以外にないと思います。

そんなわけですから、言いたいことを言えるようになったら、他人に嫌われ、あなたの周りに人がいなくなるだけだと思います。

——

あっ!私が言いたいことは、「毎日毎日、下記バナーを2つ押してください!」ってことですね。

よろしくお願いします!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

※ランキングの事が良く分からない方は過去記事「ブログランキングについて説明してみた件」(⇒コチラ)をご参照ください。

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. FUJI より:

    こんにちは!
    言いたいことを言って嫌われる人は、自分の意見が絶対に正しいと思っていて、他人の意見をまったく聞かない人じゃないかと思います。
    逆に、言いたい事を言う人でも自分の意見も言うけど、相手の意見も聞ける人だったら私は不快には思いません(笑)
    私の場合、他人の意見を聞かない人と話すときに「言いたいことが言えない」となりモヤモヤッとなります。言っても無駄という心理が働くからでしょうね。

    • D造 より:

      FUJIさん

      コメントありがとうございます。
      「言いたいこと」の定義が何かによって話の捉え方が違ってきますが、ポイントは「言いたいことを言う」のが誰のためかです。
      自分のためなのか、人のためなのか。
      人のためだったら、聞いてもらっても、聞いてもらえなくても、それはその人のためですから、どっちでも良いと思います。
      FUJIさんのおっしゃってることは、相手が聞いてくれるかどうかがポイントになっていて、私が言いたいのは、「聞いてもらいたい」時点で自分のためだってことです。
      自分のために言うから人は聞きたくなくて、イヤになるんだと思います。