【行動したいけどできない方へ】例えば「転職」は20とか30の行程があるのは知ってますか?

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

今日も雨ですね。

早く太陽が見たいです。

——
いつもありがとうございます
毎度のことですが応援ポチお願いします!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

転職したいって方がいると思いますが、転職って具体的に何かわかりますか?

転職の言葉の定義は、現在所属している会社から、別の会社に変わることです。

「現在所属している会社から、別の会社に変わること」って具体的に言えばどういうことかわかりますか?

例えば、誰かに「転職した方が良いよ!」ってアドバイスされて、「転職する」ってことをしようとするときに、何をどう考えて、転職しようとしますか?

先日、屋久島に行ってきたわけですけど、「屋久島に行く」としたらどうしますか?

人によっては、旅行会社に行く人がいたり、インターネットでルートを調べたり、人それぞれに違うかもしれませんが、具体的に何かをすると思います。

じゃあ、転職は?

転職ってどういうことですか?

転職は「会社を辞める」と「新しい会社に行く」という2つのプロセスが組み合わさっている

さらに言えば、「新しい会社に行く」というのは、面接受ける企業を探したり、履歴書送ったり、面接受けたりして、新しい会社に行くことになります。

これはわかる人にはわかりきった話かもしれませんが、転職には、さまざまなプロセスが組み合わさっているので、「どう転職するか」と考えるときに、分解しないと考えてもよくわからないんです。

例えば「新幹線は何キロの速さで走りますか?」って言うと、「時速約300km」とか答える方がいると思いますが、新幹線は走り始めや止まるときは時速1kmだったりするわけです。

ですから、新幹線の速さをざっくり捉えるときは、時速300kmで良いんですけど、具体的に捉えようとすると、瞬間瞬間の速度を捉えることになります。

これを数学的に言うと、「微分する」と言います。(そんなことは良いか)

転職にはさまざまなプロセスがあるわけで、何のプロセスにひっかかってるかによって、考えるべきポイントが違ってきます。

「上司に会社を辞めるという勇気がない」ということにひっかかってる人がいたら、上司に言いやすい状況を作るにはどうしたら良いかを考えて、そうなるようにする必要が出てきます。

例えば、「今より給料が2倍で、労働時間が半分の会社に内定が決まってる状態」と「どこにも内定先が決まっていない状態」では上司に対して言いやすさが違ってきますよね。

そうであれば、やっぱりまずは会社を辞めることを考える前に、次の良い就職先を探して、内定をもらうことが、まずやるべきことになるわけです。

16254103469_3b90f754f1
photo credit: Salve your ignorance via photopin (license)

事象を正確に具体的に捉えられない場合にどうするか

事象を具体的に考えるには、事象を俯瞰して、冷静に見るための視点が必要になります。

そういう視点で見ることができる人と見れない人がいて、また、事象によって、そう見れる場合と見れない場合があります。

特に利害が絡むことに関しては、冷静に見ることができなくなります。

また知らない事に関しては、考えようがありません。

ですから、そういう場合、そういうことがわかってる人に相談するのが一番です。

僕もそういうことを相談する相手が何人かいて、そういう相談ができる人を「メンター」と言いますね。

仕事ができない人ほどなんでも自分でしようとする

「なんでも自分でする」ことが正しいかのように錯覚している人がいるんですが、僕らはテストを受けてるわけではないんだから、「自分でする」ことが大切なのではなく、「できるだけ正しい答えを早く導き出す」ということが大切なんです。

であれば、わかる人に聞くのが一番です。

言っときますけど、友達に聞くんじゃ無くて、わかる人に聞くんですよ。

わからない友達に相談してもダメですよ。

できない人ほど、できない人に聞きますからね。

よくね、習い事をしていると同じ門下生が「まずは自分でやってできるようになります!」って人がいるんですが、「できないから教わっているのに、どうやってできるようになるんだろうか」って思います。

その人は「なんでも自分でする」症候群のできない人なんでしょうね。

物事を考えるときはできるだけ事象を細かく分解するコツ

事象を分解するときのコツはその事象が起こる細かいプロセスを時系列に並べてみれば良いですよ。

これをするだけで解決が見えてくることが多いです。

多くの人はこれをしないんです。

転職であれば、こうです。

  1. 求人サイトを見つける
  2. 求人サイトに登録する
  3. 求人サイトで求人情報を見る
  4. 良い会社があったらエントリーする
  5. 履歴書を買う
  6. 履歴書を書く
  7. 履歴書を郵送する
  8. 書類審査の結果が来る
  9. スーツがない人はスーツを買ったり、散髪する
  10. 1次面接を受ける
  11. 合否の連絡が来る。
  12. 2次面接を受ける。
  13. 合否の連絡が来る。
  14. 最終面接を受ける。(条件を決める)
  15. 内定が出る。
  16. 上司に辞めることを伝える。
  17. 引き継ぎをする。
  18. 退職する。
  19. 次の会社の準備をする。
  20. 次の会社に出社する。

こんな感じでしょうか。

細かく見ていけば、もっとありますね。

「上司に会社を辞めるという勇気がない」という人は、上記の16番目の心配をしているということです。

であれば、15番までは関係ない心配なんですから、15番まで進めちゃえば良いんですよ。

婚活も一緒ですよ。

「転職できない」とか、「婚活できない」とか言ってる人のほとんどは、自分がどこの部分でつまってるのかわかってない人がほとんどです。

具体的に考えましょうね。

言ってることはわかるけど、でもやっぱり具体的に考えられないって人は、、、

占い師に聞こう!とか、チャネラーに相談して過去生を見てもらおう!なんてしないでくださいよ(笑)。

まずは呼吸法をやって落ち着いてください。

友達やお世話になってる人で、相談したいことの解決策を知ってるような人を探してみましょう。

呼吸法について

<気の状態を整える>

1.気を出す呼吸法で気を満たす:3〜5分

2.気を落とす呼吸法で気を落としてグラウンディングする:1〜3分

3.頭から気を抜く呼吸法で頭をスッキリさせる:1〜3分

<不安のもとの胸のつまりを取る>

4.胸のつまりを取る呼吸法で気分をスッキリさせる:3〜4回

——
ランキング応援ポチお願いします!!
いつも応援ありがとうございます!!

本日のオラクルカードは「トト」です。

メッセージは「書く」だそうです。

書いて整理すると良いですね。

ってことで、トトのエネルギーを下記バナーに設定しますのでクリックして受け取ってください!

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

【※ランキングバナーは取り外しました。】

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!