子は親の思うようには育たず、親のように育つ

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

リコ様と温泉に行きましたら、リコ様に水風呂ブームが訪れてしまいまして、30分ほど水風呂に入らされました。

「パパだめてしょ!」って感じで、リコ様と一緒に肩まで入らされ、リコ様は大興奮されてました。

僕は実家にいる頃は水風呂でしたから、まぁ、平気と言えば平気なんですけどね。

——
いつもありがとうございます
毎度のことですが応援ポチお願いします!

何度か書いたことがありますが、僕は中学まで年中、水風呂でした。

高校からは親と風呂に入らなくなりましたので、自然と水風呂じゃ無くなりましたが、お湯のお風呂に入った記憶がありません。

もう少し言えば、夏は氷風呂、冬は水風呂でした。

その理由は、僕ら兄弟が喘息持ちで、身体を鍛えるためで、父親も一緒に入っていたので、僕らは逃げられない状態でした。

いや、逃げられないというよりも、他を知らないからそういうものだと思っていました。

この水風呂もルールがあって、兄弟の誰かが風邪を引くと、水風呂になるというルールだったんです。

たまたま風邪引かなければ、お湯のお風呂だったこともありますが、数ヶ月に1度は兄弟3人いれば、誰かが風邪引くので、ほぼ年中水風呂でした。

僕らはそういうルールの中で生きていたので、風邪引いても、絶対に風邪を引いたと自分から言いませんでした。

ですので、小学校のときに、弟が40度近い熱を出していて、先生が帰るように言うんですが、「帰らせないでくれ!」と先生に泣いてすがるので、その先生がどんだけスパルタ教育をしているのかと心配になったほどです。

子どもながらに思っていたのは、風邪を引かないようにするための努力の仕方がわからなかったために、弟が風邪をひいても、「お前がだらしないからだ!」と言えず、「運が悪かった」と諦めて、受け入れざるを得ない理不尽さを感じていました。

今、思えば、僕の父親は厳しかったのかなぁと思います。

お菓子とか、カップラーメンとか、そういったものを食べると尋常じゃないほど叱られていました。

身体に悪いから食べるなという理由だったんですが、父親はゴミ箱をひっくり返してチェックしてました。

で、弟は少しバカだったんで、ゴミ箱の奥に捨てれば良いと思って、ポテチの袋を捨てて、それがバレてしまい、祖母が「私が食べた」とかばうことが良く有りましたからね。

父親は「人と同じ事をしていると人と違うことができなくなる」ってことを良く言ってました。

で、両親に連れられ散々いろんなものを見て回ってやっと買った服を学校に着てったら、同級生が着ていて、それを父親に言ったら、その服はもう着るなと捨てられました。

だから、中学になって、指定靴だとか、制服だとか、みんな同じ格好させられることに違和感しかなかったです。

IMG_5836.JPG
近所に「うな串九三郎」というお店ができました。ランチでうな丼で1300円ぐらい、うなトロ丼だと1000円切ってました。おいしかったですよ。
——-

あと僕は成績がかなり良かったんですが、父親には褒められたことが無いんです。

そして、勉強しろと両親に言われたことがありません。

で、そのことを小学生のときになぜそうなのか聞いたことがあります。

そのときの答えは、

「勉強せずに成績が良いのは、テストが簡単だったからだろ。そんなテストで良い点だったとしてもお父さんはうれしくない。」

「お前は勉強しろ!とお父さんが言ったら勉強するのか?勉強するやつは言われなくてもするし、しないやつは言われてもしないから、結局は言っても同じだろ」

って言われました。

で、中学に入り、多少勉強しない点数が取れなくて、そのときに父親が勉強の仕方を教えてくれたんですね。

そして、勉強したらテストの点数が良かったので、「勉強すれば点数取れる」と知りました。

ちなみにそのときの勉強の仕方というのは、こんな感じでした。

  • 問題集を3冊用意する。
  • 1冊目の問題を解いて、何がわかってないかを把握する。
  • わかってないところだけを勉強する。
  • 2冊目の問題集を解いて、さらに何がわかってないかを把握する。
  • そのときに1冊目と同じ間違いをしていたら、そこからまず勉強する。
  • そのあとに、他の間違えたところ勉強する。
  • 3冊目の問題集はテストのつもりで解く。
  • 間違えたところを勉強する。

大学受験までこれでやってました。

小さい頃から「東京の大学に行って、東京で働いて、でかいことしろ!」と言われてました。

小学校6年生だったと思いますが、担任の先生が「佐賀大学卒」だと聞いて、「この先生は大して勉強しなかったんだな」と見下すような想いもった記憶があるので、小学校の頃から勉強しないと大学にいけないってのは知ってたんだと思います。

で、中学2年生のときに、東京の大学を1歳上の従兄弟と見て回ったときに、東京の大学に通ってみたいと思うようになって、高校2年生から、正月も学校に行って勉強しました。

ちなみに僕は娘のリコ様に対しては、やる前に「やっちゃダメだ」と教えることはしないようにしています。

娘が興味を持ったことは、大体やらせてます。

ですので、娘が興味を持ったときに、酒も飲ませたし、辛いものを食べさせました。

で、やっぱりおいしくなかったようで、酒も辛いものも2度と食べようとしません。

山本五十六氏の名言に、

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

ってのがありますが、振り返れば、父親がそうやってくれてた気がします。

親がやらないことは子どもはしないですし、親がやりたくなかったことを子どもにやらせるなら知恵を使わないと無理ですよね。

僕は父親が積極的に関与してくれたので、いろんな体験ができたんだと思います。

僕もそうやって関与していこうと思います。

それよりも、まずは自分が人間性も高め、立派な人間にならないとですね!

——
ランキング応援ポチお願いします!!
いつも応援ありがとうございます!!

本日のオラクルカードは、「クートフーミ」です。

メッセージは「Stay Focused」で、集中を保持しましょう!ってことですね。

ってことで、エネルギーを設定しますので下記バナーをクリックして受け取ってくださいね〜。

【※ランキングバナーは取り外しました。】

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!