給料を上げる簡単な方法

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です。

昨日も温泉に行ったんですが、武蔵小山の温泉は刺青を入れた方が何人か入ってらっしゃいます。

昨日は水着着てるんか?って感じの方がいらっしゃいました。

昔から思っていたんですが、刺青の人が温泉や銭湯に入ってはいけない理由がよくわからないんですが、やっぱり一緒に入っても不快感はありません。

それより、バシャバシャとお湯をかぶり、後ろにいる僕にまでかけやがる気遣いのできないクソオヤジの方が不快っす。

——
いつもありがとうございます
毎度のことですが応援ポチお願いします!

今日の記事は企業勤めの人に向けた記事で、経営者の人には当てはまらない記事なので、イラッとするかもしれません。

だから、経営者の人は「社員はこんなこと考えるんだね」ぐらいで読んでください。

企業勤めしてる人で、良い会社と悪い会社の定義が何かを考えたことがありますか?

僕は社会人2年目のときに「これ以外にない!」と導き出した結論があります。

【D造が思う良い会社、悪い会社の定義】

良い会社・・・給料が高い会社

悪い会社・・・給料が安い会社

もうね、これ以外ないですよ。

「福利厚生が充実している」とか、「ストックオプション(会社が上場したときに株の売却益が得られる権利みたいなもの)制度が充実している」とか、そんなものは、定食屋さんで言う漬け物や内装が充実してるみたいなものです。

会社に勤める人にとって、メインディッシュは給料です。

だから、給料安くて、ストックオプションだとか、福利厚生が充実している会社は、料理がショボくて、内装や漬け物にこだわっている店と一緒です。

そんなものでごまかされてはダメです。

ただ、給料というのは、労働の対価ですから、給料高い会社は労働によって求められる結果が高いものになります。

だから仕事の内容が誰でもできる内容だと、給料が安くなるし、誰にもできないことをすれば給料が高くなるということになります。

僕がこれまで働いてきた会社で、悪い会社、すなわちクソ会社は、最初の会社だけです。

今はもうほぼ潰れましたけどね。

それ以外の会社は優遇してくださっていたので、全て良い会社でした。

僕は上場のコンサルティングみたいなことをしていましたから、経営者に

「幹部候補生や主要な社員には、ストックオプションを発行してやる気を出させましょう!」

って提案をする側でした。

でも、この提案は1回しか言ったことが無くて、その1回のときはそれが正しいと思っていたんですが、本質じゃ無いと気付いてからは、経営者の人には、

「ストックオプションなんてごまかしですよ。」

って言ってました。

福利厚生もそうですよ。

そんなことを充実する余裕があるなら、100円でも良いから給料に回した方が良いと思いますね。

だって、仕事が忙しいと福利厚生を利用する暇が無いんですからね。

そんなわけで、給料が安くて、福利厚生やらストックオプション付与などを充実させるのは経営者のごまかしだと僕は思います。

IMG_5739.JPG
これは大井町のブルドックのメンチカツです。でかくないですか?

で、僕は社会人2年目(2000年)のときになぜそういう定義に達したかというと、その当時、DVDデッキの安いのが出始めたころで、2000年に僕が大好きだったマトリックスのDVDが発売されたんですよ。

そのときにテレビのスピーカーで見たら迫力が無くてショボかったんですね。

だから、5.1ch(スピーカー5個)のホームシアターが欲しかったんですけど、当時30万円ぐらいしたんですよ。

それを買いたいんですけど、お金が無いし、ボーナスも30万円無くて、どうやっても買えないんです。

で、そのときに僕はもっと働いてでも収入を増やしたいんですけど、残業以外に増やす手段が無いんで、なんだかなぁって悩んでいたんです。

そのときにある会社にストックオプションの提案をしたときに、僕がホームシアターを欲しいのを知ってたから、「徳永くんにもストックオプションをあげようか?最高級のホームシアターが買えるよ。」って言ってくれたんですよ。

でもね、その言葉はありがたい言葉だったんですけど、僕は最高級のホームシアターを5年後に買いたいわけではなくて、最低のやつで良いんで、今すぐに買いたかったんで、僕の欲しい気持ちをバカにされたような気がして、かなりドン引きで、不快指数MAXだったんですね。

そのときに給料安いって罪だなぁって思ったんですよ。

だって、ストックオプションはありがたい制度なんですけど、給料安いと経営者の自己満足にしか映らないんですよ。

だから、僕は前の会社のときは、役員をしていたわけですけど、社員へのストックオプションの話が出たときに、それよりも社員の給料を1000円でも良いから給料あげた方が社員はうれしいよって言ってました。

そんなわけで、企業勤めしている人はしっかり給料もらわないとダメですよ。

会社に世話になったからとか、仕事が俺を育ててくれる!なんて、ロマンを追い求めてたら、それは「ディズニーランドは夢の国」なんてわけがわからないことを言って、マクドナルドレベルのハンバーガーに1000円払って、喜んで食べるのと一緒ですよ。

現実を見ましょう。

とにかく企業勤めしている人にとっての現実は、給料です。

給料が安い=悪いこと

給料が高い=良いこと

です。

繰り返しますけど、給料は労働の対価ですから、働いてないのに給料もらおうとするのはダメです。

だけど、結果を出してるなら、ちゃんと給料はもらわないとダメです。

くどいようですが、福利厚生やストックオプションに惑わされちゃダメです。

それはトンカツ食べに行って、しゃぶしゃぶみたいなトンカツ出されてるのに、ご飯と漬け物が最高だね~って言ってるようなものです。

で、給料だけを見ると惑わされないんで、逆に会社の良いところが見えてきたりします。

僕は身体がおかしくなるくらいしこたま働かされているときがあったんですよ。

でも、給料が良かったし、その実感があったんで、感謝してましたよ。

いずれにしても、金運を気にしている人がいますけど、そういうのを気にするのは、お金がないからだと思います。

金運気にする前に、騙されない目を身につけましょう。

で、お金がない原因は収入が少ないからです。

収入が増えれば生活は楽になるんです。

だから、給料が安いことをほかで、ごまかしたらダメですよ。

ごまかしてる時点で、自ら給料が安いことを受け入れ、同時に貧乏を受け入れてるんですよ。

そんな人にお金が入るわけがないですよ。

で、最後になりましたが、給料上げる簡単な方法を書きます。

「給料上げてくれる良い会社で、つべこべ言わずにしこたま働く」

です。

給料上げてくれない会社はさっさと辞めましょう。

——
ランキング応援ポチお願いします!!
いつも応援ありがとうございます!!

本日はそんなわけで「大黒天」でいきます。
打ち出の小槌を振ってもらって豊かになりましょう。

クリックしてくださった方に打ち出の小槌を振ってもらえるようにお願いします。

振ってくれるか知りませんが、、、

【※ランキングバナーは取り外しました。】

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. ユミ より:

    今日もストレートですねぇ(^^)そういうとこ、大好きです!

    • D造 より:

      ユミさん

      コメントありがとうございます。
      ストレートですかね。
      変化球はわかりにくいですからね。
      また暴投にならないように、鋭いコースを狙ってストレート勝負でいきます!!

  2. 匿名 より:

    労働の対価は給与ではないです。
    なぜなら、顧客は職員の「頑張り」にお金を払わないからです。
    それ以外の部分(特に福利厚生について)は、ほとんど賛成です。

    • D造 より:

      匿名さん

      するどいツッコミ?ありがとうございます。
      おっしゃるとおりですね。
      給与が何かというのは、なかなか難しいですよね。
      経営者と社員の関係、サービス提供側(=経営者+社員)と顧客の関係で見た場合で違ってきますし、それらをふまえて言い表す場合、給与だけで長い記事になってしまいますよね。
      「給料の上がらない会社で騙されるように働いてちゃいけんよ。給料が上がるところで必死に働こう!」ってことを言いたかったので、今回は労働の対価って言い方にしました。
      以後、気をつけますね。
      ご指摘ありがとうございます。

  3. なぎさ より:

    つい先日から、貴殿のブログを読み始めたのですが、実に現実味のある納得いく内容に、感嘆してます。気づきがたくさんあります。
    これからも読みたいです。^_^

    • D造 より:

      なぎささん

      コメントあざす!
      なぎささんの気づきに繋がって良かったです。
      また引き続き更新していきますので、引き続きよろしくお願いします!