仕事ができるできないに能力はあまり関係ない

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
最近、お昼過ぎにブログをアップすると心配されるようになりました

ここ最近、仕事のやり方について話をするお客さんが続きました
職場で仕事がうまくいかず、上司にいつも怒鳴られる、そして、会社を辞めようかとまで考えてしまい、きっかけを求めて来てくださったようでした
で、僕はアドバイスをさせてもらうわけですが、話をしていて思ったのは、「気」の話よりもこっちの方が得意だってことです
ひょっとして僕は毎日毎日、不得意なことをしているのでしょうか、、、(爆)

僕の持論に「仕事の出来、不出来に能力は関係ない」というのがあります
これは3番目の会社の監査役がそう教えてくれました
だから、それを知ってから部下が嘘をついたり、ごまかしたり、怠けたり、そういうことが無い限り、仕事ができなくても腹が立たなくなりました
仕事ができるできないを決めるのは、全てコミュニケーションです
能力が関係するのは作業時間だけです
能力が低い人は、仕事が完了するための時間がかかるというだけです

なぜ仕事の成果がコミュニケーションで決まるかというのを書きます
組織で訓練されている人には、常識的な話です

仕事は下記の2つに必ず分けられます

  • 自分一人で完結する仕事
  • 自分一人では完結しない仕事

IMG_4992.JPG
ゆで太郎の鍋焼きうどんです、見た目がイマイチでしたけど、580円で安いしおいしかったです
——

プロジェクトのような仕事は、これがぐちゃぐちゃに混ざっているだけで、細分化すれば必ずどちらかです
前者の「自分一人で完結する仕事」というのは、やり方がわかっていて、誰からのフォローもなしに終わらせることができる仕事ということであり、これは過去に自分一人で完結させたことがある仕事のことです
後者の「自分一人では完結しない仕事」は、別の言い方をすれば「他人の協力が必要な仕事」であり、前者以外の全ての仕事です
やり方がわかっていても、自分一人で完結させたことがなければ、後者になります
それはやってみないとわからないからです

前者は誰ともかかわらずに終わらせる仕事ですから、基本的にコミュニケーションは不要です
でも、後者は他人とかかわらなければいけない仕事で、コミュニケーションが必要です

よく「能力がない」と思ってらっしゃる方がいるんですが、「能力がない」というのは別の言い方をすれば、やり方はわかっているけど、人一倍時間がかかってしまうということです
「何度も教えられたけど、覚えられないから能力がない」という方もいるんですが、この場合、教え方が下手くそな可能性もあるし、いずれにしても、教わっている内容があなたが理解できるような内容ではなくて、あなたに内容が届いていないということですから、これは両者のコミュニケーションの問題です
それを前提に、よくよく話を聞くと、「そもそもやり方がわかってなくてできない」ということを「能力が無い」とおっしゃっていることがほとんどです
やり方がわかっていないことはできませんから、「やり方がわからなくてできない」というのは、そもそも能力以前の問題です

コミュニケーション力が高ければ最強です
コミュニケーション力というのは、人に好かれる力ってことです
コミュニケーション力が高い人は人に好かれるわけですけど、好かれまくっていたら、同じ事を何度も喜んで教えてもらえるかもしれないし、極端な話、できる人に代わりにやってもらえるかもしれないんですよ
だから、コミュニケーション力が高ければ、極端な話、能力は関係ないんですよ

人に好かれる人というのは、人を喜ばせることができる人です
そして、そのコミュニケーションは、10%ぐらいが気持ち、90%はテクニックです
気持ちがいくらあっても、喜ばせる方法を知らなければできません
気持ちはテクニックを実行するために必要なだけです
だから、コミュニケーション力を身につけるには、本を読んだり、人がやっていることを観察したり、勉強が必要です
もう少し言うと、コミュニケーションというのは、その人と接しているときよりも、仕事以外での日頃の接し方が重要です
「普段は感じ悪い」のに、仕事のときだけ、いきなりニコニコしてもダメですよね
逆に日頃からかなり感じが良くて好かれていれば、仕事で接するときは何も考えなくて良いんですよ

僕は前の会社のときは管理部の部長でした
管理部の仕事というのは、他部署と関係が良くないとうまくいきませんから、部長である僕は、とにかく「人に好かれることが仕事だ!」くらいに思っていました
部下にも「とにかく感じ良く笑顔で親切に振る舞って、全社員と仲良くしろ!管理部は接客業だと思え!社員さんがお客さんだ!」と言っていました
他部署の人からすれば、管理部から言われる仕事なんて、スーパーめんどくさい仕事ですからね
だけど、仲良くしていれば、快く最優先でやってくれます
根底では管理部に言われる仕事は、必要なことだというのはわかっていますからね

そんなわけで、僕はあの手この手で仲良くするようにしていました
例えば、人がめんどくさいと思ったり、困ってることの手助けを率先してやっていました
仮に営業でトップを取ったとして、上司にはありがたがられても、同僚には好かれるとは限らないんですよ
人はみんながやっていることをやってもらっても、あんまり感謝しませんが、めんどくさいことや困ってることを手伝ってもらったら、ホントにありがたみを感じるものです
そして、そういう人が困ってることって実はそんなにたいへんじゃないんで、ちょっとやるだけで効果抜群です
会社で言えば、落ちているゴミを拾ったり、コピー機のコピー用紙がきれないように補充したり、共有スペースを整理したり、植物に水をあげたり、宴会の幹事をしたり、そういうことです
そうやって日頃積み重ねておくと「徳永さんは細かい事けど、根は優しいんだよね〜」と思ってくれて、管理部の仕事を最優先でやってくれるし、注意しても素直に聞いてくれます

ベースには、みんなに快適に過ごしてもらいたいという思いはありますが、実際にゴミを拾うなど、ありがたがられる行為を実行するときは坦々と作業としてこなすだけです
ですから、社員が困ってる何かに日頃から気付くために「快適に過ごしてもらいたいなぁ」という心が必要なだけです
だから、テクニックが90%ってことです

最近、会社の飲み会に参加したがらない若者がいると聞くのですが、飲み会というのはコミュニケーションの場としては使えるんですけどね
会社の飲み会に行かないのなら、代わりに何かコミュニケーションの工夫をして、好かれることをしないと、仕事がうまくいかないと思うんですよね
「結果出せば良いんでしょ!」って言いますけど、結果を出しているときは、それで良いんですけど、好かれていないと、結果出せなくなったときに見捨てられます
でも、若者が飲み会に行かないのは、ひょっとしたら、飲みに誘う上司のコミュニケーション力が低くて、一緒にいてつまらないって思われているだけのような気もしますね

いずれにしても、物事がうまく行くにはスムーズなコミュニケーションがホントに大切です
好かれてなんぼです
そのためには、テクニックと精神面の余裕が必要ですから、呼吸法やって、余裕を持ちましょうね〜!!

【呼吸法】
<気の状態を整える>
1.気を出す呼吸法で気を満たす:3〜5分
2.気を落とす呼吸法で気を落としてグラウンディングする:1〜3分
3.頭から気を抜く呼吸法で頭をスッキリさせる:1〜3分
<不安のもとの胸のつまりを取る>
4.胸のつまりを取る呼吸法で気分をスッキリさせる:3〜4回

本日のオラクルカードクリシュナ
メッセージは「Find th Blessing in Your Current Situation」で、現状に祝福を見出しましょう!ってことですね
はい、そうしましょう!!

ってことで、カードのエネルギーを設定しましたので、下記のランキングバナーをクリックしてエネルギーを受け取ってください
※ランキングの事が良く分からない方、エネルギーの設定ってなに?って方は過去記事「ブログランキングについて説明してみた件」(⇒コチラ)をご参照ください

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!