「イヤがらせ」や「仕返し」は相手の立場に立たないとできない

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
もう2015年が1週間経とうとしています
でも、今週いっぱいはいろんな人に、新年の挨拶をすることになりそうですよね

よく「相手の立場に立って考える」とか、「相手目線に立つ」とか、「顧客視点で物事を見る」とかって言いますが、これってどういうことなんだろうかってよく考えます
僕の今の所のとらえ方としては、自分が相手になりきって、物事を考えたり見てみたりすることだと思っています
だけど、なりきったところで、それが正しいかは、やっぱり相手に確認してみないとよくわかりませんから、確認しない限り、想像・妄想の域から脱することはできませんね

ブログを書いてたりすると、いろんなことを言われます
同じ記事に関して、賛否両論が必ずあります
個人的には賛成意見の方が心地良いんですけど、実際には否定意見の方が学びがあります
ですから、賛成意見はモチベーションに繋げて、否定意見は参考にするということにしていまして、ときどき、賛成意見を楯にして、「ほら、俺は正しい!!」というエゴ的な想いを強化してしまってるときがあるのでこれは気をつけたいとつくづく思います

でも、否定意見を参考にするからと言って、本質的な部分が変わることはありません
どういうことかというと、例えば、あるカレーを食べておいしいと思ったとして、だけど、同じカレーを食べた人がまずいと言ってきたとします
そのときに「なるほど、まずく感じる人もいるんだ、なぜそう思ったんだろ」って考えることはあっても、「あの人がまずいと言ったから、僕がおいしいと思ったそれもまずいことだったんだ」なんて思うことはないということです
だけど、こういうことはあります
同じカレーで言うと、おいしいと思ったカレーを誰かに「あそこのカレーは身体に悪いよ」って言われたとします
そういうときは、「身体に悪いならおいしくても食べるのをやめよう」って思ったりしますし、場合によっては、「身体悪いとしてもうまいから別にいいや」って思うこともあります
おいしいと思ったことは感じてしまったことなんでどうしようもないとして、これからのとらえ方や行動の仕方の参考にはするということですね

IMG_4909.JPG
CoCo壱番屋で久しぶりに、いつも食べる納豆チーズなしで、普通のカレーに半熟卵のせを食べたんですが、味が全然違うことに驚きました、ときどき違うことをしてみるもんですね、改めて納豆チーズのおいしさを実感しました、ぜひとも皆さんには納豆チーズのせのココイチカレーを食べて頂きたいです
——

「相手の立場に立って考える」とか、「相手目線に立つ」ってのはやってみると面白いんですよね
会話の中で、相手が話をしていることを聞きながら、相手になりきってみると、相手が話をしているときの気持ちが想像できたりします
逆に自分が話をしながら、相手がどういう気持ちで聞いているか想像しながら話をするというのも相手の気持ちが想像できたりします
そして、会話のときは、相手がどう思っているかをその場で確認できるので面白いです
また、ブログ記事を書くときは、ただ言いたいことを書くだけじゃ無くて、このブログを読んでくださった人が、読んだあとにどういう気分になったり、気付いてもらいたいかってことを先に想像して、そうなるような記事を書いたりするわけです
そのときは書き手と読み手を同時に自分の中に持つことになるんで、書きながらも自分で理解が深まったりするんですよね

で、「この相手の立場に立って考える」ってことの究極って言い方かわからないですけど、一番難しい状況というのが、「イヤがらせ」、「仕返し」のときなんですよ
「イヤがらせ」だったり、「仕返し」で相手をギャフンと言わせたいときって、自分視点で考えてしまうんですよね
自分がイヤだと思うことを相手に思わせようと考えちゃいませんか
ところが、自分がイヤだと思うことを相手がイヤがるとは限らないんですよね
だから、「イヤがらせ」や「仕返し」をしようとすると、これも相手の立場に立って考えないと実はできないんです
さらに言えば、「相手の立場に立って考える」とか、「相手目線に立つ」とかって、相手を想う、優しい気持ちにならないとできないんですよね
ですから、イヤな相手の立場に立って考えるって気持ち悪いですよ
そして、そのときは自分がイヤなヤツになるんですよ
これはやってみるとわかりますけど、ホント変な気分ですよ
そして、ときどき相手の気持ちがわかっちゃったりして、かわいそうに思えたり、やるのがバカバカしくなるんですよね
もういいやって思えて仕返しとか、イヤがらせがどうでも良くなってきちゃいます
だけど、それを何度かやってると、今度は誰かに否定的な意見だったり、イヤがらせだったりをもらったときに、自分がイラッとしたり、また何とも思わなかったりがあるわけですけど、そのときの自分が何を感じてるのかよくわかるんですよ
同時に相手がどういう気持ちでそれをしてるのかがよくわかるようになります
「この人は僕にイヤみなことを一生懸命やってるつもりなんだろうけど、イヤみになってねーなー」って

そんなわけですけど、この「相手の立場に立つ」ってことに関しては、僕は相手の立場に立とうとしてるときは相手の立場に立てるようになってきたんですけど、日常の様々なところではそれがまだまだできません
今はお店に入ったときに、店員さんの立場に立ってみることが目下の課題です
僕の場合、「レジ混んでんなぁ〜」とか、「次あれやんなきゃだなぁ」って、いっつも考え事してるんで、店員さんの気持ちに意識を向けるのを忘れちゃってるんですよね

で、なぜそんなところまで相手の立場に立ってみようとしてるかって言うと、相手の立場に立つことをやってると段々と自分が客観的に見れるようになるんですよ
そして、現象に呑まれても、すぐに我に返ることができるんですね
普段の些細なことでやっとかないと、いざ何かあったときにグワッと呑み込まれてしまうんです
「次あれやんなきゃだなぁ」って考えてる時点で、もう「あれやんなきゃいけない」っていうそれに呑まれてるわけですからね
「次あれやんなきゃいけない」って考えても、「次あれやんなきゃいけない」ことがスムーズになるわけじゃないのに、、、

そんなわけで、お店に入ってしばらくて、「あいやー忘れてた!」の繰り返しなんですけど、しっかりやっていきます!!

本日のオラクルカードパラス・アテナ
メッセージは「Detach from Drama」でドラマから脱却ですね
そうですね、目の前にあるドラマから脱却しないとですね

ってことで、カードのエネルギーを設定しましたので、下記のランキングバナーをクリックしてエネルギーを受け取ってください
※ランキングの事が良く分からない方、エネルギーの設定ってなに?って方は過去記事「ブログランキングについて説明してみた件」(⇒コチラ)をご参照ください

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!