行動を意識しながら行動する

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
今日は武術の稽古です

武術を教わってて思うのは、自分の身体なのにこんなに思い通りに動かせないのかってことです
ちっとも思い通りになりません
いや、思い通りになってんだけど、その思いの向け方、意識の向け方が間違ってるのかもしれませんね
あぁ、たぶん、後者だと思いますね

僕が良く有るのは、料理を注文するときに、注文したいものと違うものを口で言ってしまってることがあります
先日は「うな玉丼」をオーダーしようとと思ったら、「うなトロ丼」が来ました
一瞬ミスオーダーかと思ったんですが、記憶をさかのぼると、オーダーするときに「うなぎにとろろなんてかけんの?」って思ったんですよね
だから、「うなトロ丼」を口にしたような気がするんです

IMG_4635.JPG
今朝7時ぐらいの渋谷センター街の写真です、人が少ないですよね〜、こんな風景ってあんまり見ないですよね
——-

僕らって、自分の行動、動作の一つ一つに意識を向けてませんよね
何か行動するときって、もう既に次の行動のことを頭に思い描いてたりしますよね
僕なんて、ひどいのは、ご飯食べてるときに、明日何食べようか考えながら食べてるときがありますしね
そりゃ間違えてオーダーしますよね

武術をやってて、最近、少しわかってきたのは、動作をするときに段取りというのか、動作の行程っていうのかわかりませんけど、それを意識していたら動作がぐちゃぐちゃになるんですね
そして、注意されたところを意識していたら、今度は他が崩れるんですよね
だから、注意された箇所を意識しつつも、全てを同時に意識して動作しないといけないんですよね
先生がよくおっしゃるのは、「水を感じながら水中を歩いてることを思いながら動け」的なことをおっしゃるんですよ
確かに、先生の動きは日本舞踊みたいに踊ってるみたいですし、動作を見てると確かに水を歩いてるように見えるんですよね
最近、それが何となく分かってきた気がして、注意されたところができた状態で、そういう意識をしながら歩いたりすると良い気がしてます
そんなわけでやっと武術が面白くなってきました
まだ語れるほど何もをわかってないんですけど、僕が教わってる武術は型や技を身につけるというより、そうなりきる練習なんじゃないかと思うんですよね

僕らの日々の行動の仕方って、ホントに意識を向けずに行動しちゃってますよね
行動の積み重ねが今を作っているんですよ
無意識に動くってのは、過去の経験・記憶がベースになって行動しちゃってるって事なんですよね
ってことは、無意識に任せちゃってたら、過去の出来事が繰り返させる可能性が高いってことなんですよね
だから、同じようなことが何度も繰り返されちゃうんですよね
何をどう変えればどう変わるかってのは先日の記事「僕らに選択の自由ってあるのだろうか、、、」にも書きましたけど未来のことはよくわからないんですから、未来を変えたければ、日々の些細なことに意識を向けて、感じながら、行動していくしかないんですよね

最近はその練習のために、歩くときに指先の重さを感じながら歩くってことをしています
それとあらゆるところでしっかり挨拶することですね
意識してるときはできるんですよ
でも、実際は意識ができてないんで、できないんです
すっかり忘れてることがホントに多いです
こんなに意識的に生きるのって難しいのかって思いますね

練習するしかないですよ

本日のオラクルカードなし
今日は手元にカードがないんで、僕のそばに居てくれてるフィリッポ・ブルネレスキーのエネルギーを設定します
フィリッポはルネサンスの建築家で、絵画などの遠近法を発明した人です
僕はフィリッポに意識を向けてなりきると発想の転換が起こったり、わからなかったことがわかったりします

ってことで、エネルギーを設定しましたので、バナーをクリックしてエネルギーを受け取ってください
※ランキングの事が良く分からない方、エネルギーの設定ってなに?って方は過去記事「ブログランキングについて説明してみた件」(⇒コチラ)をご参照ください

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!