比較してみることがわかるコツ

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
今日は武術の稽古なんですが、一向に上達しません

呼吸法をすると大概の人が気を出せるんですけど、出てることがわかるかどうかは、かなり個人差があります
呼吸法をすると、左手で気を出して、右手で気を吸うことになりますので、気が出てるかどうかは右手で確認すると良いです
気を出す呼吸法」をすると、丹田から気を出せるわけですけど、身体から20〜30cm離して、丹田の前に右手をかざすと出てるのがわかる人はわかるはずなんです

わからない人は下記の手順で、練習してみてください

  1. 軽くリラックスする(真剣にやらない)
  2. どこでも良いので何もない空間で右手のひらの感触を確認して覚える(呼吸法はしない)
  3. 呼吸法をしながら、右手を丹田の前の20〜30cmのところにかざして、2の何もない空間との違いを感じてみる

2と3を比較して違えば、その違いの部分が気の作用です
感じられない人は感覚が鈍感で感じられない人か、感じてるけどわからない人ですね
感じられない人が鈍感なのか、ただわかってないだけなのかは、セッションを受けてくださればチェックできるのですが、自分で自分がどちらかを確認の仕方はわかりません

ちなみに、対面でも遠隔でもセッションを受けてくだされば、感じる状態にはなりますが、わからないって方もいらっしゃいます
そういう方のほぼ全員が、頭で考えてしまってる人です
頭で考えてしまう人は、時計を見て、秒針を数えながら、2〜3をやると良いです

この場合、2と3を比較して出てくる答えは以下の2つのみです

  • 同じ
  • 違う

IMG_4503.JPG
僕はポン酢が好きなんですが、歩いてたら「ポン酢そば」って書いてあって迷わず入店してオーダーしたんですね、さっぱりしたのが出るのかと思ったら、こんなガッツリ二郎系が出てきてビックリしました
——

比較してるので、答えは「同じ」か「違う」しかないんです
「よくわからない」と答える人は頭で考えてしまって、思考で捉えようとしてる人です
感覚的なものは思考では捉えることができません
思考で捉えようとするのは、「ものさし」で重さを測ろうとするようなものです

物事を認識する上において、この比較するというのはとても大切なことです
僕らは相対の世界でしか物事を認識することしかできませんので、認識するには比較するしかないんです

例えば空気を認識しようとすると、空気がある状態とない状態を比較するしかありません
ですので、水の中に入るなどして、空気が無い世界に行くしかありません
そうすると空気があるってことがどういうことなのかわかります
ただ、これは正確に言うと、水にも空気が溶けてますから、空気がないというより、息ができない状態と息ができる状態の比較になってしまいますね
先日の記事「今日は書くこと無いからこのブログの変遷を少し書きました」で書いた『最初から最後までクライマックスだぜ〜』も、ずっとクライマックスだったら、クライマックスを認識できないんで、つまんない時間が必要ですね

誰かに物事を教えるときは、この比較をしてもらうってのがとても大切なんですよ
僕のセッションで、何かをわかってもらおうとするときは必ず比較してもらうようにしています
で、比較してもらって、「わからない」から「わかる」に変わるのを重ねてもらうと楽しくなるんですよ

そうそう、これって子どもに勉強の楽しさを教える上で大切ですよ
例えば、子どもに勉強の楽しさを教えたければ、「わからない」から「わかる」に変わる体験をたくさんしてもらうのが大切なんですよ
そのときに「勉強できないと将来苦労するよ!」って言ってもダメなんですね

僕は小学6年生のときに「勉強することは楽しい事」って知って、自分から塾に行きたいって親に言ったんです
それはどういう状況でそうなかったかというと、あるとき僕の同級生が英語を教わってたらしく、そのノートが床に開いて落ちていたんです
僕はそれを見て、筆記体だったので、全く何が書いてあるのかわからなくて、それは友達のお父さんが書いてるって思ったんです
ところが、その筆記体を友達が書いて見せてくれたんですね
そのときに、わけがわからなくて、軽くショックだったんですね
それで、その友達になぜ書けるのか聞いたら、「塾で教わってて、大ちゃんも教わればすぐに書けるよ」って言うんで、その友達が行ってる塾に行ったんです
そしたら、すぐに筆記体が書けるようになって、「勉強すればわかるようになる」って知ったんですよ
今思えば、「わからないから、わかるに変わる」を体験したことが良かったと思うんですよ
「わからない」を認識しないで塾に行ってたら、僕は「わかる」を認識できなくて、勉強がただ辛いって思っていただけだと思うんですね

でね、うちの2歳の娘が僕のiPhoneを触ってて、何もできないから怒ってるときがあったんですよ
そのときは「わからない」ストレスを感じていると思ったんで、操作をやって教えて上げたら、今では2歳でYoutubeで検索してます
それが良いんだかわかりませんが、、、

そういうわけで、わかるには比較が大切なんです
わかりたければ、比較しまくりましょう!
比較するってのが体験するってことでもあります

【本日のオラクルカード:なし】
今日は手元にオラクルカードがないので、何となく、ローマの豊穣の女神「アバンダンティア」で行きたいと思います
アバンダンティアのエネルギーをもらって、みんなで豊かになりましょう!
下記バナーをクリックするとエネルギーが降りてくるように設定していますので、クリックしてくださいね!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. フミ より:

    はじめまして、フミと申します。
    いつも有用な記事をありがとうございます。

    さて私、いわゆる「波動感覚、気感」が鈍く悩んでおります。
    掌の表面では何と無くではありますが感じられるので、本エントリの様な感じ方はなんとか可能だと思うのですが、”掌を介さず”「チャクラをチャクラのまま感じる」ことや「小周天のルートを感じる」事がどうしても出来ません。
    あくまで”掌を介さず”チャクラや小周天等を体感するにはどうすれば良いのでしょうか?
    アドバイスお願い致します。

    • D造 より:

      フミさん

      はじめまして
      コメントありがとうございます
      手ではなく、体感で気を感じるですか、、、
      これを感じるには、それなりの練習が必要だと思います
      僕はいわゆる気功を教わったわけではないので、世間で言われてることと同じ事を言ってるか分かりませんが、僕の体感で言えば、小周天ルートを感じるには、身体の中にできる気の塊(体感としては、圧感、圧迫感)を身体の中を移動させることでわかります
      チャクラを回すことについても似たような感じです
      それ以外のやり方はよくわかりません
      この気の塊を作るには、それなりの気力が必要です
      ただ、この場合、そもそもフミさんがチャクラを動かせてなかったり、小周天ルートで気を動かせてなかったりする可能性もあって、その場合は、そもそもの話になってしまいますね
      ですから、そういったことができるとした前提で言えば、何も気功的なことはしない状態で、自分の身体の状態を感じて、そして、チャクラを動かしたり、気を動かして、その変化を感じらるということをすればわかります
      わからないってことは、そもそもそういうことができてない可能性が高いように思います

      • フミ より:

        D造さま

        お忙しいなかご返信頂きありがとうございました。

        ≫わからないってことは、そもそもそういうことができてない可能性が高いように思います

        自分でも「もしかしたら」とは思ってはいたのですが、「できてない(というか気力がショボすぎる)」のかもしれないです。
        いわゆるエネルギーワークの経験はレイキと街の気功教室があるのですが、今まで「これが気(感)かな〜」と思ってきた感覚も精査してみる必要がありそうです。
        本当に「ただの気のせい」なのかも…

        • D造 より:

          フミさん

          自転車に「なんとなく乗れる」ってことがないように、わかるときははっきりわかります
          比較していくと分かってきますので、いろいろ試してみてください

  2. フミ より:

    D造さま

    ≫自転車に「なんとなく乗れる」ってことがないように

    「感じる」「感じない」の分水嶺が非常に良くわかりました。
    いろいろ試してみます。
    ありがとうございました。

    • D造 より:

      フミさん

      こちらこそありがとうございます
      腑に落ちられたようで良かったです!
      また何かありましたらコメントくださいね