わかる、感じる、理解するコツ

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
明日、いよいよ静岡の大井川でフルマラソンです
今晩静岡入りします、、、
明日はブログを更新できるかわかりませんので、どうぞよろしくお願いします

今月はおかげさまで、月間のセッション数が170件になりそうです
一見さんも入れると、人数としては50人ぐらいじゃないかと思います
おかげさまですね
ありがとうございます

自画自賛的な話になるかもしれませんが、「僕のセッションはわかりやすい!」と言ってもらえることが多く、その部分がお客さんが増えてるところなのかなぁと思います
で、僕のセッションはとにかく「わかる」ということに主眼を置いてるんです
「やればそのうちわかる!」なんてことは教える側の怠慢、言い訳だと思ってるので、僕の場合、「やればすぐにわかる」を目指しています
ってことで、僕がその部分で何を意識してるのかを書いてみたいと思います

僕らの思考の世界というのは相対の世界です
相対の世界というのは、必ず2つ以上の何かがある世界です
ちなみに絶対の世界というのは1つしかない世界です
僕らの思考は相対で物事を認識するわけですから、「わかる」、「理解する」、「感じる」なども全て相対の世界で起こってることです
ですから、「わかる」、「理解する」、「感じる」を起こすには比較するってことが大切なんです
比較をしなかったら、わからないんです

例えば、自動車のタイヤ交換をしたとします
自動車に乗って新しいタイヤであることを実感するには、運転してもらい、そして、そのときにタイヤ交換する前と後で乗り心地を比較してもらうしかないんですね
で、そのときにどこでどうわかるかポイントを教えてあげるとわかりやすいんですね
例えば、スピードを出して、急なカーブを曲がってもらうとか、急ブレーキをかけてもらうとかして、わかりやすいポイントで、そのときの感触を交換前後で実感してもらうんですね
そうするとわかるんです

で、僕がセッションをするときは、そのときにわかりやすいポイントを教えて、前後の比較をしてもらって、そこを押さえていくんですね
そうやって比較して違いを認識すれば「わかる!わかる!」ってなるんです

とにかく相対の世界に思考はあるんです
ですから、比較することが大切なんです

これを数式にすると、

使用後(現在)使用前(過去)変化

なんです
こういう数式にするとなんとなくわかりやすい気がしますね

数式で書くと、こういう感じで、僕らはその変化を認識してるんです
ですから、「幸せ」を感じるには、変化の部分が+(プラス)だったら、幸せを感じるんです
人によっては「変化がなくても、幸せだ!」って言ってる人もいますが、それは人によっての定義の仕方、価値観にもよるんですが、得てしてそういう人は一文無しになって丸裸な自分を使用前のところに置いてる人が多いように思います

うちの近所にある居酒屋三船のいくら丼、950円なんですけど、超うまかったです、近日、家族で行きます!
——

「やりがいのある仕事をしたい!」っておっしゃる方が多いです
そういう方は決まって、「やりがいのある仕事」ってのがあると思ってるんですね
ところが、運良く「やりがいのある仕事」を見つけたとして、その仕事を始めてみると、しばらくするとやりがいを感じなくなるんです
それは、どういうことかというと、

使用後=やりがいのある仕事
使用前=やりがいのない仕事

として考えて、数式にすると

やりがいのある仕事やりがいのない仕事やりがい

なわけです
ところがやりがいのある仕事を続けていると、比較対象、すなわち使用前の部分が、段々と以前の「やりがいのない仕事」じゃなくなるんですね

そうすると、

使用後=やりがいのある仕事
使用前=やりがいのある仕事

やりがいのある仕事やりがいのある仕事

ってことになって、やりがいを感じなくなるんです
ですから、やいがいのある仕事って実は有るようで無いし、無いようで有るんです
で、やりがいのある仕事でやりがいを感じ続けるにはどうするかってことになるんですが、その場合、こうすると良いんですよ

使用後=ある一定期間後の成果
使用前=ある一定期間の開始時の成果

ある一定期間後の成果ある一定期間の開始時の成果成果

このとき、「使用前=ある一定期間の開始時の成果」の開始時というのをどこに置くかなんですが、今日の仕事始めかもしれないし、先月の終わりかも知れないんですね
先月の終わりと比較しちゃうと、成果がマイナスになることがあって、そうなるとやりがいのある仕事をしてるのに凹んだりするんです
だけど、今日の仕事が始まる前の「0(ゼロ)」にすると、毎日毎日成果を感じられて、やりがいがあるように感じるんです

だから、やりがいのある仕事を探してる人は、やりがいのある仕事を探すんじゃ無くて、自分が何を得たいのか、何を成果にしたいのかってのを考えていかないといけないですよ
成果をお金だと思ってる人は、儲かる事をするとやりがいを感じるんです
成果を人の幸せだと思ってる人は、人に感謝されるとやりがいを感じるんです

ということなんですね

話はそれましたけど、僕はセッションのときに、必ず「最近どうですか〜?」って聞くんです
これはお客さんと話をするネタがなかったり、世間話をしたいからじゃないんですよ
話を聞いて前回のセッションからの変化のポイントを探してるんです
そして、変化のポイントが見つけたら、以前を思い出してもらい、今とを比較してもらって、変化に気付いてもらうんですね
そのときに、「こうしたらもっとこうなるよ〜」ってアドバイスさせてもらったりして、成果の認識の仕方や変化のさせ方をアドバイスさせてもらうわけですね
何が変化なのかって自分じゃわかりにくいですからね

先日やった実験も比較して変化を認識していくようにしてます

【実験の記事】

  1. クリックしたらエネルギーが降りるのかどうか実験します
  2. クリックしたらエネルギーが降りるのかどうか実験
  3. 2回目の実験のネタばらしするけど、衝撃的なことが起こって実験どころじゃないよ

で、お客さんで、「セッションを受けてるときは気を感じやすいけど、一人でやると気を感じない!」って方がいるんですが、これは大概が比較の仕方を間違えてるか、そもそも比較してないかなんですよ
気を出してる場所に右手をかざして確認するわけですけど、手が冷たかったり、血行が悪かったりして、わかりにくいときがあるんですよ
そのときに、手が温かったり、血行が良くて、気を感じるには最高の状態で感じたそれを思い出して、それと比較しようとするからわからないんです
僕らは相対で認識してるんで、僕らの感覚はホントにいい加減なんですよ
手が熱いときは、15度の水は気持ち良く感じるけど、手がかじかんでるときは15度の水は痛く感じたりするんですよ
そうじゃなくて、今の身体の状態で、気を出していない何でもない空間に右手をかざしてるときの状態を確認して、そして、気が出てるところに右手をかざして変化を確認しないといけないんです

ということで、比較の仕方(=認識の仕方)が大切なんですよ

そうそう、思い出した
僕は実は大学生のとき、女性のスリーサイズや体重を服着てても見るだけでわかってた時期があるんですよ
エロ目線でわかるようになったんじゃないんです
当時付き合っていた彼女が何かの衣装が必要で、採寸をしていたときに僕もそばにいて、そのときにスリーサイズと体重、身長を聞いてしまったんですね
そして、定員さんが、「全て日本人の平均的な数値ですね〜」って言ってて、そのときに女性の平均的なデータが頭に入ってしまったんです
それで彼女と会って、服着てる姿をいつも見て、そのときの印象を覚えてますから、それを基準にして、友達のサイズと体重を言い当ててたんですね
スリーサイズを言うと嫌らしいので、ブラと着てる服のサイズと体重を言ってたんです
そして、そうやって確認してるうちに、誤差を修正できて、そのうちはっきりわかるようになったんですよ
寄せてあげてのブラをしてても見抜けるようになってました
で、その彼女と別れてから、しばらくしたらわからなくなったんですね
基準を見れなくなったので、比較しようが無くなって、よくわからなくなってしまったんです

ってことで、「こういうのも比較してわかるよ!」って言いたかったんですが、もうこの話は変態野郎の話ですね

【本日のオラクルカード:イシス】
メッセージは「Balance Career and Home Life」です
仕事と家庭生活のバランスを取れってことですね
やりがいのことを書いたからですかね、、、
毎度、記事に関連するようなカードを引きますね
ってことで、本日のバナーにはイシスのエネルギーをセットします
ぜひクリックして、イシスを感じてくださいね〜

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!