日頃から空(くう)な状態になるために必要な要件

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
最近、週1で企業コンサルティングの仕事を取るための打合せをしていますが、僕のような得たいの知れない輩が大企業のコンサルティングをするなんてどうなるんだろうと不思議な感じがします

で、アクセス数は減ってますが一部のマニアな方には人気のような空(くう)シリーズの続きを書きます
こんなに続くとは思ってもいませんでした

【空(くう)シリーズの過去記事】
1回目:不安や畏れが無くなれば、悟らなくっても大丈夫ですよね?
2回目:昨日の記事の「穴状態」ってのは「空(くう)の状態」のことです
3回目:空(くう)を理論的に理解するということ
4回目:空(くう)な状態はやっぱり当たり前過ぎてわからないだけだと思う

空(くう)の体験ワークは恐らく10名ぐらいの方に体験していただき、皆さん「これが空(くう)なのか」と体感し、そして、自分でそれを起こせることも理解してくださいました
で、そのあとの感想をいくつか頂いてるのですが、皆さん、「D造さんとやったときほどわからない」っておっしゃいます
実は僕もそうなんです
皆さんとやったときほどにはわからないんです

空(くう)な状態にいつでもなるには、

  1. とにかく空(くう)な状態に慣れ親しむ
  2. 空(くう)に入りやすい状態を日頃からキープする

大きく言うと上記の2点が必要になりそうです

IMG_4326.JPG
ちょいちょい登場する五輪鮨の15食限定の海鮮丼大盛りです、これで850円でかなりうまいっす

空(くう)な状態になっても、すぐに思考が動いてしまうと、「思考不在」な状態が空(くう)なわけですから、空(くう)な状態ではなくなってしまうわけです
ですから、思考が反応しないようにしないといけないわけですね
そういう意味で、どちらも「思考が起こりにくい状態を作る」という意味では同じなんですが、アプローチの仕方が違うので2つに分けます

1.とにかく空(くう)な状態に慣れ親しむ

とにかく慣れるしかないんです
僕らの思考は常にわからない事を拒否しますから、わからないことが起こると「不安」を生むわけです
慣れてないと、空(くう)な状態に入ったときに「これで入ってんのかな?」って感覚が起こっちゃうんです
ですから、「これで入ってんのかな?」って感じのわからないという感覚が起こらないようにしないといけません
そのためには、

「おっ!空(くう)な状態になったぞ」

って体験を何度も繰り返して、

「俺はいつでもどんなところでも空(くう)な状態になれるぜ!!」

って、体験して知っていくしか方法がないわけです
それがお酒を飲んで大騒ぎしてるときも、会社で大失敗をやらかしてるときでも、できるようになっていけば、

「おいどんは、空(くう)な状態にいつでもなれる人ばい」

って自覚するわけですね
ちょっと前にも能力を使うには自覚が大切だって書きましたけど、この自覚が空(くう)な状態にいつでもなるために一番大切なんですよ
というのは、警察官がすれ違った人に突然ピストルを取られそうになったら、咄嗟に防御できるのは、「ピストルを持っている」という自覚があるからなんです
その自覚がないと反応できないどころか、何されてるかわからなくなるんです
ですから、自覚が大切なんですね

その自覚を持つために、とにかく空(くう)な状態にあらゆるところで入りまくって慣れるのが良いわけです
今回の空(くう)に入るためのテクニックは、いつでもどこでもできるぐらいに簡単だし、呼吸法と違って、やってるのが人にはわからないところが良いですね
僕には全く関係ない、金輪際あり得ない話ですけど、形見の狭いお父さんが家庭で辛いことがあってもスポッと空(くう)な状態に入れるようになり辛い思いをしなくてよくなるということです
武術の先生には一瞬で気付かれましたが、奥さんが達人で無ければ気付かれません

2.空(くう)な状態になりやすい状態を日頃からキープする

僕らは日々起こる目先のアクシデントをなんとかしたかったりするわけです
朝の薄暗い物静かな空間で、静かにたたずんでるときだけ良い感じになっても、職場でアクシデントが起こって、いつまでもあたふたしてるようでは仕方が無いわけですよ
できれば、アクシンデントが起こったら、すぐさまに落ちついて、観音様のようなほほえみが出せるようにしたいわけです
そのためにも、日常の雑多な中で空(くう)な状態になっときたいわけですね

元も子もない話になってしまうのですが、思考まみれで荒れまくってると、空(くう)な状態になっても、すぐに思考が起こってしまいます
ですので、日頃から空(くう)な状態になりやすい状態、すなわち心身ともに整ってる状態をキープしてないと、いつでもどこでも空(くう)な状態になれないわけです
そのために自分を根源的なところから整えた方が良くて、そのために瞑想をしたり、日頃から気を安定させたりしておくことが必要になるわけです

ワークをやるときに呼吸法だったり、瞑想をやってから、ワークをやるんですけど、それをせずにワークをやったら、皆さん「よくわからない」って言うんですね
でも、しっかり瞑想や呼吸法をやると、「空(くう)」を実感されるんです
ですから、整った状態が必要なんですね

ってことで、結局は「空(くう)な状態になりやすい状態をキープするために、日頃から瞑想なり呼吸法をやりましょうね」ってことになりますね

チ〜〜〜ン、、、、orz

「ヨシ!これで呼吸法が不要になるぞ!!」って思ったんですが、そんなこと無さそうですね
だとしたら、30分なり、瞑想の時間を取るのが面倒なんで、僕は、ほぼいつでもできる呼吸法をすることになりそうです

ってことで、要点をまとめます

まとめ

  • 日頃の畏れや不安を解消できたとしたら、別に悟らなくても良いでしょ?
  • 瞑想のときだけ空(くう)な状態になっても仕方ないから、日頃から空(くう)な状態になりたいよね
  • 空(くう)な状態になるために、理論的な理解と体験が必要ですね
  • いつでも空(くう)な状態になれるという自覚を持てるようにしましょう
  • そのためには、空(くう)に日頃から入りまくる必要がありますね
  • また、空(くう)な状態に入るために整った状態を日頃からキープしないとですね
  • 結局、呼吸法なり瞑想をしないとですね
  • 僕は瞑想の時間を取るのは面倒だから、呼吸法しちゃうよ

== 空(くう)シリーズ 完 ==

独断と偏見に満ちた空(くう)シリーズが終わりました
これセミナーにしましょうかね

ってことでポチッとお願いします!!

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!