視点を変えるには余裕が必要だぜ!って話

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です
昨晩は涼しかったです

セッションを受け始めたお客さんの傾向として、1ヶ月半過ぎたあたりから、気持ち的に余裕が出始める方が多いです
その余裕の感じられ方というのは、

  • 今までやっていたことが楽にできるようになった
  • 精神的に落ち込むことがあっても、立ち直りが早くなった

といった感じの方が多いです

目の前のトラブルというのは、ちょっとした視点の切り替えで楽になったりします
例えば、職場がたいへんだったとしたときに、転職するとか、我慢して今のまま働くなどいろんな選択肢がありますけど、そのときに転職するにも次の就職先が見つかるかわからないから、我慢して働くしかないということがあると思います
そういったときはとりあえず、3ヶ月ぐらいの期限を自分の中に設けて、「これから3ヶ月で次の就職先を見つけよう!」って自分の行動を決めてしまうと、職場で嫌なことがあっても、「とりあえず3ヶ月の辛抱だ!」って思えて楽に働けたりします
これは一例ですけど、とにかく今がしんどかったとしたら、そのしんどいことから抜け出すための行動を具体的に決めることで視点を変えて、それからはそれを目標にして、そのための活動をすることで楽になります

ただ、こうやって言うと簡単なんですけど、この視点の切り替えが実は意外と難しいんですね
まず自分に精神的にも気力的にも余裕がないとダメです
解決策がいくら具体的に見えても、余裕がないと、「そんなこと言われたって!」って想いがわき起こってきます
また、そういう想いは湧いてこなかったとしても、頭でわかるんだけど、なぜかできないってことが起こります

20140729-091841-33521887.jpg
最近ミニトマトにはまってまして、お昼がミニトマトだけってときがあります

ですので、目先の何かをどうにかしたい!というお客さんには、まずは余裕を作ってもらうことが最初になるんですけど、ただ、精神的余裕が出てくるとそれだけで「問題解決しました!」ってなってしまう方が半分くらいいます
そういう方は変える必然性が無くなってくるんで、最初は「何がなんでも会社辞めたい!」って言ってたのに、なかなか具体的な行動を起こされなくなってしまいます
それでしんどくないんだったら、それもそれで良いんですよね

何かができるようにならないと、とか、環境が変わらないと目先のたいへんさをクリアできないような感じがしますけど、大体のことは視点を変えるだけでなんとかなります
そして、視点を自由に切り替えられるように、精神的、気力的な余裕は持っておきたいですね

以前よりかなり減りましたけど、僕も未だに気付いたら余裕がなくなってるときがときどきあって、そのときはアドバイスされるとイラッとしたりしてしまうんですね
そして、そのアドバイスをくれた人のことをとやかく言ってしまいたくなるんですけど、そのときは自分に余裕がなくなってることのシグナルだと思って、せっせか呼吸法やってます
「チャンスは鬼顔で後ろハゲ」と言いますから、自分にとって心地良いチャンスってそんなになくて、耳が痛いアドバイスもチャンスの一つなんですよね
鬼顔もガッツリ掴めるようにしときたいですね

ってことで、ポチッとお願いします!!

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
個人レッスンがしばらくキャンセル待ちでしたが、あと1名様だけお申込みを受け付けます。
ご興味をお持ちの方はこのタイミングでぜひお申込みください!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

視点を変えるには余裕が必要だぜ!って話
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!