無意識へ働きかける=決める

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
今朝の通勤ルートは、自宅→渋谷→五反田→渋谷→五反田でした

借りたDVDを渋谷のツタヤに返さないといけなくて、通勤途中で返そうと思ってたら、気付いたら五反田に着いていました
「気付いたら」ってのはホントに「気付いたら」で、今日は家を出て本を読みながら電車に乗ってたわけですけど、本に没頭し過ぎちゃって、途中、電車が混んでたのかどうかも良く覚えていません
そんなわけで、本を読み始めて、返さないといけないことをすっかり忘れてしまい、習慣という名の惰性で行動してしまったんですね
習慣ってのはありがたいですね
身体がそうやって勝手に反応してくれるんですからね
だけど、イレギュラーなことは一切やってくれないですから、やっぱりイレギュラーなことをしようとすると強く意識しないとですね

こういううっかり起こすときは、意識が散漫だったり、地に足がついていない状態になってるときなんですよね
昨日、寝るときに意識が浮ついてるなぁってのは実感していたんです
そして、こういうパターンのときは大体が寝坊したり、うっかりをやっちゃうんだよなぁって思ってたんです
そこまで気付いているんだから、しっかり意識を整えれば良かったんですけど、なんとなく面倒になって寝てしまったんですね
そしたら、案の定、寝坊して、そして、朝から2回も渋谷に行くことになってしまいました

僕らはしっかり地に足をつけて意識的に生きないと、惰性で生きてしまうんですよね
惰性で生きるってのは、無意識に任せて生きるってことで、無意識は安心安全を第一にしますから、安心安全だってわかってる「いつも通り」を起こしちゃうんですよね
寝坊したってのも、5時に起きて運動しようって思ってたのに、いつも通りの6時30分に起きちゃったんですよ
でね、起きて寝坊したことに気付いたときに、地に足をつけて、意識的に生きるようにすれば良かったんですけど、それも後回しにしちゃったら、やっぱり「いつも通り」に五反田に着いちゃったわけです

じゃあ、どうすれば良かったって言うと、寝るときにリラックスして落ち着かないといけなかったんです
そして、5時に起きるのをしっかりと意識して、起きることを決めて寝れば良かったんです

今朝で言えば、寝坊したということがわかったときに、しっかり目を覚まして、リラックスさせて、DVDを返して、五反田に向かうことをしっかり意識して、行くことを決めれば良かったんです
たったそれだけです

DVDをカバンには入れてるんですよ
そのときは、「あ、渋谷によって返さないといけないなぁ」ってことだけ思って入れたんですね
「返さないといけない」と思っただけで、「渋谷に寄ってから五反田に向かう」ことを決めてなかったんです

僕らは、ほとんど無意識に生きてるんで、無意識に意識的に働きかけていかないと、無意識に行動するんですよ
その無意識への働きかけが「決める」なんですよね
「よし○○やるぞ!」って決めないと、いつも通りに流れていっちゃうんですよね
逆に言うと、決めれば良いんですよね
やろうと思ってるけどできないときは、やろうと思ってるだけで、「やる!」ってことを決めてないんですよね

で、決めようと思って決めれるときと、決められないときがあるんです
その違いは、決めるための強い理由があるかどうかなんですよね
それがないと決められないんですよ
だから、決めるときは、なぜそれをするのかしっかり認識しないとなんです
もう少し言うと、それをやった結果、何が得られるのか、またはやらなかったときに何を失うのかをしっかり認識して、「だからやるんだ!」ってならないとなんですね

そうやって決めて、無意識に対して意識的に働きかけないと、無意識な日々を過ごすことになってしまいますね
とにかく「決める」って大切ですよね

ポチっと応援お願いします!

20140727-094502-35102274.jpg

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!