良い気、悪い気、ヒーリングなどについて説明してみた件

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
今晩、形意拳の流れの意拳の体験練習をしてきます
どんくさい僕にできますかね、、、

よく呼吸法で吸って出す気とヒーリングで出すエネルギーの違いを聞かれますので、その説明をします
知ってる人にはわかりきった話だと思います

呼吸法で出す気の方が重たく、ピリピリしてます
僕はヒーリングしか知らなかったときは、重たい=悪い=低次元、軽い=良い=高次元と思ってました
でも、この気を知るようになり、そうとは言いにくいことがわかりました

人間の身体だけでなく、地球を維持するためには空気が必要なように、地球上の動植物の生命を維持するためには気が必要で、空気も気も地球上の生命体を維持するための媒介です
音というのは、振動している空気を言いますが、電気やガソリンではなくて、パワー的な目に見えない「エネルギー」というのは、ある特定の振動をしている気のことを言います
音というのは、空気の振動でそれが伝わるわけですが、エネルギーというのは、気の振動で伝わるわけです
僕らは、その気の振動が人間にとって、プラスに働くものを良いエネルギー、マイナスに働くものを悪いエネルギーと言ってるだけで、良し悪しを決めてるのは振動の仕方です
ですから、空気そのものに良し悪しがないように、気そのものに良し悪しはありません
そして、空気があちこちに漂っているように、気もあちこち漂っています
ちなみに、波動というのは、かなり荒い説明になりますが、空間に広がる振動のことを言います

気の良し悪しを決めるのは振動なわけですが、高周波なものを快、低周波なもの不快とする傾向があり、高周波のものは軽いように感じられ、低周波なものを重たく感じられます
重低音を聞くと圧のある重たい感じがしますが、それと一緒ですね
で、気の振動は、植物など自然から発せられるものは高周波で、不自然なものから発せられのが低周波になり、不自然は人間にとって害になることが多いので、不快と感じるのでしょうね

人間も生きている以上は当然気を出しているわけですが、そのときに怒りなどのネガティブな状態のときは、低周波な気を発し、ポジティブな状態のときは高周波な気を発します
ですから、落ち込んでる人を見ると、重たく感じるのは、そういうことですね

で、ヒーリングなどの癒やし系のエネルギーは高周波な気なんですね
大自然の中のいると癒やされますが、それは高周波な気が立ちこめていて、高周波は細胞を活性化させるので癒やされるんですが、ヒーリングをすると癒やされるのは、高周波な気だからですね
このヒーリングや植物が出すほどの高周波な気というのは、人間の観念では出せないわけです
そこで、ヒーラーさんなどは、人間の観念を超えたところに意識を合わせて、高周波な気を出すわけです
ラジオをイメージしてもらうとわかりやすいかと思いますが、チャンネルを合わせると、ある局で流す番組が音として鳴るように、高周波なエネルギーを発する存在と意識を合わせて、そういう振動の気を発するわけです
その合わせ方が、マントラ(呪文)だったり、ヤントラ(紋章)を使った方が意識のスイッチを入れやすいためにそういったものを使うのでしょうね
ヒーリングの伝授ってのは、FMしか入らないラジオにAMが入る機能を追加するようなものですね
で、ヒーリングにはいろんな種類がありますが、この違いは、どこに意識を合わせているかという違いですね

20140710-101211-36731357.jpg
昔明治神宮で撮った写真で、スマホだとこう言う写真撮りやすいですよね
——

以前ラジオにカセットテーププレーヤーが搭載されたものもがあり、ラジオを聞きたいのに、カセットテープの再生スイッチを入れると、両方の音が鳴ってしまうものがありました
それと一緒でヒーリングをするときにも、ヒーラーが自分の観念を入れると、ヒーリングのエネルギーとその人の観念のエネルギーが混ざって出てしまいますので、ヒーリングをするときは極力無になることを求められるわけです

ちなみに、僕はエネルギーを降ろすだけだったら、どんなエネルギーでも降ろせます
それこそ、お釈迦様やキリスト、ミカエルなどの天使はもちろんですが、悪魔的な存在も降ろせます
もちろん、今も生きてる人のエネルギーも降ろせます
意識を合わせて、自分を無にするだけですから、そんなに難しいことではないです

お客さんにエネルギーの違いを知ってもらうために、いろんなエネルギーを降ろして感じてもらったりするんですが、好みがあって、キリストやミカエルのエネルギーを不快に感じる人もいます
ですから、ヒーリングにしても、エネルギーの種類にも合う合わないがあって、高ければ良いってものでもないんでしょうね
そう考えると、ヒーリングで言えば、ヒーラーさんがどこに意識を合わせていて、どの程度、無になれるかってことと、扱えるエネルギーの量で、かなりの違いが出てきます
ですから、ヒーリングを受けるには、ヒーリングの種類もそうですけど、ヒーラーさんとの相性もよく考えないといけないと僕は思います

呼吸法で扱う気というのは、そういう高次の気ではなく、そこらに漂ってる気を循環させてるだけです
ですから、ヒーリングなどのエネルギーに比べると、荒いし、波動は低いので、重く感じますし、治療には全く向きません
別にヒーリングするわけではないので、自分の状態を整えるにはそれで充分なんですね
ですから、僕もときどき治療的なことをするんですが、そのときには、気を循環させるためだけに呼吸法を使って、違う波動を降ろしてやります

こんな感じですかね
今日書いたことはあくまで僕の体験から書いたことで、他の人が説明しているものとは違うこともあるかもしれませんが、ご参考までということで、、、
こういうのって誰か科学的に研究してると思うんですけどね、、、

ポチッとお願いします

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!