○○テクニックとかたくさんありますけど、それらを確実に実行するには無我になる必要がある

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
昨日は23時に八昌に行き、駆け込みで最終電車で帰りました

昨日、コンサルタントの方と話をしました
彼らのような方と話をするというのは良いですね
話がかなり整理されます

話を整理していただいて、自分の強みが何なのかわかってくるんですよね
そして、話をしていくうちに、「あ〜、こんなことできますよ〜」って出てくるんですよね
面白いですね

昨日話をしてて気づいたんですけど、僕は「絶対にくどき落とせるテクニック」とか、「上司や部下を自分のために動かすテクニック」とか、「交渉術」とか、「自分のために動いてくれる質の良い人脈作りのテクニック」とかあるんですよ
これはここでは説明が難しいんですが、このどちらも実は同じ法則みたいなものがあって、それをやるだけなんですよね
僕は大学2年生のときに同じ子に3回告白して、3回フラれたんですよ
今はどうでもよくなってしまいましたけど、一時トラウマみたいになりまして、フラれるのが怖くなったんですよね
だから、どうやったら、自分を振り向かせるかってことを相当研究したんですね

こうやって書くと嫌らしい、人を騙すようなテクニックのようにも聞こえるかもなんですけど、考えれば簡単なことです

  1. 相手に信用してもらう
  2. 一緒にいると楽しいと思ってもらう
  3. 自分のことを意識してもらう時間を増やす

こんな感じですかね

「信用してもらう」ってのは、「自分はすごいんだ」なんてアピールしちゃダメですよ
とことん話を聞いて、「すごい!」とか、「そんなことを知ってるの?」なんてことを言って相手を持ち上げながら、趣味だったり、出身地だったり、共通点を見つけて、その共通点を話題にして意気投合する状態を作らないといけないんですよ、、、
こんな感じで、こまかく言えばいくつもポイントがあるんですけど、上記をうまくやっていくと、人は知らぬ間に自分に依存しちゃって、離れられなくなるんですよ
僕はこのことに気づいてからは、自分が狙った子とは全員付き合ってるんです
彼氏がいても関係なくて、別れさせて付き合ったことなんかもあります
かっこいいとか、おしゃれとか関係ないですね

medium_6528994823
photo credit: Si-MOCs via photopin cc

これが上司と部下に対しても同じで、

  1. まずは信用してもらう
  2. 上司や部下に自分がいると便利、気が利くと思わせる
  3. 自分のことを意識する時間を増やす

こうすると、段々と上司や部下は自分がいないと困ると思ってくれるようになるんですね
これらのテクニックはあるところまでやりきるとホントに便利ですよ
組織で働く人にとって、とくに上司を動かすテクニックなんてホントに良いです
上司がいろんなことで自分を頼ってくるようになりますからね

で、この方法は結構いろんなところで人に教えてるんですよ
だけど、みんなできないんですね、、、
それは自分の「好きか嫌いか」に振り回されてしまうんですよ
好きな彼がいて、好きだから束縛したくなっちゃったりとか、嫌いな上司になんでそんなことまでしないといけないだ!なんてことを思っちゃったりして、できないんですねぇ〜

ですから、ある種の無にならないといけないんですよね
逆に言えば、人と接してるときに、無になると、相手がどこに反応してるかってのがわかるんですね
このことは、トップのホストをやってモテる本みたいなものを出版されてた方も同じようなことをおっしゃってました

「交渉術」とか、「自分のために動いてくれる質の良い人脈作りのテクニック」とかも無の状態になるってのは絶対条件になります
で、この無を作るには自分の状態がかなり左右するわけですけど、その状態を整えるには呼吸法は便利なんですよ

恐らく、僕が言ってるようなテクニックというのは、社会で活躍してる方だとか、偉人の人等はみんなやってらっしゃるんでしょうね
上には上がいるわけですけど、ある一定以上、上の存在になると、こんなテクニックも必要なくなっちゃうんでしょね

ってか、こんなこと書いて良かったのかなぁ、、、

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!