やりたいことを必ずやりとげるためのテクニック

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
結局、昨日も働きまして、今日は22時に仕事が終わって、23時から行きつけの八昌に行ってきます
改装でしばらく閉店するそうで、もう今日しか行けそうに無いんで、、、
誰か誘いたいけれど、23時だと誰も行かないだろし、店主の圭さんと軽く飲むかな

昨日「あの世に持って行けない物に執着し、持って行ける物には無頓着」の続きを書きます

物事を成し遂げるには、それを成し遂げる理由をよく考えて、菩薩行を行いましょう!

普段、お客さんに回りくどく言ってることをシンプルに教えて頂いたように思います

潜在意識は、否定、命令を排除する

潜在意識は否定や命令を排除します
例えば、ダイエットなどで、「20時以降は食べちゃいけない」と分かってるのに食べちゃうのは、「食べちゃいけない」という否定を潜在意識が排除しちゃってるんですね
だから食べちゃうわけですね
子どもに注意するときも、「○○しちゃいけないよ」って言うと、そうするようになります

潜在意識は否定は排除するんで、肯定しかないんですよ
だから、「間食しちゃいけない」って言い聞かせると、「間食」「間食」って言い聞かせてるようなもので、逆に間食してしまいたくなります

食べないようにするには、「20時までに食べ終わる」という意識の持って行き方にすれば良いってことです
とにかく、「ねばならない」とか、「しちゃいけない」とかそういうのはやってしまいます

このことはつい最近、記事で書いた気がするけど、どうでしょう、、、、
セッションで言ってるだけかな、、、

やりたいことを必ずやりとげるには、、、

「断酒をしよう」としたときに、その理由が「身体に悪いから」だとしたとき、これは必ずやりとげることができません
じゃあ、どうやったらやり遂げられるかというと、「身体に悪いから」のもう一つ先を考えて、それをすることで、誰かが喜ぶ理由を持つと良いんだそうです
「断酒をすることで、健康になって、家族を養っていこう!」とか、「貯金をして、家族を安心させよう!」とかそういうことです
確かに、病んでまで働いてるお父さんがいますが、そこまでがんばっちゃうのは、「家族を養うため」ってのがあると思うんですね
そうじゃなきゃ、その手前でイヤになってしまいます
働かずに引きこもってる方がいると思いますが、それは働くことで誰かに対して感謝して貰えるような実感がないからですよね

20140407-125045.jpg
八昌のお好み焼きです、今日23時から一緒に行きませんか?

これは僕も普段かなり意識していることなんですよ
かっこつけてるようであんまり言いたくないんですが、僕がこうやって毎日ブログを書けるのは、「読んでくださってる方がいるから」ってことと、「このブログを書くことで、家族を養える」と思っているからなんですね

僕は何かを始めるときに必ずやり遂げるために、家族だったり、大切だと思ってる人に対して、どういう効果があるかを具体的に考えるようにしているんです
例えば、「収入をあと10万円増やしたい」としたときに、その10万円があることで、「生活費を増やしてあげられる」とか、「離れて過ごす息子や一緒に生活している娘たちが将来お金が必要なときに出してあげられるようになる」とか考えるんですね
それをちょいちょい思い出すんですね
これが「新しいPCが買えるから」ってことになると、ちょっとしんどいことがあったときに「まぁいいや」ってやめちゃうんですよね

まとめ

そんなわけで、何かをやりとげたい、実現したいときは、それが達成されることで、誰かのためになる理由を見つけると良いですね
人は承認欲求がありますから、それが満たされるようなことはがんばれますよね
落ち込んでる人、何をやったら良いかわからない人は、自分が人のためにできそうなことをやってみると良いと思います
そのときに、「○○しない」じゃなくて、「○○する」って感じの肯定形でいきましょ

また、逆に言えば、旦那さんの稼ぎを増やしたいと思ったら、「あなた頑張ってくれてるおかげだよ、ありがとう」ってのをたくさん言えば、旦那さんはもっと頑張ってくれると思いますよ

ですから、お互いがみんなで感謝しあって、ねぎらいあいましょうね

そして、さらに言えば、昨日の記事の精進、相続の話がありましたが、これらを身につけるには、知ったことを人に教えましょうってことですね

ってことで、僕も精進します!!

雑感

光静さんが別れ際に、僕に「せんせー、私のこんな耳汚しな話聞いてくださって、ホンマすみませんね〜」っておっしゃってました
僕なんかより人生経験も豊富で、活躍されてる方に、そんなことを言われてびっくりしたんですが、偉そうになさらないのが素晴らしいなぁと尊敬しました
僕はすぐに偉そうにしちゃいますからね、見習いますよ

ってことで、まずは、関西弁の練習をします!!

って違うか、、、

あー、光静さんと一緒の写真を撮れば良かった

【追記】
僕の理解が不十分で、ご指摘をいただいたので内容を一部訂正しました

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. 大信田昌宏 より:

    どんな事にせよ、「目的意識」や大事にしている人の為であるならやる気になれますよネ!

    本日の記事もとても勉強になりマス☆

    (*^^)v

    • D造 より:

      大信田さん

      いつもありがとうございます
      仏教の話は勉強になりますね
      人のためにってのは偽善者っぽい感じもしてしまいますが、本質がわかるとそうじゃなく感じますよね
      何でも継続させて、ドンドン前進しましょ!!

  2. tk より:

    フェイスブックで友人がこちらの記事を引用されていたので、拝読させていただきました。

    若干、気になる部分があったので僭越ですがコメントさせていただきます。

    まず「潜在意識」を漠然と語られていますが、もっと具体的に言えば、「潜在意識に存在する欲望のデータ」だろうと思います。

    表層の意識で考えること(理性)よりも、通常は潜在意識にある観念や欲望に因って人は行動してしまいます。
    もちろん、理性が打ち勝つことも(それを続けることによって、潜在意識下にそのデータが植え付けられる)あります。

    また「菩薩行」とい言葉を使われていますが、これは注意されたほうがいいと思います。
    仏教で言う「菩薩行」は全く違いますから。
    ここで言われていることは、結局は自分の欲望のため、です。はっきり申し上げますが。
    「菩薩行」とは、自分との関係を問わず、「仏法に則って」世界に奉仕するということです。

    D造さんが言われているように、何かを成し遂げたい時にその決心を揺らがせないための動機付け、を否定するつもりはありませんよ。それはそれで結構なことだと思います。
    しかし、専門用語を間違って使うことはいかがでしょうか。

    という感想を持ちました。
    失礼いたしました。

    • D造 より:

      tkさん

      ご指摘ありがとうございます
      僕は仏教には詳しくありませんし、tkさんが何者なのかもわからないですから、tkさんのおっしゃる「菩薩行」に関する見解も正しいとも感じることができません
      ただ、そういう不十分な知識で書いたことは、読みようによっては無責任ともなりますので、菩薩行という言葉は削除させていただきました
      潜在意識については、この記事の中で、文章が長くなってしまうために、かなり荒い説明をしました
      tkさんはその分野にお詳しい方なんでしょうか?
      ぜひフェイスブックでつながらせてください!
      今後ともどうぞよろしくお願いします!!

  3. tk より:

    ご返答ありがとうございます。

    「菩薩行」についてですが、私も人様に教授できるほど詳しい訳ではありませんが、少なくともそれが仏教用語であり(読んで字のごとし、菩薩の行い、という意味ですね)、ということは仏教の考えに則った使い方をするべきもの、と思います。
    そして仏教とは解脱あるいは悟りを目指すものですが、それは煩悩からの解放を意味します。そして菩薩とは、自分のみならず周りの魂も含めて六道輪廻からの解放を目指している存在のことです。
    ですので、こちらでの引用は間違いと言わざるを得ません。

    「潜在意識」については、D造さんの書き方だと、何の予備知識がない人が読んだら、潜在意識という命令系統があるのだろうか、と思われるのではないか、という印象を持ちました。ですので、少し補完させていただきました。
    これは私の考え過ぎかもしれませんが。

    フェイスブックにつきましては、またご縁があれば繋がることもあると思います。
    その時はよろしくお願いします。

    • D造 より:

      tkさん

      この度はいろいろとご教示くださいましてありがとうございます
      どこのどなたか存じませんが、今後ともどうぞよろしくお願いします