どうせやるんだったら大げさかつ負荷をかけてやる

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
最初から最後までクライマックスです
ってことはクライマックスじゃないってことですねw

「自分なりに・・・」はやってないのと一緒、やり過ぎぐらいがちょうど良い

大げさかつ負荷をかけることの大切さを知ったのは小学2年生

僕は小学2年生から身体を鍛えるためにジョギングを始めまして、父親がコーチでした
走り始めた理由は、喘息を持ってたからなんですね
で、小学3年生から、学校で1番になって、中学からは佐賀県で優勝したりもしてました

あれから30年・・・(きみまろ風)
年齢とともに体重も30kg増えました

それは良いとして、ちょうど走り始めたときに走るフォームの練習で腕を振る練習をしてたんですね
ですから小学校2年生ですね
一生懸命に腕を振ってるのに、父親が「もっと振れ!」って言うんですよ
でね、

「これ以上振ったらかっこわるかやろ」

って言ったら

「大げさにやらんと、人には一生懸命にやってるように見えんぞ!
大げさに振って、それになれるとちょうど良くなるから、腕がちぎれるぐらい大げさに振れ!」

って言われました
それから腕に重りをつけて走らされて、大げさに振りまくってたんですね
そして、重りを外したときに腕が振りやすくなって、そしたら足がホイホイ動くのがわかったんですね
これが襲撃的だったんですよね、僕にとって、、、

でね、ある大会に出たときに、ゴールのところで、父親が応援してて、

「腕をふれー!」

って大声で叫んでたんですよ
で、そこから、もう僕は大げさに腕を振ってラストスパートしたら、ギュンギュン走れたんですね

僕にはこのことが未だに良い教訓になってまして、それ以来、何かに取り組むときは、基本的に大げさにやるようにしています
とにかく「やり過ぎだろ!」ってぐらいやります

20140412-101930.jpg
今朝の朝ご飯です、五反田おにやんまのぶっかけうどん

ときどきホントにやり過ぎなときありますけど

何か身につけたり、新しく始めるときというのは、大げさ、かつ、それなりの負荷をかけてやらないと、これまでの自分が邪魔をしてなかなか身につかないんですよ
僕にとっては、大げさにやることと、重りがなかったら、「腕を振る」ということがどういうことなのかわからなかったと思います

「私なりにやってる」はNGワードだよ

誰かに対して、

「私なりにやってる」

って言葉を口にしたくなるときがあると思います
こういうときは、

「私はやってません」

って意味だと思った方が良いです
私なりじゃダメなんですよ
それに一生懸命やってる人は「私なりに・・・」って言いませんから
やってないことを自覚してるから、そういう言葉を言うんですよ
そんなんじゃ話にならないし、人にはやってるように映らないんです
人にどう映るのかも大切なんですけど、まぁ、人にどう映るかは良いとしても、そこまでやらないと身につかないし、物事は動かないんですよ
逆に言えば、大げさかつ負荷をかければ、そのうち身につくってことですね

先日、Facebookにこんなことを書きました

ちょうどね、五反田で新入社員に対して、ボンクラなサラリーマンがカフェで言ってたんで、その横で書いたんですよ

「自分なり一生懸命やることが大事だよ」

と指導なさってました
こんなこと言っちゃ悪いけど、もうダメダメですね

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!