徹底的に執着した方が卒業できる件

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
昨日はまだ目黒川は桜が満開でしたが、今日の雨でもう散ってしまいますかね

このブログはもうすぐ3年になります
今、600〜700人の方が毎日見てくださってます
ありがたいですね
いつか10000人を超えたいと思ったりするんですが、ただ、書いてる内容が10000人の方に読んで頂くだけの価値があるのかどうか甚だ疑問です
ですが、読んでくださった方がセッションを申し込んでくださいます
何かしら感じて頂けてるんだと思いますし、ホントにありがたいこです
今月もすでに4名の方が申し込んでくださいました

同時に毎月数件の批判的なご意見をいただきます
批判的ご意見をくださるのは良いんですが、特徴として皆さん上から目線なんですよね
「そんな失礼な物言いしかできんヤツの意見を聞き入れるわけねーだろ!ボケ!」って心で思いながら、丁寧な返信を入れさせてもらっています
っていうか、毎度申し上げますが、書いてることがイヤなら僕の考えを変えようとせずに読まなきゃ良いのに、、、
やっぱり気になってしまうんでしょうね

20140406-090614.jpg

でも、そんなこと言いながら僕も大なり小なりイヤだと言いながら気になってしまうことありますからね
昔、イヤな思いさせられた会社や人が今どうしてるのか、ふと気になって、Facebookだったり、ネット検索してみたり、、、
人はネガティブなことに執着してしまいますよね
この執着が全ての苦しみの原因なわけですから、この執着がなくなったときにまた違う境地に立てて楽になるんですけどね

最近は自分の執着が原因だとわかってなんとかしようとしてる方が多いように思いますが、皆さんこの執着をいっぺんに無くそうとしてしまいがちですね
そのために悟りたいと思っちゃったりするわけですけど、そんなの奇跡が起こらない限り無理ですよ
それより一つ一つに気づいて、手放していく他ないんですよね
ほんと、一つ一つですよ

一つ一つ対処していけば、いつかガラリと自分の世界が変わります
いっぺんにやろうとするとたいへんですから、気づいたときに一つ一つです
僕も一つ一つ手放してます
で、その執着を手放すには、執着してる自分に気付きながら徹底的に執着する方が早いです
執着してることを認識しながら、思いっきり執着すると、バカバカしくなるんですよね
それを「執着してはいけない」と思考的に押さえつけようとすると、フタをしただけで何も変わらないまま続きますからね

僕がこのことに一番気づくのは、PS3だったり、スマホだったりのゲームしてるときですね
僕はゲームをするときは何時間も睡眠時間削ってやるんですよ
そのときにこのゲームをクリアしても何の意味もないと思ってやるんです
そしたら、あるとき睡眠不足で身体の辛さを感じたときに、突然馬鹿馬鹿しくなってやめるんですよね
睡眠不足を感じなかったらダラダラやってしまうと思います

ってことで、僕に物申したい方は、先ほど、「イヤなら読まなきゃ良いのに!」って申し上げましたが、ぜひとも毎日読んでください
そして、そのついでにポチっと押してってください

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!

コメント

  1. 一角 より:

    こういうノリ久しぶりですね(* ̄∇ ̄)b

    • D造 より:

      一角さん

      いつもありがとうございます
      確かに最近、良い子チャンぶってたかもしれませんね
      ときどき出していきますね〜

  2. 大信田昌宏 より:

    「執着を捨てる」のは言葉では簡単でも
    行動に移すのがなかなかできないものなんですよネェ!

    いっそ、執着した方が離れられる時もあるので今日のブログは参考になりますヨ!!

    (*^^)v

    • D造 より:

      大信田さん

      コメントありがとうございます
      執着を捨てるってのは言うのは簡単ですけど、実際には難しいですよね
      だけど、とことんまでやりきった方がかえって飽きちゃいますよね