現象を動かすなら「吸う」ではなく「吐く」です

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
昨日、高校の同級生とその奥さんと食事に行きました
同級生からは想像できない良い奥さんでびっくりしました

水槽の水を息で動かすとしたらどうしますか?
吐きますよね
吸っては水はぴくりともしません

現象を動かすときはこれと同じです
現象を動かすには「吐く」、「出す」をしないと動きません
この「出す」というのは、「与える」ということですね

一生懸命やってるのに結果がでないときは、吸ってるか、与え方が足りてないか、時間差で返ってきてる途中かです
まぁ、見てると大概が吸ってる方が多いです
この「吸う」というのは、例えば、交流会に参加して、名刺交換をして自分を売り込んでる人です
相手が興味がない名刺はゴミと一緒ですから、名刺交換という名のゴミ渡しをしてるようなもので、これは吸ってるのと一緒です
ですから、名刺交換のときに売り込んじゃダメです
名刺交換のときに一発で関係を作るには、「あなたの商品を買います」と言うのが一番です
それが難しいときは、自分は買えないけど、お客さんを紹介するのが良いです
それができたら、相手はあなたに恩を感じますので、多少のことは言うことを聞いてくれるようになります
これは就職の面接でもそうです
自分を売り込んじゃダメです
「私が御社に就職すると○○のメリットがありますよ」ってのを見せましょう
人は売り込まれるとどん引きします

medium_3264112407
photo credit: Funchye via photopin cc

上司と部下の関係の場合、部下に食事を奢るときに上下関係を作りやすいです
ですから、手っ取り早く、部下に上司らしく扱われたければ、奢ると良いです
奢る場合、金額より、回数が大切ですので、お小遣いに余裕がない人は、シュークリームやアイスでも良いと思いますから、回数が奢りましょう
僕の経験則から言うとダメ上司はケチで奢りません
そして、そういう人はホントに仕事ができない人が多いし、人がついていかず、さらには部下がボンクラだと言ってる人が多いです

また、ビジネスの場でも、儲かってない会社の社長は与えることが足りてない人が多いです
飲み会などで初対面なのに平気で「○○を紹介してくれ」って言う方がいますが、非常にナンセンスです
儲かってない場合、ご馳走するのは難しいかもしれませんが、そういう場合は社員、取引先が喜ぶ何かをすれば良いと思います
例えば、取引先に取引先のメリットある企業を紹介するとか、社員だったら特別に休みを与えるとかね、、、
ちなみに、僕は取引先にこういうゴチで関係を作られると交渉のときに何かと面倒なので、ゴチになることは断固として拒否していましたし、ごり押しで交渉するときは奢ってました

この与えるというのは、多少下心があっても、与えないより遙かに良いです
ただ、下心を持っているときは、「やってあげたのに・・・」って気持ちが湧いてきます
それはダメです
下心を持って与えても、与えた人からは何も返ってこなくても、巡り巡っていつか何かが返ってきます
下心を持って与えても必ず返ってきますから、与えるその瞬間は見返りを期待せず与えるのが良いです

出すと現象は必ず動きますが、でも、息で岩を動かせないように、パワーが足りなくて動かない場合があります
その場合は諦めるか、もっと強いパワーを用意するかしないといけません
もっと強いパワーを用意できそうにないときはさっさと諦めて、次のチャンスを待ちましょう

そんなわけで、現象を動かしたいときは、「吐く」、「出す」の行動をしましょう

ここまで書いて思ったのですが、同じようなことをどっかで書いたっけ?
それともデジャブかな、、、、

早速「与える」を実行してみましょう、ポチッとお願いします(笑)

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!