人を恨んだり憎んだりするということはそういう相手と自分が同じレベルってことです

ランキングバナー
【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
------

D造です
この時期はどんな服を着たら良いのか迷いますね

日々、良いこと、悪いことあると思います
その中で傷ついたり、勇気づけられたり、そして、いつまでも恩義を感じる人、許せない相手、忘れられない人というのが出てくると思います

まぁ、ポジティブな想い出というのはそのまま持ち続けても良いのですが、ネガティブな想いを持つと、自分がドンドン苦しくなります

イヤなことをされると、仕返しをしたいと思ったりします
かといって、仕返しをすることができたって、得るものは何もないんですよね
自分が幸せ感を感じて生きていきたいのであれば、とっと恨みを晴らしたい相手のことは忘れるのが良いんですよね
だって、恨みを晴らそうとして、自分の気持ちが凹むってことは、相手にエネルギーを奪われてるってことですから、こんなバカバカしいことはないですもんね

まぁでも、恨みたくなる気持ちはとってもわかりますね
僕も何人か顔も見たくない人もいるんで、もしその人達と再会して、何か言われたとしたら、笑顔でいられるかはわからないですしね
でも、実際は今は会ってないですし、よくよく考えてみると、その人達のおかげで、今があるなぁって感じられることもたくさんあるので、顔は合わせたくないですけど、感謝はしていますね

それは良いとして、とにかく辛いのは良くないです
楽しくて、ハッピーだったら、恨みなんかどうだって良くなりますからね
ですので、まずは自分がハッピーな気分になるようにしましょうね

oyako
五反田にある親子丼の写真です!!

「そんなハッピーな気分になんかなれないよ!」って方もいると思います
そういうときは、少しだけ忘れて、何か楽しい事をしてみましょう
おいしいご飯を食べるでも良いし、気持ち良い空気を吸ってみるでも良いし、余裕がある人は映画見に行ったり、旅行に行ったりするのでも良いでしょうね
それをしてるときは、イヤなことは頭から外しちゃいましょう

あとは毎度のことながら、その恨みの原因となってるのは、胸に溜まっている想いの塊を流しきりましょう!
つまりを流すには、呼吸法と白湯です
詳しくは下記を見てください

○過去記事
不安、心配を引き起こす胸のつまりを取る呼吸法
白湯を飲むと人生が変わる

もう一つ、考え方として知っておくと良いのは、恨みを持つということは、恨んでるその相手と自分は同じ意識レベルだってことです
自分の意識レベルが高ければ、どんなことされても平気なはずです
「お前の娘が殺されたら、その犯人にもそう言えるのか?」っていう極論はあるかもしれませんが、それはちょっと別議論になってしまうので置いといて、言いたいのはそこではなくて、「イヤな相手と自分が同じレベルだ」ってことを知ることが大切だってことです

例えば、後ろから突然、蹴飛ばされたときに、イラッとするかもしれません
だけど、その蹴った相手が小さな子どもだと気づいたら、笑って済ますことができますが、それが、おっさんだったら、「おいこのやろー!」ってなりますよね
そこの違いは自分の物事のとらえ方の違いだけですからね

「あんなヤツと自分が同じレベルだなんて不快だ!」って感じでイヤですよね
だとしたら、自分の意識レベルをあげてみましょう

いずれにしても生きている以上いろいろあると思います
そのいろいろに一つ一つ対応していては、ホントにたいへんになります
気力をあげ充実させて、細かいことに影響を受けない自分になってしまった方が幸せだし、楽しいです
ですので、みんなでドンドン気力あげて、でっかい人間になっちゃいましょう〜

気力を上げる呼吸法は下記ご参照ください

○過去記事
呼吸法の仕方を2つ書いたんでとりあえずやってください

よくわからんって方はセッションか練習会に来てくだされば、レクチャーしますよ〜

告知

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
個人レッスンがしばらくキャンセル待ちでしたが、あと1名様だけお申込みを受け付けます。
ご興味をお持ちの方はこのタイミングでぜひお申込みください!!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

人を恨んだり憎んだりするということはそういう相手と自分が同じレベルってことです
このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!