「結果に執着しない方が良い」なんて言いますが、そんな言葉こそ忘れた方が良い

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
先日、「世界ふしぎ発見」で台湾の開運紀行だったんですが、その中で気功の達人「万真老師」がレポーターのおでこから気を入れたら、重たく持てなかった石が持てるようになっていたのですが、昨日、お客さんに試しにやってみたら僕もできました
呼吸法を使った荒い気はダメで、宇宙からの気の方が効果が出ました
まだ、宇宙からの気は送れる量が少ないので、人を満たすには時間がかかるのですが、これは良いなぁと思いましたね

ポチッとお願いします

昨日は女優さんが来てくださいました
近々オーディションがあるらしく、気を入れてくれということでした

オーディションはたいへんですね
気を見させてもらったら、ステージの部分は問題ないんですが、オーディションがネックなようでした
よくよく考えてみると、ステージでの歌や演技の練習は存分にすると思うのですが、受験勉強するように、オーディションの練習はしないですよね
聞かなかったんですけど、そういう練習はするんですかね?
ステージの練習よりオーディションのための練習した方が受かる確度は上がると思いますね
僕はオーディションなんてイヤですねぇ、、、
独特の雰囲気の中でやらないと歌ったりするんですよ
耐えられないですね、、、

medium_6135712275
photo credit: Pedro Vezini via photopin cc

試験、オーディションでは、気合い、意気込みが大切です
もちろんその前は、いろんな勉強、レッスンをすることが大切なんですが、その場では、やってきたことを最大限発揮するための気持ちが大切です
気合いですよ、気合い

試験やオーディションのときに、

愛があれば大丈夫、審査員と私はそもそも一つなのだから

なんて、わけのわからないことを言っていたら落ちます
あ、昨日の女優さんはそんなこと言ってませんよ

合格ライン近辺の人というのは演技力、歌唱力はそんなに差が無いと思うんですね
そうすると役に合うかどうか、と、光ものがあるかどうかなんですよ
役に合うかどうかについては、こちらではよくわかりませんから、ということはできることは光るしかないんですね
光るためには、

何がなんでも合格してやる!!

っていう意気込みを持つことが大切です
意気込みなんて、エゴですよ
でも、そのエゴを使って、なりふり構わず、無我夢中になって挑んでしまえば、そのときは無我の境地ですからね

結果に執着しない方が良い

なんてことを言ったりしますが、結果に執着してしまうは、中途半端だから執着してしまうんです
オリンピックを見てても、思ったように結果が出なかった選手がいたとしても、必死にやった結果がそれだった選手は清々しい顔をするじゃないですか
必死にやったら結果への執着なんて頭から抜けます

昨日はもちろん気を入れさせてもらいました
だけど、もうここからは、デパートに行って、欲しい物を見て、出演できるようになったときのギャラで何を買うか見てきて、何が何でも合格したい気持ちを高めることをアドバイスさせてもらいました
とにかく死にものぐるいになった方が勝ちですよ

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!