不安がベースにあるとやった方が良いとわかってても継続できない

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

D造です
最近、再び本を読み始めました

毎度のことですが、ポチっとお願いします、ありがとうございます

というのは、毎週水曜日に主催している朝活が読書シェアの会になったためです
本を読むのって良いですね
良かったら一緒に行きませんか?
興味ある方はFacebookから友達申請してください
案内を出しますので、、、

medium_2099710671
photo credit: Jody Art via photopin cc

Facebookのページ

願望実現のためにやった方が良いとわかっていてもできないことはたくさんありますよ

やった方が良いとわかっていても続けられない

本を読んでいてつくづく思うのは、「よしこれは実践してみよう!」って思ってやってみるんですが継続できません
例えば、お金が増える引き寄せの法則本みたいなのってあるじゃないですか
そこには「ありがとうと言いましょう」とか、「トイレ掃除しましょう」って書いてあるんですね
やっても大概続かないんですよ

不安、欠乏感がベースにあると、こんなことして意味あるのかなぁってすぐに考えてします

でね、なぜなのかよくよく考えてみると、ズバリ、「不安、欠乏感から来る欲求の解消だから」だとつくづく感じます
掃除をしていても、「こんなことして意味あるのかなぁ」って思っちゃうんですね
不安は今この瞬間にあるので、それがすぐになんとかならないと満たされないんですね
そして、また次の解消法を見つけてはそっちをやってしまうんですよね
仮にお金の不安が一切無くなったら、お金を得るためにトイレ掃除をするか?って言われたら、トイレ掃除はするけど、お金のためにはせんだろうなぁって思います

不安、欠乏感があるとエゴが邪魔して誰の言葉も受け入れることができない

そうそう、チャネリングなんかもそういうところがあるんですよ
「ハイヤーセルフなどそういう存在と会話ができるようになりたいから、チャネリングの仕方を教えてほしい」というお客さんがいらっしゃいます
つながること自体はそんなに難しくなくて、それは皆さんすぐにつながれるんですね
だけど、言葉となると、エゴが邪魔して聞き取れないんですね
例えば、「転職しよう」としていて、どうすれば良いか迷ってるときにそういう存在の声を聞いたとしても、不安がベースにあると「違ってたらどうしよう?」っていう想いがあるので、心が揺れて聞き取れないんですね
でね、この場合、人に相談してもそうなんですよ
誰かに相談してアドバイスもらっても、不安は解消されずに、もっと他の人にも聞いてみたくなります

アドバイスや言葉を受け入れるためには不安を解消すしかない

この場合、不安を解消するしかなくなるんで、言葉を受け取るためにお客さんとこの不安の解消をするワークをやるんですよ
そして、不安が解消すると今度はどうなるかというと、聞きたいことが無くなるんですね
ってことは基本的には、困ったことを解決するためにの言葉は受け取れないってことになります

逆に、例えば旅行に行くとして、そのときにその旅行先に詳しい人がいて、アドバイスもらったら、それはすぐに受け入れられますから、そういうのにはチャネリングはとっても良いですね

だから、結局は不安、欠乏感をどうやって解消するかがポイントになるんですよ

とにかく不安、欠乏感そのものを解消しましょう、白湯を飲むのも良いかもしれない

この不安の解消については、毎度のごとく、僕は呼吸法をやったり、チャネリングをして不安を開放したりしています
不安な想いは胸に溜まるので、それを吐き出しています
想いの吐き出し方は先日の体験会、練習会でもやりましたが、呼吸法でできます
想いの吐き出し方はもったいぶってわけではないのですが、文字では説明しにくいので、すみません
呼吸法知らない方は深呼吸でも良いですよ
一日に何度も深呼吸しましょう!!
あと最近は、朝晩の白湯を飲むのも有効なんじゃないかと感じています

不安や欠乏感が無くなると、楽ですよ〜
「前進あるのみだ〜!!」って気分になれますから

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!