がんばったり、努力しない方が良い件

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

ランキングバナー
 にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

D造です
三が日過ぎましたがまだまだ街中は正月ですね

みなさん、ここはがんばってポチっと押してください

物質的豊かさを追い求める時代はがんばるのがよかった

僕は「がんばる」のが好きです

好きなのでいつもがんばっちゃいます
こうやって書くとそれは良いことのような感じがしますが、がんばってどうにかなる時代は終わったように感じてます
物質的な豊かさを追い求める時代は、がんばったら良かったんですけどね

がんばってる間は思考やエゴから離れられない

「がんばる」というのは、自分が持っている目的や目標に向けて、それが実現されるように努力するということなんでしょうけど、この目的や目標というのは、エゴであり、思考の産物ですね
これを追い求めるというのは、思考やエゴをずーっと意識し続けて行動をするということになります
これでは行きたいところに行けるかもしれませんが、行くべき所にたどり着けるかはわかりません

fuji

「がんばっている」ときというのは、思考がフル回転しています
損得、物事の先読み、効率を求めたり、それらのことばかりをしていて、楽しさは追求できていません
そして、それが思うようになったり、先が読めたり読めなかったりして、そのたびに一喜一憂してしまいます

損得も普遍的

ちなみに「損得」というのも、結果をどこのタイミングで求めるかで変わってきます
例えば、道を歩いていたら事故にあい、入院したとしましょう
これだけだと不幸な感じがします
だけども、その入院した先で運命の人と出会い、それから人生が良い方に大きく変わったとしたら、事故にあったことは無くてはならないラッキーなことになります
こういった先のことは思考では予測することはできませんね
ですから、損得も考えても仕方ないですよね

気もがんばると出せない

気を出すということも「がんばる」と気が出せないんですね
セッションのときに気を出して皆さんの気脈のつまりを取ったり、そういった施術をするわけですが、このときに気を出そうとするとかえって出ません
ただその瞬間を感じて、意識は拡げてるんだけど、無になって、呼吸法をただやるようにしなければいけません
がんばっちゃいけないんですね

がんばりたいときは気が目減りしてる

だから、「がんばらないのが良いんですよ」
「がんばらないのが良いんですよ」なんて言っちゃうと、「がんばらないことをがんばろう」としてしまいそうです
大概、「がんばりたい」ときというのは、何が足りないと思ってるからがんばりたくなるわけで、そういうときというのは、気が目減りしてるときです
気がいっぱいのときは、「まぁなんとかなるだろ」って気分になりますからね
ということで、呼吸法をやってとりあえず気をいっぱいにしたいと思います

告知

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
前進ガバイ呼吸法のレッスンを受けてみませんか?
誰でもできる簡単な呼吸法ですが、実践して頂くとあなたの状態が整いますので日々の生活に余裕が生まれ、仕事やプライベートがうまくいきます!

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事はいかがでしたか?面白かったらシェアしてください〜!!

継続的にチェックしたいなら、下記SNSよりフォローしてください!