信念も過去も全ては幻想、、、

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

------

D造です
昨日は雨だったんですが、雷が鳴ってました
私達はカミナリです
我はカミナリ、我は神なり、、、はい、すみません

さて、僕たちはたくさん信じてることがありますね
僕の場合だったら、

・気を満たすことができれば不安や心配を減らすことができる
・あの人は僕の味方だ
・僕がやってることは正しい などなど

ってのがあります

medium_6592174435
photo credit: Ian Sane via photopin cc

ぜひとも1日1回のクリックお願いします

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

ホントにこれって信じてて良いんですかね?
自分がそうだと思い込んでるだけで、自分が知らないところで何かが変わってて、ホントは違ってたりしませんかね?

こういうのって、過去を振り返ったときに感じられるもので、今、この瞬間には感じられないんですよね
今、この瞬間には何にもないんですよね

例えば、「気を満たすことで不安や心配を減らすことができる」というのは、今ブログを書いてるこの瞬間は、不安を感じてないから、今この瞬間にそれを実感して、そうだ!とは言い切る事はできません
で、僕がそうやって言い切ってしまうのは、過去に自分がそういう体験をしたことがあるから、その過去の体験で話をしているだけです
仮に、この瞬間に不安があって、それを解消したとしても、不安があった状態から不安が無くなった状態にシフトしたあとに、振り返ってみたらそれを認識できるだけで、シフトする前もしくはシフトしてる最中には認識することはまずできません

ということで、ある瞬間に何かを感じて確信を得たとしても、確信を得るのは必ず感じた『あと』、すなわち過去を振り返るしかないです
だから、僕たちが頭の中で感じたもの、信じているものというのは過去のことからそう思ってるだけで、全て幻想であって、今この瞬間にはないんですね

10年、20年何かをやってきて、ずーっとうまく行ったとします
そうするとこれからもうまく行く気がしますし、確信を持ってしまいます
逆に、ずーっとうまく行ってなければ、これからもうまく行かないような気がします
どっちにしてもそれは過去のことから推測してそう感じてるだけです

ちなみに、気が目減りしていると、その目減り感をなんとかしたいと思ってしまいます
その目減り感をなんとかしようとするときに、ありとあらゆるものを利用したくなりますから、そのときに過去、信念を使ってその目減り感を埋めたくなってしまいます
調子が悪いときほど、信念や精神論を語りたくなるのはそういうことなんでしょうね

今朝、満員電車で呼吸法をしてましたら、気がいっぱいになりまして、そのときに「信念さえも幻想かぁ」と思ったので、たらたらと書かせて貰いました
「信念さえも幻想かぁ」と思ったそれも過去のことで、昔の自分が感じたことですね、、、、

とりあえず、気をいっぱいにしときます

【お知らせ】 ブログランキングは2015年12月20日をもってやめることにしました。 これまでたくさんの応援ありがとうございました。

告知

-------

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

-------

【前進ガバイ呼吸法に興味のある方へ】
ただいまキャンセル待ちとなりますが個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ


--------
スマホで記事を毎回もれなくチェックしたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加数

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!

このブログの更新情報を
Facebookに表示したい人は
いいねしてください!