蟻と自分と神様の話

最近毎日思うことだけど、何しろ1日がはぇ~よ
いっつも朝で、いっつもブログ書いてる気がする

ほんで、先生と話をしたり、自分が考えたことで、この前、蟻の大群を見てて、こういうことかなぁって思ったことを書こうと思う

家の庭に蟻の大群が居たとしたら、その蟻たちを人それぞれいろんな捉え方をすると思う
例えば、家に入ってくるんじゃないかとか、なんでこんなところに大群がいるんだろうとか、またはどうでも良いからほっとこうとか、蟻さんがんばってんなとかさ
自分にとって邪魔だったとしたら、殺虫剤使って殺しちゃったりもすると思う
仮にそこの庭を、「自然環境を大切にしよう!」ってテーマで維持してたとしたら、その蟻の大群を命なんだからってことで、良い場所を確保してあげようってことで保護することをするかもしれない
だけども、蟻一匹一匹の都合なんて考えないし、そもそも見分けもつかないし、蟻が何考えてるんだかもよくわからない

で、その蟻の大群をよく見ていたら、個性的な蟻がいて、僕に何かアピールしてるように見えたんだよね
何となく、その蟻が自分に訴えかけてるように見え、その蟻が何をしたいのかだんだん分かる気がしてきた
そして、餌を与えてみたら群がって、その蟻が喜んで食べ始めてるように見えて可愛く見えた
そうなると、その蟻が特別に可愛くなって、ペットみたいに思えてきた
ペットみたいに思えてくると、その蟻を特別に可愛がってあげようとして、その蟻の行動を手助けしようと思えてきた

で、そのときに思ったんだけど、蟻側に立ってみると、蟻は自分の目的においてせっせとその日のお仕事をしてるわけです
だけど、そこに殺虫剤振りかけられても、保護されても、蟻にとって天変地異が起こったという風にとらえると思う

・・・・・・・

なんかね、人間と神様ってこの蟻と僕みたいな関係じゃないかと思うわけです
雨が降って蟻にとっては洪水だろうが、僕にとっては「雨降ってんなぁ」ぐらいなわけだし、蟻の争いが起こっても、蟻同士がもみくちゃになってるぐらいにしか僕には見えないわけで、神様も人間に対してそう見てるんじゃないかってさ
そうなると、神頼みして、何か個人的なことを何かしてもらおうとお願いしたところで、神様からすればなんてことなくてさ
だけども、神様に自分自身に気づいてもらえて、可愛いなコイツって思ってもらえたら、神様も気を配ってくれるようになるかもしれないよね

スピリチュアルなことを学んでいると、高次の存在とつながったとか、自分のエネルギーの次元が上がって、神に近づいたとかって言ってる人がいて、それを聞いた人が自分もそうなろうと求めたりしてる
神様に「おっ!」って気づいてもらえるようなことができれば、そりゃ特別に可愛がってもらえるかもしれない
だけど、高次の存在とつながることが気づいて貰えることかどうかはわからん
仮に繋がったとして、「うわっ!うぜーなコイツ」って思われるかもしれん

ただね、あるとすれば、僕らがいる宇宙が神様の庭だったとしたら、その庭というのは、神様もキレイ、美しくあって欲しいだろうから、そうなるように頑張っていたら、「おっ!こいつがいると良い感じになるなぁ」って気づいて貰えるかもしれない
だけども、自分にとってキレイな庭にしてるそれが、神様からしたら、庭を汚してるように見えるかもしれないけどね
さらには人間の価値観では汚してたとしても、その汚してるのが神様にとって面白いものだったりしたら、神様が気に入ってくれるかもしれない

蟻の大群の中の蟻が「自分の人生をかけて人間であるあなたの意志に従いますよ」って分かるように言ってくれたとしたら、自分はどう見るんだろうって考えたんだよね
その蟻が僕の意志に従ってくれて僕が助かるように感じられれば、「おっ!こいつは見込み有るな」ってことで、「じゃあ、一緒にやってみようか」ってなるとは思う
ってことはよ、意志を伝えることももちろんだけども、そういう見込みを感じてもらえる存在にならないと、結局は「なーに言ってんの、、、」ってなると思うんだよね
なんか、スピリチュアル、精神世界を知るとそういう存在に繋がることばっかりに目的というか注目が集まってる気がする
神様も優しいからとりあえずは繋がるだけで多少のことは何かしてくれるだろうから、それが上から降りてくるエネルギーだったりすると思うんだけど、本格的につながろうとしたら、やっぱり神様のお眼鏡に適う存在になるしかないと思う

ってことで、何が言いたいかまでは書かんけど、そういうことだと思う
これが真理だとか、真実だとかが言いたいわけでは無くて、結局は信じてやってることでも偏りがあるかもしれないし、高次の存在からすればどうってことないことかもしれない
蟻が素晴らしいのは蟻であることなわけで、蟻が人間になろうとしたら変
で、これは考えてもわからないから、結論としては、僕は人間だから人間としてやるべきことを粛々とやるしかないと蟻を見て思った次第

コメント

  1. まさに、その通り!人はいつでも、人主観で物事
    を捉えようとしますが、それは大いに
    スケールミスと言えます。例えば天変地異に
    対して「神の怒り」と言う人もいるでしょうが、
    地球も長い寿命と循環系を持った生き物と
    捉えた時、150年とか200年に一回は、
    「痒い!」ってお腹ポリポリ掻くでしょうし、
    くしゃみもしますよ。ハエやネズミが速く短い
    時間スケールで認識して生きてるのの逆ですよね
    だから、逆にちょっとした「微細」な世界にこそ
    その意思は封じ込められているのと思いますよ、
    それに気付けるかは、その人の感覚次第ですね。

    • 木村師匠

      ありがとうございます
      なるほど、そうですね
      微細な世界!まさにそうですね
      でっかい宇宙、高い次元にばかり意識を向けてしまいがちですが、実は目の前の微細のところにあったりもしますよね
      僕は最近、そういうのがわかるようになってきました
      これも氣力があがって、微細なことに意識を向けられるようになったということなんでしょうね
      精進します!!