新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

デスロードを歩む日々から逃れたい人へ

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

今日はガバイセッションのセッション内容について、少し説明したいと思います。

ガバイセッションは個人セッション形式ですので、お客さんによって全て対応が違います。

ただ、人のタイプによって傾向はありますので、タイプ別に書いてみたいと思います。

 

ガバイセッションの目的

鬼軍曹の懇切丁寧な指導とアディデス瞑想により

光のデスロードを歩む術を身につける

 

 

日常生活を送る中で、「なぜだかうまくいかない」と感じて、自己啓発やスピリチュアル系の本を読んだり、セミナーにまで参加して、それでもやっぱりうまくいかないと感じている人は多いのでは無いでしょうか。

これは解決の糸口を掴めないデスロードを歩むようなものです。

私もその一人でした。

ガバイセッションはスピリチュアルや特別なパワーではなく、現実的な解決方法を求める人に向けたセッションです。

 

 

以下、人型人間、奴隷型人間、鬼型人間、餓鬼型人間に分類し、タイプ別で説明していきます。

人型人間

こんな人

  • 心身の歪み、エゴが低い
  • 自分の状態を○にし、自分以外も○にしていく
  • 自分で考えて行動できる
  • 他人とも協力して行動できる
  • トラブルが少ない
  • 常にベストを尽くす
  • リーダー的ポジションに立たなくても、チームを動かしていける
  • 思考力が高く、自分で考えて行動する為、前例や量子力学などの権威などに頼らない
  • 無知の知を知っているので知ったふりをしない

自動車に例えるとこんなイメージ

引用:カルモ

引用:カルモ

特徴

物事の判断をするときに、しっかり考えて、その状況に適切な対応ができる人です。

自分の長所、短所だけでなく、他人の長所、短所も見極め、自分と他人の長所をうまく使って物事を進めていきます。

物事を好き嫌いで判断するのではなく、一定の基準によって判断しますので、周囲の人からも信頼を得ます。

自動車で例えると、狭い道を走ることが多い場合には軽自動車、高速道路を走るならスポーツカーを選び、また、自分自身が軽自動車しか持っていない場合は、他のドライバーと協力するなどして、目的に応じて自由に動き回ることができます。

指導内容

自ら学ぶことができますので、指導不要です。

 

奴隷型人間

こんな人

  • 事なかれ主義
  • 他人の顔色をうかがって判断する
  • 人に頼りたがる
  • 八方美人
  • 前例があることをやりたがる

自動車で例えるとこんなイメージ

引用:Amazon

注意:トレーラーじゃなくて、乗っけられてる自動車の方です。

特徴

物事の判断が「やらないか、わからないか」で、「やる」の判断がなかなかできない人です。

買い物をするときに迷ったらどれも買わないタイプの人です。

このタイプの人は、目の前で起こっている問題の整理ができず、判断できないままになり、身動きが取れないため、他人に頼らざるを得ない状態になっています。

ですので、頼った人が良い人であれば、どんどん良くなりますし、悪い人であればどんどん悪くなります。

こういったことから、ガバイセッションでは、目の前で起こっている問題の情報の整理をお手伝いしながら、対応法を考えていくことになり、細かくフォローします。

指導内容

牽引しながら、自分で走れるようになっていただきます。

自分で走れるようになっても丁寧に誘導します。

引用:BLOGOS

 

鬼型人間

こんな人

  • リーダータイプ
  • やる気がある人
  • 無理なことでも果敢に挑戦してやってのけようとする
  • 損得をあまり考えない
  • 行動力がある
  • 曲がったことが嫌いで、きっちりやりたがる
  • 衝突も多い

自動車に例えるとこんなイメージ

引用:DNA

特徴

物事の判断が「やるか、やらないか」ではなく「やるか、もっとやるか」で、買い物をするときに迷ったら全部買うタイプです。

「やらない」の選択肢がありませんので、自分の能力に関係なく、何でもやろうとします。

チョロQのように前進しかできず、燃料切れになるまで走り続けたり、壁にぶつかって、止まったり、曲がる感じの行動パターンが多いです。

指導内容

自動車で例えるなら、アクセルは常に全開でハンドルがないような状態ですので、ハンドルとブレーキを付けるお手伝いをします。

 

その後、ハンドルやアクセルのちょうど良い操作方法から、「ダンプカーで路地裏を走らないように」などの基本的なことまで、一から丁寧に指導します。

 

餓鬼型人間

こんな人

  • 自分のことを「できる人」、「優しい人」、「良い人」だと思っている人
  • 仕事などやっていないのにやったと言いのける人
  • 自分ができもしないことを他人に要求する人
  • 他人の弱みにつけ込む人
  • ごまかす人
  • 上記の「人型人間」の説明を読んで「自分は人型人間だな」と思った人

自動車で例えるとこんなイメージ

引用:Amazon

特徴

後出しじゃんけんが得意です。

相手の態度、状況を見て、自分が優位になるように態度、言動を変えます。

そして、自分はできもしないクセに他人に要求したり、弱みにつけ込んだりします。

ゲゲゲの鬼太郎で言えば「ねずみ男」、ロード・オブ・ザ・リングで言えば「ゴラム」、ドラゴンボールで言えば「鶴仙人」みたいな人です。

こういう人は性根からたたき直す必要があります。

指導内容

まずは餓鬼型人間専用シートにくくりつけ、ごまかしグセ、嘘をつくクセを直して頂きます。

 

まとめ

気持ちが弱っていると、一発逆転を狙いたくなります。

そうなると量子力学や脳科学などの権威を利用した引き寄せの法則や伝授系の瞑想などのデタラメな手法に頼りたくなりがちです。

これも「気持ちが弱っている=エゴが上がっている」とも言えますので、エゴを下げることが大切になります。

 

なお、私は鬼型人間でした。

年単位の期間をかけて、自分自身のクセ、観念を整理して、切り替えました。

「クセ、観念=エゴ」ですから、エゴを下げることで、新しく学ぶことできるようになり、切り替えができたということです。

こういった自分自身の体験もあり、ブログではエゴを下げることの重要さを繰り返し書いています。

 

一般的に考えると、セミナー、セッションは、決まったカリキュラムをお客さんに提供するか、お客さんに合わせて教える内容を変えるかのどちらかになります。

私としては、お客さんが何かを身につけるには、後者の方が身につきやすいと考え、ガバイセッションや前進ガバイ塾では後者の形を取っています。

 

ということで、ご興味ある方はお申込みください。

ガバイセッション(対面セッションのみ受付中)
ガバイセッションを3ヶ月ほど受講していただくと、「なんだか前より楽」と思える状態になります。 そうなりたい方はお申し込みください。 ただ、現在、お客さんがいっぱいですので、平日の日中に受講可能な方のみ「空き待ち」で受け付けております。 それでも宜しければ、お手数ですが、お申込みフォームにガバイセッションの受講理由をご記...

 

なお、アディデス瞑想がわからない方は下記をご参照ください。

光のデスロードを歩むためのアディデス瞑想
今年も何か始めたいと考えています。 で、今年はもう少しライトなキラキラしてないとついてこれない方というか、物事を突破してガンガンに前進するよりもリラックス好きな方だったりを対象にした、スピリチュアルではなく、もう少し現実的で簡単な手法を用いた何かを身につけて頂くような何かを始めたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました