新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

理想の体型、スタイルについて

 

D造
D造

D造です。

昨日、ちょっと用事で秋葉原に行きましたら、アジアや欧米人でいっぱいでした。

賑わっていて、外国にいるような気分になりました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

女性のお客さんから体型の相談をいただくことがよくあります。

ですので、今日は体型について書いてみます。

 

ご相談の方が望んでらっしゃる体型というのは、ファッションモデルのようなスリムで手足が長い体型がほとんどです。

そもそもこれは良い体型なんでしょうかね。

ファッション業界などのビジネスの観点では良い体型のような気がします。

ただ、アフリカなどに行けば、そのような体型は病的と見なされ、太った人が良い体型と言われますね。

 

一般的に考えていくと、肉体を使うような仕事をしていたら、筋肉質な引き締まった体型になりがちでしょうし、体を動かさない生活をしていれば、ぽっちゃりとした体型になると思います。

そして、生活スタイルが変わったり、年を取れば、体型は変化し、女性であれば、妊娠したりでも変化します。

 

「じゃあ、どういう体型が良いか?」ということになります。

健康を最優先に考えた場合、心身の歪みの少ない生活、健康的な生活を送り、結果として、ぽっちゃりとした体型になったとしたら、それが健康的な良い体型ということになりますし、スリムな体型になれば、それが良い体型ということですね。

ですので、体型というのは変化するものですから、健康という観点からは、「理想の体型」という固定された体型はありません。

 

そうなるとファッションモデルのような体型は、食事をはじめとして、心身が歪まない生活を送り、その結果としてそのような体型になったのでしたら、良い体型と言えるかもしれません。

ですが、心身が歪むような食事制限や運動をして、その結果として、そのような体型になったとしたら、良い体型とは言えません。

仮に自分が望む理想の体型になったとしても、それがエゴが高いままそうなったとしたら、「健康の問題を抱えることになる」ということですね。

 

そんなわけで、そもそも「良い体型になりたい!」と思った時に、「動機が何か」というところから考えていく必要があります。

動機がエゴや観念から生まれたものだったとしたら、最初から「×」の状態となります。

また、既に何か健康に問題があって、つまり「×」の状態で、それを「○」にするために良い体型になりたいという動機もあります。

最初の動機が「×」の状態では、どんなことをしても「×」になりますので、動機から「◯」にしていくことが大切ですね。

 

ということで、いつもの締めですが、エゴを下げましょう〜!!

 

あんかけチャーハン、うまかったっす

コメント

タイトルとURLをコピーしました